ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(3月1週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「映画ドラえもん のび太と奇跡の島~アニマル アドベンチャー~」(東宝・テレビ朝日)
「映画ドラえもん」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆00年「のび太の太陽王伝説」 トータル30.5億円
☆01年「のび太と翼の勇者たち」トータル30.0億円
☆02年「のび太とロボット王国」トータル23.1億円
☆03年「のび太とふしぎ風使い」トータル25.4億円
☆04年「のび太のワンニャン時空伝」トータル30.5億円
☆05年 なし
☆06年「のび太の恐竜2006」トータル32.8億円
4.3→09.0→12.7→18.0→25.9→30.3→31.5
☆07年「のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」トータル35.4億円
5.6→10.5→17.3→26.1→32.1→33.3→33.8
☆08年「のび太と緑の巨人伝」トータル33.7億円
5.2→09.5→15.3→22.8→30.1→31.7→32.2→32.3
☆09年「新・のび太の宇宙開拓史」トータル24.5億円
3.7→07.0→11.1→15.9→21.7→23.0→23.3→23.5
☆10年「のび太の人魚大海戦」トータル31.6億円
5.5→09.7→13.7→20.2→27.7→29.9→30.3→30.5
☆11年「新・のび太と鉄人兵団」トータル24.6億円
4.5→06.9→09.3→13.6→19.6→22.3→22.8→23.1
低い興行収入のときもあるが、だいたいリメイクの場合のようだ。
今回は新作と思われるので、去年よりもヒットするだろう。
今年の興行収入は29億円台と予想したい。
オープニングは5.0億円か。


◎「ライアーゲーム -再生-」(東宝・フジテレビ)
前作の興行収入は以下のとおり。
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円
3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
ヒロインも代わり、盛り上がりも感じられない。
前作の5~6割程度となるのではないか。
11.8~14.2億円となるので、「ライアーゲーム -再生-」の興行収入は12億円台と予想したい。
オープニングは1.9億円程度か。


◎「ヒューゴの不思議な発明」(パラマウント)
ファミリー系のファンタジー映画は以下のとおり。
☆07年公開「ナイトミュージアム」トータル35.7億円
先6.0→14.7→23.4→29.6→32.2→33.8→35.2
☆08年公開「ライラの冒険 黄金の羅針盤」トータル37.5億円
先8.2(OP5.5)→15.4→20.2→24.7→28.2→31.1→32.5(※数字疑義あり)
☆08年公開「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」トータル30.0億円
水8.1→15.8→20.6→23.8→26.1→27.6→28.5
☆09年公開「ナイトミュージアム2」トータル20.5億円
水5日8.2→13.9→17.5→19.3→20.0
☆11年公開「ナルニア国物語/第3章」トータル26.8億円
金5.4→12.5→15.7→17.9→20.7→23.9→25.6
☆11年公開「ガリバー旅行記」トータル15.6億円
金2.8→5.9→9.3→14.1→15.0→15.4
アカデミー賞候補となった作品であり、評価も高く伸びもあるだろう。
さらに監督は巨匠のマーティン・スコセッシである。
シリーズモノの壮大なファンタジー作品ではないので、30億円超のビッグヒットの期待はしにくいが、20億円程度は稼いでも不思議ではない。
「ヒューゴの不思議な発明」の興行収入は21億円と予想したい。
木曜日からのオープニングは4.4億円程度か。


◎「戦火の馬」
地味な作品であり、ビッグヒットにはなりそうもない。
しかし、スピルバーグ監督作品であり、さらに馬や戦争を扱った感動作品でもあり、それなりには稼げるはずだ。
二桁を超えない程度は稼ぎそうだ。
8~9億円と予想したい。
オープニング3日1.8億円程度か。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。