ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(4月第1週目)

1位は2週連続の「ハンガー・ゲーム」。
トータルでは251百万ドルとなっている。
2億ドルをあっさりと超えた。
152.5百万ドルという「ハリポタ最終作」「ダークナイト」に次ぐ歴代3位のオープニングを飾っていた。
製作費78百万ドルを一瞬で回収している。
公開前に『1億ドルを超えるオープニングと言われているが、どうなるだろうか』と書いたように、半信半疑なところはあったが、楽に超えてきた。
アメリカ版「バトル・ロワイヤル」と言われているアクションアドベンチャー作品。
監督は、03年「シービスケット」(トータル120百万ドル)のゲイリー・ロス。
主演は、「ウィンターズ・ボーン」「X-MEN」ジェニファー・ローレンス。
ジョシュ・ハッチャーソン、エリザベス・バンクス、スタンリー・トゥッチ、ウディ・ハレルソンなどが出演している。

以下の作品が参考となるだろう。
☆11年「ハリー・ポッター死の秘宝 PartⅡ」トータル381百万ドル
OP169→274→319→343→357→366
☆11年「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル352百万ドル
先163(OP98)→261→303→326→338→344
☆11年「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン1」トータル281百万ドル
OP138→221→247→259→266→270
☆11年「ハングオーバー!!」トータル254百万ドル
先118(OP86)→186→216→233→244→248
☆12年「ハンガー・ゲーム」
OP153→251百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ハンガー・ゲーム」の興行収入は319~349百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、伸びがあるのではないか。
話題が話題が呼びそうなので、「ハンガー・ゲーム」の興行収入は先週に引き続き3億5千万ドル前後と予想したい。


2位となったのは新作の「タイタンの逆襲」。
34.2百万ドルというマズマズのオープニングを飾った。
製作費1億5千万ドルの回収が目標となるが、厳しいか。
公開前に『「タイタンの逆襲」は「ハンガー・ゲーム」の余波を受けてコケそうだ』と書いたが、さすがにシリーズ作品であり、多少は粘った。
神話を題材としたファンタジー作品。
監督は、06年「テキサス・チェーンソー ビギニング」(トータル40百万ドル)、11年「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(トータル84百万ドル)のジョナサン・リーベスマン。
主演は、サム・ワーシントン。
リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズなども出演している。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆10年「タイタンの戦い」トータル163百万ドル
OP64→110→133→146→154→158
☆12年「タイタンの逆襲」
OP34百万ドル→
前作との対比で考えると、「タイタンの逆襲」の興行収入は87百万ドルとなる。

☆07年「300<スリーハンドレッド>」トータル211百万ドル
OP71→129→162→180→193→201
☆11年「マイティ・ソー」トータル181百万ドル
OP66→119→145→160→169→174
☆11年「インモータルズ‐神々の戦い‐」トータル84百万ドル
OP32→053→069→076→080→082
☆12年「タイタンの逆襲」
OP34百万ドル→
これらとの対比で考えると、「タイタンの逆襲」の興行収入は89~101百万ドルとなる。
「ハンガー・ゲーム」の余波があったと思われるので、もうちょっとは伸びるだろう。
「タイタンの逆襲」の興行収入は1億ドル台と予想したい。
評価はそれほど高くはないので、高い伸びはなさそうだ。


3位となったのは新作の「Mirror Mirror」。
19.0百万ドルというマズマズのオープニングを飾った。
製作費85百万ドルの回収が目標となるが、厳しいか。
公開前に『微妙な気がするが、大コケもないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
白雪姫を題材としたファンタジー作品。
ジュリア・ロバーツ、リリー・コリンズ主演。
ターセム・シンが監督を手掛けている。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「アリス・イン・ワンダーランド」トータル334百万ドル
OP116→209→265→294→310→319→324
☆11年「インモータルズ‐神々の戦い‐」トータル84百万ドル
OP32→053→069→076→080→082
☆10年「食べて、祈って、恋をして」トータル81百万ドル
OP23→047→061→069→075
☆12年「Mirror Mirror」
OP19百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Mirror Mirror」の興行収入は50~67百万ドルとなる。
評価は普通程度なので、伸びはないだろう。
「Mirror Mirror」の興行収入は6千万ドル台と予想したい。
もう一本目の「白雪姫」作品も危ういのかもしれない。


4位は3週目の「21 Jump Street」。
トータルでは93百万ドルとなっている。
製作費42百万ドルはあっさりと回収している。
公開前に『この手の作品はヒットしそうだ』と書いたとおりとなりそうだ。
ジョナ・ヒル、チャニング・テイタム主演のアクションコメディ。
監督は「くもりときどきミートボール」(トータル125百万ドル)のフィル・ロード、クリストファー・ミラー。

