ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(3月2週目その3)

4位:「ヒューゴの不思議な発明」(パラマウント)<2週目>
【公開前個人予想】 21億円台
【現時点での興行収入予想】 14~15億円
【公開規模】 508スクリーン(先週比+53スクリーン)
1.2億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは5.5億円となっている。
1週間の伸びは2.7億円弱程度だろうか。
思ったよりも勢いがない。
アカデミー賞での有力候補になった作品であり、品質は保証されている。
ファミリー向け作品であり、ファミリーの動員は期待できる。
マーティン・スコセッシ監督作品であり、年配層の動員も期待できる。
そうそう低い予想はしにくかった。

ファミリー系のファンタジー映画は以下のとおり。
☆07年公開「ナイトミュージアム」トータル35.7億円
先6.0→14.7→23.4→29.6→32.2→33.8→35.2
☆08年公開「ライラの冒険 黄金の羅針盤」トータル37.5億円
先8.2(OP5.5)→15.4→20.2→24.7→28.2→31.1→32.5(※数字疑義あり)
☆08年公開「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」トータル30.0億円
水8.1(OP5.5)→15.8→20.6→23.8→26.1→27.6→28.5
☆09年公開「ナイトミュージアム2」トータル20.5億円
水8.2(OP3.6)→13.9→17.5→19.3→20.0
☆11年公開「ナルニア国物語/第3章」トータル26.8億円
金5.4(OP4.6)→12.5→15.7→17.9→20.7→23.9→25.6
☆11年公開「三銃士 王妃の首飾りと~」トータル19.5億円
金3.7(OP3.0)→10.1→13.4→15.8→17.8→18.7→19.0
☆11年公開「ガリバー旅行記」トータル15.6億円
金2.8(OP2.4)→5.9→9.3→14.1→15.0→15.4
☆12年「ヒューゴの不思議な発明」
木2.8(OP1.8)→5.5億円→
主要作品との対比で考えると、「ヒューゴの不思議な発明」の興行収入は10.4~14.5億円となる。
10億円はなんとか突破するのではないか。
さすがにある程度の伸びはあるだろう。

「ヒューゴの不思議な発明」5.5億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「ガリバー旅行記」5.9億円(トータル15.6億円)
☆「ソーシャル・ネットワーク」5.1億円(トータル14.2億円)
☆「RED」6.2億円(トータル12.2億円)
これらとの対比で考えると、「ヒューゴの不思議な発明」の興行収入は10.8~15.3億円となる。
10億円程度の動きでもあるが、春休みシーズンでもあり、伸びは期待できる作品。
「ヒューゴの不思議な発明」の興行収入は先週に引き続き14~15億円と予想したい。
公開前個人予想は21億円台だったので、高すぎたか。
期待が高かった作品であり、条件もよかったので、低い予想はできないだろう。


5位:「TIME/タイム」(20世紀フォックス)<4週目>
【公開前個人予想】 4億円台
【現時点での興行収入予想】 17億円台(2週目16億円台、OP時12億円台)
【公開規模】 413スクリーン(先週比-1スクリーン)
1.0億円を週末に稼ぎ、トータルでは15.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.6億円弱程度だろうか。
ついに15億円を突破してしまい、大ヒットとなっている。
ヒットがヒットを呼び込むパターンに陥ったか。
「ドラゴン・タトゥーの女」を超えるヒットとなりそうだ。

それにしても、ジャスティン・ティンバーレイク、アマンダ・セイフライド主演作品であり、日本での知名度は高くない。
監督は傑作「ガタカ」のアンドリュー・ニコルであるが、こちらも知名度があるとは思えない。
テーマは確かに面白そうだが、面白いテーマのSF作品が日本でヒットしないこともよくある。
しかも、本作は派手なSFアクションではなく、比較的地味目な作品だ。
ファミリー層が動くとは思えない。
篠田麻里子の影響力がここまであるとも思えない。
アメリカでもトータル38百万ドルしか稼いでいない作品。
去年公開された「ミッション:8ミニッツ」トータル4.6億円、「アジャストメント」トータル4.5億円辺りと同程度と考えて不思議はない作品。
アメリカでは「ミッション:8ミニッツ」はトータル55百万ドル、「アジャストメント」はトータル62百万ドルを稼いでいる。

参考となりそうなSF作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「アイランド」トータル13.6億円
OP2.0→5.6→8.2→10.5→12.6
☆06年「トゥモロー・ワールド」トータル10.0億円
OP1.6→3.0→4.1
☆07年「デジャヴ」トータル8.9億円
OP1.6→4.6→6.5→7.6→8.4→8.7
☆08年「イーグル・アイ」トータル12.2億円
OP2.5→6.4→10.0→11.6
☆09年「ノウイング」トータル10.2億円
金2.9→6.1→8.2→9.3→9.8
☆11年「猿の惑星」トータル24.2億円
4日7.3→13.1→17.8→20.6→22.6
☆12年「TIME/タイム」
金3.5→8.8→12.5→15.1億円→
主要作品との対比で考えると、「TIME/タイム」の興行収入は15.9~17.7億円となる。
17億円台辺りが落ち着きどころか。

「TIME/タイム」15.1億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「三銃士」15.8億円(トータル19.5億円)
☆「SUPER8」14.7億円(トータル17.2億円)
☆「ガリバー旅行記」14.1億円(トータル15.6億円)
これらとの対比で考えると、「TIME/タイム」の興行収入は16.7~18.6億円となる。
評判が良いとは思えないが、ある程度伸びてはいくだろう。
「TIME/タイム」の興行収入は先週に引き続き17億円台と予想したい。
オープニング時には低めの12億円台、2週目は16億円台と予想したが、やはり想像以上に伸びてしまった。
公開前個人予想は4億円台だったので、大ハズレとなる。
どう頑張っても、この作品が10億円を超えるという発想がでてこない。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。