ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(3月1週目その4)

11位:「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」(東宝・TBS)<6週目>
【公開前個人予想】 20億円
【現時点での興行収入予想】 17億円台(OP時20億円台)
【公開規模】 337スクリーン(先週比-40スクリーン)
3.2千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは15.5億円半ばとなっている。
1週間の伸びは9.9千万円弱程度だろうか。
15億円は突破している。
あまり盛り上がっているようには見えないが、さすがに伸びている。

監督の土井裕泰は意外と実績のある監督のようだ。
☆04年「いま、会いにゆきます」トータル48.0億円
☆06年「涙そうそう」トータル31.0億円
OP3.9→10.7→17.4→21.7→24.7→26.9→28.5
☆10年「ハナミズキ」トータル28.3億円
OP4.0→12.8→18.8→22.6→24.9→26.8
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」
OP2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5億円→
これらとの対比で考えると、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の興行収入は16.4~17.9億円となる。
実際に鑑賞したが、ストーリーが良かった。
これら同様に伸びて欲しいところだ。

ドラマ「新参者」の平均視聴率は14.9%となっている。
東野圭吾映画化作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円(視聴率21.9%)
OP5.4→祝18.1→24.4→30.5→祝37.4→40.7→43.1
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」
OP2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5億円→
「さまよう刃」「白夜行」「夜明けの街で」があまりよろしくない結果に終ったが、本作は大丈夫だろう。
これとの対比で考えると、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の興行収入は18.7億円となる。
これがマックスラインとなる。

以下のサスペンス系ドラマの映画化の興行収入も参考となりそうだ。
☆10年「SP 野望篇」トータル36.3億円(視聴率15.4%)
5.3→15.3→21.1→25.3→29.3→31.3→32.6
☆11年「SP革命篇」トータル33.3億円
2.9→08.7→15.1→20.6→24.3→26.7→28.5→30.1→31.8
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円(視聴率15.4%)
3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆11年「アンフェア the answer」トータル23.4億円
3.1→10.6→15.6→祝19.1→20.7→21.9→22.5→22.9
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円(視聴率11.4%・11.0%)
3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆11年「アンダルシア 女神の報復」トータル18.9億円
2.6→07.5→10.8→13.5→15.3→16.4→17.1(視聴率10.1%)
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」
2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5億円→
「SP革命篇」以外との対比で考えると、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の興行収入は16.4~18.0億円となる。
「アンダルシア 女神の報復」が当面のライバルとなるが、超えるのは難しいか。

「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」15.5億円と同程度の6週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「アンダルシア」16.4億円(トータル18.8億円)
☆「岳 ガク」15.0億円(トータル16.3億円)
☆「プリンセス トヨトミ」15.0億円(トータル16.2億円)
☆「カイジ2」15.2億円(トータル16.1億円)
これらとの作品との対比で考えると、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の興行収入は16.4~17.8億円となる。
マックス18億円、ミニマム16億円となる。
日本人好みの感動作品であり、かなり伸びていきそうと考えて、オープニング時に20億円台と高めに予想したが、話題にならず期待通りの伸びではなかった。
しかし、多少は伸びると考えて、「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の興行収入は先週に引き続き17億円台と予想したい。
残り1億5千万円程度の上乗せは可能だろう。
やや地味なところもあったが、ドラマの映画化・人気小説の映画化ということで、ヒットとなりそうだが、限界もあったようだ。
公開前個人予想は20億円だったので、悪くはないが、やや高すぎたか。


12位:「逆転裁判」(東宝)<4週目>
【公開前個人予想】 3~4億円
【現時点での興行収入予想】 5億円前半(OP時6億円台)
【公開規模】 275スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.5千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは4.6億円となっている。
1週間の伸びは6.5千万円程度だろうか。
題材的に微妙であり、コケると思ったが、知名度の高いゲームということもあり、大コケは免れた。
ファミリー層が多少動いているのだろうか。
しかし、この程度ではヒットということはできないだろう。

三池崇史監督作品の興行収入は以下の通り。
☆04年「着信アリ」トータル15.0億円
OP2.2→05.9→09.4→11.3→13.1→13.7→14.5
☆05年「妖怪大戦争」トータル20.0億円
OP1.8→06.9→12.2→15.5→17.6
☆07年「クローズZERO」トータル25.0億円
OP4.0→10.5→15.1→18.5→21.2→22.7→23.6
☆09年「ヤッターマン」トータル31.4億円
OP4.6→10.6→16.4→21.6→26.9→28.2→29.2
☆09年「クローズZERO Ⅱ」トータル30.2億円
OP5.7→13.3→18.2→22.4→26.5→27.9
☆10年「十三人の刺客」トータル16.0億円
OP2.3→07.3→祝11.2→12.7→13.9
☆11年「忍たま乱太郎」トータル9.6億円
OP0.9→02.8→04.7→06.6→08.3
☆11年「一命」トータル4.5億円
OP0.9→02.6→03.6→04.1→04.4
☆12年「逆転裁判」
OP1.2→02.8→04.0→04.6億円→
ヒット作品を連発しているが、「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」「神様のパズル」「ゼブラーマン2」のような信じられないようなコケかたをした作品もある。
伸びがない作品との対比で考えると、「逆転裁判」の興行収入は5.0~6.2億円となる。
話題になるとも思えず、時期的に伸びるとも思えない。
マックスでも6億円台程度となるか。

