ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(2月1週目その4)

7位:「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」(東映・テレビ朝日)<3週目>
【公開前個人予想】 5億円台
【現時点での興行収入予想】 5億円台
【公開規模】 266スクリーン(先週比+3スクリーン)
6.0千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは3.8億円半ばとなっている。
1週間の伸びは8.9千万円弱程度だろうか。
さすがに過去のシリーズよりも動きが良い。

過去のシリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」トータル3.1億円
OP0.9→1.8→
☆10年「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー」トータル4.7億円
OP1.5→2.6→3.6→4.1→4.5
☆11年「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」トータル3.6億円
OP1.1→2.1→2.8→3.3→3.5
☆11年「スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」トータル9.0億円
OP2.9→5.4→7.0→7.9→8.5→8.7→
☆12年「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」
OP1.6→3.0→3.9億円→
これらとの対比で考えると、今年の興行収入は5.0~5.1億円となる。
集合モノ以外の過去の作品同様に3~4億円ではビジネスとして成長がみえない。
往年のキャラクターのギャバンを持ち出しており、そろそろ5億円を突破するのではないか。
「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」は先週に引き続き5億円台と予想したい。
公開前の予想どおりとなりそうだ。


9位:「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」(東宝映像事業部)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 2週目3億円台
【公開規模】 94スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.7千万円を週末に稼ぎ、トータルでは2.0億円となっている。
1週間の伸びは1.3億円弱程度だろうか。
去年の「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」が映画扱いされなかったので、今年はどうなのだろうかと思っていたが、今年はきちんと映画扱いされている。
特殊な作品なので、どのような動きになるのか分からない。

「DOCUMENTARY of AKB48」2.0億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「セカンドバージン」2.3億円(トータル4.3億円)
☆「白夜行」2.3億円(トータル4.2億円)
☆「高校デビュー」1.9億円(トータル3.2億円)
これらとの対比で考えると、「DOCUMENTARY of AKB48」の興行収入は3.4~3.7億円となる。
「DOCUMENTARY of AKB48」の興行収入は3億円台だろうか。
通常の映画だと4~5億円になるオープニングだったが、やはり伸びはなさそうだ。


12位:「きみはペット」(東宝東和)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 3億円前半(OP時4億円台)
【公開規模】 92スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.4千万円を週末に稼ぎ、トータルでは2.8億円となっている。
1週間の伸びは9.4千万円程度だろうか。
このスクリーンではどうかと思ったが、やはりチャン・グンソクの人気は高いようだ。

スクリーンが少ない作品が参考となりそうだ。
☆10年「ソラニン」トータル5.8億円(OP時:108SC)
OP0.9→2.6→3.5→4.1→4.5
☆10年「人間失格」トータル5.4億円(OP時:154SC)
OP0.8→2.5→3.7→4.9
☆11年「うさぎドロップ」(OP時:110SC)
OP1.0→2.9→4.2→5.1
☆12年「きみはペット」
OP0.7→1.9→2.8億円→
これらとの対比で考えると、「きみはペット」の興行収入は4.1~4.6億円となる。
ここまで伸びるだろうか。

「きみはペット」2.8億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「セカンドバージン」祝3.2億円(トータル4.3億円)
☆「白夜行」3.2億円(トータル4.2億円)
☆「高校デビュー」2.4億円(トータル3.2億円)
これらとの対比で考えると、「きみはペット」の興行収入は3.7~3.8億円となる。
先週『オープニングにファンが殺到しただけだったようだ』と考えて3億円前半に下方修正したが、早計だったようだ。
残り1億円程度の上乗せはできるだろう。
3億円後半までは伸びそうだ。
オープニング時予想の4億円台のままにしておけばよかった。
ファンが多いのは分かるが、あっさりと勢いが止まるものと思っていた。


13位:「マジック・ツリーハウス」(GAGA・テレビ東京)<5週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 6億円台
【公開規模】 177スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.8千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは4.4億円弱となっている。
1週間の伸びは3.7千万円程度だろうか。
ファミリー作品のため、見事に平日が稼げていない。
しかし、世界で有名な原作らしく、芦田愛菜の起用なども当たり、悪くはないヒットとなりそうだ。
北川景子、山寺宏一、水樹奈々、真矢みきなども声優として参加している。

