ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(3月第2週目)

☆「スパイダーマン」スピンオフが製作か
「スパイダーマン3」に登場したヴェノムを主人公とした作品が企画中のようだ。
「スパイダーマン3」でヴェノムを演じたトファー・グレイスが演じて、今年アメリカで公開され、ヒットした低予算映画「クロニクル」のジョシュ・トランクが監督を行う方向で調整されているようだ。
「アメイジング・スパイダーマン」が大ヒットすれば、企画もすぐに動くだろう。


☆「RED」続編の監督が決定か
99年「ギャラクシー・クエスト」、05年「ディック&ジェーン」のディーン・パリソットに決まったようだ。
コメディ系のアクション作品なので、それほど悪くはない人選となりそうだ。
キャストは基本的には続投される見込み。


☆日本アカデミー賞が発表
結果は以下のとおり。
▽最優秀作品賞:「八日目の蝉」
▽最優秀監督賞:成島出(「八日目の蝉」)
▽最優秀主演男優賞:原田芳雄(「大鹿村騒動記」)
▽最優秀主演女優賞:井上真央(「八日目の蝉」)
▽最優秀助演男優賞:でんでん(「冷たい熱帯魚」)
▽最優秀助演女優賞:永作博美(「八日目の蝉」)
▽最優秀脚本賞:奥寺佐渡子(「八日目の蝉」)
▽最優秀美術賞:西岡善信、原田哲男(「最後の忠臣蔵」)
▽最優秀撮影賞:藤澤順一(「八日目の蝉」)
▽最優秀照明賞:金沢正夫(「八日目の蝉」)
▽最優秀録音賞:藤本賢一(「八日目の蝉」)
▽最優秀編集賞:三條知生(「八日目の蝉」)
▽最優秀音楽賞:安川午朗(「八日目の蝉」)
▽最優秀外国作品賞:「英国王のスピーチ」
▽最優秀アニメーション作品賞:「コクリコ坂から」(宮崎吾朗監督)
「英国王のスピーチ」と「コクリコ坂から」しか見ていないので、何ともいえないが、ノミネートのラインナップから「八日目の蝉」だろうなとは思っていた。
松竹の過去の受賞作は、07年「東京タワー オカンと~」、08年「おくりびと」となっており、松竹作品が5年のうち3年と強さを見せている。
09年は「沈まぬ太陽」、10年「告白」となっており、この2本は東宝系作品。
なお、東映は04年「半落ち」で受賞している。
興行収入は圧倒的に東宝が強いが、このような賞では松竹が一矢報いている。
今回は東宝系が「コクリコ坂から」しかない。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。