ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(3月1週目その2)

4位:「TIME/タイム」(20世紀フォックス)<3週目>
【公開前個人予想】 4億円台
【現時点での興行収入予想】 17億円台(2週目16億円台、OP時12億円台)
【公開規模】 414スクリーン(先週比-13スクリーン)
1.5億円を週末に稼ぎ、トータルでは12.5億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.8億円弱程度だろうか。
10億円を楽に突破してしまい、大ヒットとなっている。
ヒットがヒットを呼び込むパターンに陥ったか。
「ドラゴン・タトゥーの女」を超えるヒットとなるだろう。

それにしても、ジャスティン・ティンバーレイク、アマンダ・セイフライド主演作品であり、日本での知名度は高くない。
監督は傑作「ガタカ」のアンドリュー・ニコルであるが、こちらも知名度があるとは思えない。
テーマは確かに面白そうだが、面白いテーマのSF作品が日本でヒットしないこともよくある。
しかも、本作は派手なSFアクションではなく、比較的地味目な作品だ。
ファミリー層が動くとは思えない。
篠田麻里子の影響力がここまであるとも思えない。
アメリカでもトータル38百万ドルしか稼いでいない作品。
去年公開された「ミッション:8ミニッツ」トータル4.6億円、「アジャストメント」トータル4.5億円辺りと同程度と考えて不思議はない作品。
アメリカでは「ミッション:8ミニッツ」はトータル55百万ドル、「アジャストメント」はトータル62百万ドルを稼いでいる。

参考となりそうなSF作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「アイランド」トータル13.6億円
OP2.0→5.6→8.2→10.5→12.6
☆06年「トゥモロー・ワールド」トータル10.0億円
OP1.6→3.0→4.1
☆07年「デジャヴ」トータル8.9億円
OP1.6→4.6→6.5→7.6→8.4→8.7
☆08年「イーグル・アイ」トータル12.2億円
OP2.5→6.4→10.0→11.6
☆09年「ノウイング」トータル10.2億円
金2.9→6.1→8.2→9.3→9.8
☆11年「猿の惑星」トータル24.2億円
4日7.3→13.1→17.8→20.6→22.6
☆12年「TIME/タイム」
金3.5→8.8→12.5億円→
主要作品との対比で考えると、「TIME/タイム」の興行収入は15.3~17.1億円となる。
最低でも15億円となる。

「TIME/タイム」12.5億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「ブラック・スワン」13.9億円(トータル23.9億円)
☆「三銃士」13.4億円(トータル19.5億円)
☆「SUPER8」12.5億円(トータル17.2億円)
☆「ワイルド・スピード」11.5億円(トータル14.4億円)
これらとの対比で考えると、「TIME/タイム」の興行収入は15.7~21.5億円となる。
評判が良いとは思えないが、ある程度伸びてはいくだろう。
「TIME/タイム」の興行収入は17億円台と予想したい。
オープニング時には低めの12億円台、先週は16億円台と予想したが、やはり想像以上に伸びている。
公開前個人予想は4億円台だったので、大ハズレとなる。
どう頑張っても、この作品が10億円を超えるという発想がでてこない。


6位:「ドラゴン・タトゥーの女」(ソニー)<4週目>
【公開前個人予想】 15億円台
【現時点での興行収入予想】 13億円台(OP時16~17億円)
【公開規模】 348スクリーン(先週比-47スクリーン)
5.6千万円を週末に稼ぎ、トータルでは11.1億円弱となっている。
1週間の伸びは2.1億円弱程度だろうか。
10億円を突破した。
公開前に『オリジナルを鑑賞済みであり、このハードな内容では大ヒットはしないのではないかという不安はあった』が、やはり高い伸びではないようだ。
アカデミー賞主要部門においては、作品賞や監督賞から外れて、主演女優賞程度のノミネートとなったことも痛かったか。
監督の知名度が高いことでカバーして欲しい。

デビッド・フィンチャー監督作品の興行収入は以下の通り。
☆96年公開「セブン」配給収入26.5億円(※興行収入ではない)
☆00年公開「ファイトクラブ」トータル19.8億円
☆02年公開「パニックルーム」トータル25.0億円
☆07年公開「ゾディアック」トータル4.0億円
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル24.0億円
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3→22.9
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」トータル14.2億円
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0
☆12年公開「ドラゴン・タトゥーの女」
金2.9→06.5→09.0→11.1億円→
これらとの対比で考えると、「ドラゴン・タトゥーの女」の興行収入は14.2~15.9億円となる。
「ソーシャル・ネットワーク」を楽に超えると思ったが、楽観視はできそうもない。

その他のサスペンス系作品や参考となりそうな映画の興行収入は以下のとおり。
☆09年公開「天使と悪魔」トータル33.5億円
金6.8→15.0→20.6→25.6→28.6→30.4→31.4→32.3
☆09年公開「007/慰めの報酬」トータル19.8億円
先5.9→11.3→14.3→16.6→17.9→18.7
☆09年公開「チェンジリング」トータル12.8億円
金2.3→6.5→9.1→11.0→12.1→12.4
☆10年公開「シャーロック・ホームズ」トータル21.6億円
金4.1→10.0→14.6→18.1→20.1→21.1
☆10年公開「ソルト」トータル20.5億円
OP3.6→9.3→14.6→17.4→18.8→19.2→19.7
☆10年公開「シャッターアイランド」トータル17.0億円
金3.4→8.3→11.0→13.3→15.4→16.0
☆11年公開「ツーリスト」トータル18.7億円
OP3.1→7.5→10.1→12.6→15.4→16.7→17.6→18.1
☆12年公開「ドラゴン・タトゥーの女」
金2.9→6.5→09.0→11.1億円→
これらとの対比で考えると、「ドラゴン・タトゥーの女」の興行収入は12.9~16.5億円となる。
「シャッターアイランド」が当面の目標となると思ったが、「チェンジリング」並の動きとなっている。

「ドラゴン・タトゥーの女」11.1億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「ソーシャル・ネットワーク」9.9億円(トータル14.2億円)
☆「RED」10.6億円(トータル12.2億円)
☆「アンストッパブル」9.8億円(トータル10.8億円)
これらとの対比で考えると、「ドラゴン・タトゥーの女」の興行収入は12.2~15.9億円となる。
マックス16億円台、ミニマム12億円台となりそうだ。
内容的にハードな部分があるので、大きくは伸びそうもない。
「ドラゴン・タトゥーの女」の興行収入は先週に引き続き13億円台と予想したい。
オープニング時に16~17億円と高めに予想したが、あの内容ではさすがに厳しいだろう。
傑作だという想定で予想していた。
公開前個人予想15億円台はちょっと高いが、悪くはない予想となるかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。