「逆転裁判」4.6億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「毎日かあさん」4.7億円(トータル6.0億円)
☆「小川の辺」4.6億円(トータル5.5億円)
☆「アントキノイノチ」4.7億円(トータル5.1億円)
☆「はやぶさ」4.4億円(トータル5.0億円)
「アントキノイノチ」「はやぶさ」との対比で考えると、「逆転裁判」の興行収入は5.0~5.2億円となる。
「逆転裁判」の興行収入はオープニング時に6億円台と予想したが、そこまでは伸びそうもない。
先週に引き続き5億円前半と予想したい。
やはり、伸びなどあるはずがなかった。
公開前個人予想は3~4億円だったので、悪くはない予想となりそうだ。
気楽に見られる事件モノ映画であり、新鮮味もあるので、3~4億円程度の大コケはなんとか免れたようだ。


13位:「アフロ田中」(ショウゲート)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円後半
【公開規模】 72スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.4千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは1.2億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.7千万円程度だろうか。
厳しい結果にもなりかねなかったが、ユニークな作風が受けただろうか。
172スクリーンの「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」の3週目が2.0億円なので、「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」はやはりコケたと分かる。
伸びがある作品とは思えず、「アフロ田中」の興行収入は先週に引き続き1億円後半と予想したい。


14位:「日本列島 いきものたちの物語」(東宝)<5週目>
【公開前個人予想】 7億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円前半(OP~2週目5億円台)
【公開規模】 276スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.1千万円を週末に稼ぎ、トータルでは4.1億円となっている。
1週間の伸びは3.0千万円程度だろうか。
嵐の相葉雅紀、長澤まさみ、ゴリ、黒木瞳などを起用している割には勢いがない。
他のネイチャードキュメンタリーのような壮大なスケールという宣伝文句がなく、地味な雰囲気なので仕方がないか。

この手のネイチャードキュメンタリーはヒットしやすい。
☆08年公開「EARTH」トータル24.0億円
祝3日5.5→祝10.2→13.6→16.5→祝19.6→21.0→22.1
☆10年公開「オーシャンズ」トータル25.0億円
金3日3.9→9.8→13.9→17.8→19.7→21.1→22.2
☆11年公開「ライフ -いのちをつなぐ物語-」トータル12.5億円
木4日3.5→6.8→09.1→11.0→11.8
☆12年「日本列島 いきものたちの物語」
OP0.8→2.3→3.2→03.8→04.1億円→
これらとの対比で考えると、「日本列島 いきものたちの物語」の興行収入は4.3~5.2億円となる。
今まで『盛り上がってはいないが、さすがに4億円程度の低調な結果になることもないだろう』と思っていたが、もはや期待するのは無理かもしれない。
「日本列島 いきものたちの物語」の興行収入は2週目まで5億円台と予想していたが、先週に引き続き4億円前半と予想したい。
残り数千万円の上乗せで終るだろう。
公開前個人予想は7億円台だったので、かなり高すぎた。
この手の作品はファミリー層が動くので、ヒットしやすいはずだが、最近どうしたのだろうか。
飽きられてしまったのか。


15位:「アンダーワールド 覚醒」(ソニー)<2週目>
【公開前個人予想】 1億円後半
【現時点での興行収入予想】 1億円前半(OP1億円台)
【公開規模】 176スクリーン(先週比-1スクリーン)
1.1千万円を週末に稼ぎ、トータルでは7.2千万円となっている。
1週間の伸びは3.6千万円半ば程度だろうか。
スクリーン数、3D単価を考えると、コケていると言ってもいい。

本シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆03年公開「アンダーワールド」不明
☆06年公開「アンダーワールド:エボリューション」不明
OP0.4→1.1
☆09年公開「アンダーワールド:ビギンズ」不明
OP0.1→0.2→0.3
☆12年公開「アンダーワールド 覚醒」
金0.4→0.7億円→
いつも通りといえば、いつも通りか。
「アンダーワールド 覚醒」の興行収入は先週に引き続き1億円台と予想したいが、1億戦前半となりそうだ。
公開前個人予想は1億円後半だったので、ちょっと高すぎたかもしれない。
「バイオハザード」となぜここまで違いが生じるのだろうか。


順位不明:「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」(ソニー)<5週目>
【公開前個人予想】 5~6億円
【現時点での興行収入予想】 2億円後半(OP~3週目3億円台)
【公開規模】 81スクリーン(先週比-84スクリーン)
5.1百万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは2.6億円となっている。
1週間の伸びは3.1千万円半ば程度だろうか。
大ヒットはしないとは思ったが、かなり低すぎではないか。
スクリーン数はそれほど多くはないが、コケたといえそうだ。
読んだことはないが、人気漫画の映画化、キャスティングも豪華であり、コケるという発想はあまりなかった。

少なくとも以下の作品程度は稼ぐのではないかと思っていた。
☆09年「おっぱいバレー」トータル5.3億円
OP0.8→2.1→3.2→4.5→4.9
☆10年「ソラニン」トータル5.8億円
OP0.9→2.6→3.5→4.1→4.5
☆10年「BANDAGE」トータル6.0億円
OP1.3→3.0→4.2→5.6→5.7
☆11年「うさぎドロップ」
OP1.0→2.9→4.2→5.1
☆11年「さや侍」トータル6.3億円
OP1.2→3.4→4.7→5.5
☆12年「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」
OP0.6→1.4→2.0→2.3→2.6億円→
これらとの対比で考えると、「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」の興行収入は2.7~3.4億円となる。
伸びても3億円台となるが、そこまで伸びないだろう。
「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」の興行収入は3週目まで3億円台と予想していたが、先週に引き続き2億円後半と予想したい。
残り5千万円以上の上乗せは難しいだろう。
公開前個人予想は5~6億円だったので、大きくズレた。
クセのある作風なので、一般ウケはしないということだろうか。
もし小栗旬等が出演しなかったら、どうなっていたのだろう。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。