内容がよく分からないが、以下の作品を参考としたい。
☆09年「プリキュア オールスターズDX」トータル10.1億円
祝3日2.4→5.1→7.6→8.6→9.0
☆09年「フレッシュプリキュア!」トータル8.0億円
OP1.7→3.8→5.1→5.9→6.9→7.2
☆10年「プリキュア オールスターズDX2」トータル11.5億円
祝3日3.2→6.0→9.0→10.3→10.8→10.9
☆10年「ハートキャッチプリキュア!」トータル9.3億円
OP2.4→4.8→6.2→7.2→8.2→8.6→8.8
☆11年「マジック・ツリーハウス」
祝3日1.6→2.6→3.4→4.0→4.4億円→
これらとの対比で考えると、「マジック・ツリーハウス」の興行収入は4.7~5.1億円となる。
今回のヒットにより、知名度がさらに上がり、ヒットがヒットを呼びそうだと思ったが、平日に稼げていないという状況のため、楽観視はできなくなった。
4~5億円という動きかもしれないが、ロングセールスになるかもしれないので、とりあえずは「マジック・ツリーハウス」の興行収入は先週に引き続き6億円台と予想したい。
原作がかなりの冊数がありそうなので、シリーズ化もありそうだ。


14位:「しあわせのパン」(アスミック)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 47スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.7千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは1.2億円半ばとなっている。
1週間の伸びは7.1千万円程度だろうか。
舞台となった北海道では先行公開されていた。
スクリーンが少ないながら、健闘している。

スクリーンが少ない作品が参考となりそうだ。
☆10年「ソラニン」トータル5.8億円(OP時:108SC)
OP0.9→2.6→3.5→4.1→4.5
☆10年「人間失格」トータル5.4億円(OP時:154SC)
OP0.8→2.5→3.7→4.9
☆10年「花のあと」トータル3.0億円(OP時:82SC)
先0.4億円→
☆12年「しあわせのパン」
先0.6→1.3億円→
これらとの対比で考えると、「しあわせのパン」の興行収入は2.8~2.9億円となる。
女性が好みそうなテイストであり、しばらくは伸びてくると思われるので、「しあわせのパン」の興行収入は先週に引き続き4億円台と予想したい。
大泉洋の人気も高いだろう。


15位:「映画「けいおん!」」(松竹・TBS)<10週目>
【公開前個人予想】 15~16億円
【現時点での興行収入予想】 6週目~16億円台(OP~3週目22~23億円)
【公開規模】 88スクリーン(先週比-4スクリーン)
1.6千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは16.3億円となっている。
1週間の動きは3.3千万円程度だろうか。
スクリーンに比して大ヒットしているが、想定を超えた常識外の爆発的ヒットというわけではなさそうだ。

見たことはないが、かなりの人気作品というイメージ。
とりあえずスクリーンが少なく、コアなファンをもつアニメ作品が参考となるか。
☆09年「劇場版マクロスF 虚空歌姫」トータル6.5億円(30スクリーン)
OP0.9→2.3→3.2→3.8→04.2
☆10年「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」トータル10.7億円(90スクリーン)
OP2.0→4.9→7.8→8.7→9.4→9.8→10.1→
☆10年「涼宮ハルヒの消失」トータル8.3億円(24スクリーン)
OP0.9→2.5→3.5→4.5→05.4→05.9→06.3→06.7
☆10年「劇場版 機動戦士ガンダム00」トータル8.6億円(88スクリーン)
祝3日2.5→4.5→5.7→祝6.6→7.0→7.3→7.7
☆11年「映画「けいおん!」」
5週目13.2→14.4→15.1→15.6→16.0→16.3億円→
スクリーン数は違うが、これらよりも高い結果となった。
「クレヨンしんちゃん」や「プリキュア」シリーズをも超えている。

10週目を迎えても多少の伸びはあるとは思うが、それほど大きくも伸びないのではないか。
「映画「けいおん!」」の興行収入は、先週に引き続き16億円台と予想したい。
残り7千万円以上の上乗せはできないだろう。
4週目まで22~23億円と予想していたが、予想以上には大きくは伸びなかった。
公開前個人予想は15~16億円だったので、当たりそうだ。
20億円は突破すると思い、完全にハズれたかと思っていた。
しかし、この手の作品の人気度がよく分からないので、今後は苦戦しそうだ。


順位不明:「ジャックとジル」(ソニー)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 2千万円前後
【公開規模】 19スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.1百万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.5千万円弱となっている。
1週間の伸びは3.7百万円程度だろうか。
日本ではあまり公開されないアダム・サンドラー主演作品の中で、パッとしなかった本作を何故公開しようと思ったのかよく分からない。
しかも、スクリーンは19ながらも、有楽町や新宿などのメジャー映画館で公開されている。
「ジャックとジル」の興行収入は先週に引き続き2千万円前後と考えたい。
「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」といったハリウッドコメディを公開してくれるのはありがたいが、もうちょっと選んで欲しい。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。