アクションコメディならば、以下の作品がライバルとなる。
☆08年「ゲットスマート」トータル130百万ドル
OP39→77→98→112→120
☆10年「デート&ナイト」トータル98百万ドル
OP25→49→63→74→81
☆10年「ナイト&デイ」トータル76百万ドル
先27(OP20)→46→62→69→73
☆12年「21 Jump Street」
OP36→70→93百万ドル→
これらとの対比で考えると、「21 Jump Street」の興行収入は114~145百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、伸びはあるだろう。
「21 Jump Street」の興行収入は先週に引き続き1億3千万ドル台と予想したい。
続編の話もあるらしい。
ジョナ・ヒルは売れているようだ。


5位は5週目の「Dr. Seuss' The Lorax」。
トータルでは190百万ドルとなっている。
製作費7千万ドルをあっさりと回収している。
ユニバーサル製作の3Dアニメ作品。
公開前に『関連作品の「ホートンふしぎな世界のダレダーレ」を超えない程度に稼ぐだろう』と書いたが、予想をはるかに超えてきた。
監督は12年「怪盗グルーの月泥棒」(トータル252百万ドル)のクリス・ルノー。

関連作品は以下のとおり。
☆08年「ホートン ふしぎな世界のダレダーレ」トータル155百万ドル
OP45→086→118→131→140→144→148→150
☆12年「Dr. Seuss' The Lorax」
OP70→122→158→177→190百万ドル→
これとの対比で考えると、「Dr. Seuss' The Lorax」の興行収入は210百万ドルとなる。

ユニバーサルの以下の作品がライバルとなるか。
☆10年「怪盗グルーの月泥棒」トータル252百万ドル
OP56→118→161→190→209→222→231→236→240→244
☆12年「Dr. Seuss' The Lorax」
OP70→122→158→177→190百万ドル→
これとの対比で考えると、「Dr. Seuss' The Lorax」の興行収入は229百万ドルとなるが、スタートダッシュだけで、「怪盗グルーの月泥棒」の3週目に抜かれてしまった。
「Dr. Seuss' The Lorax」の興行収入は2週目まで2億4千万ドル台と予想していたが、2億ドルを突破できればよさそうだ。
先週に引き続き2億ドル台と予想したい。
評価はそれほど悪くはない程度だが、ある程度の伸びはあるだろう。
去年の「カーズ2」トータル191百万ドル(OP66百万ドル)、「カンフー・パンダ2」トータル165百万ドル(OP48百万ドル)を超えるヒットとなりそうだ。


6位は4週目の「ジョン・カーター」。
トータルでは66百万ドルとなっている。
ディズニーがおくる製作費2億5千万ドルの超大作映画だが、コケ気味となっている。
公開前に『ディズニーによる超大作映画「ジョン・カーター」はやや微妙だが、さすがにそれなりには稼ぐだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
エドガー・ライズ・バローズ原作のSFアドベンチャー。
監督は03年「ファインディング・ニモ」、「WALL‐E」のアンドリュー・スタントン。
主演はテイラー・キッチュ。

以下のSF作品やアクション作品に負けそうだ。
☆09年「スター・トレック」トータル258百万ドル
先79→148→185→209→223→232
☆11年「猿の惑星:創世記」トータル176百万ドル
OP55→105→134→149→160→168→172
☆10年「トロン:レガシー」トータル172百万ドル
OP44→087→131→148→157→163→167
☆11年「インモータルズ‐神々の戦い‐」トータル84百万ドル
OP32→053→069→076→080
☆12年「ジョン・カーター」
OP30→053→062→066百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ジョン・カーター」の興行収入は73~81百万ドルとなる。
せめて1億ドルは突破したかったところだが、伸びもなさそうだ。
評価は高いが、「ジョン・カーター」の興行収入は先週に引き続き7千万ドルと予想したい。
2週目まで9千万ドル台と予想したが、完全にコケたため、鑑賞しようと思った者にも無視されそうだ。
恐らく壮大なシリーズ作品に手掛けようと考えていただろうが、失敗に終りそうだ。
ディズニーもたまにはこういうこともヤラかすようだ。


8位は4週目の「Salmon Fishing in the Yemen」。
トータルでは3百万ドルとなっている。
先週124スクリーンから483スクリーンに拡大された。
ラッセ・ハルストレム監督のヒューマンドラマ。
ユアン・マクレガー、エミリー・ブラントが出演している。
スクリーン数がこのままならば、1千万ドル台だろうか。
ラッセ・ハルストレム監督作品は7百~14百万ドル程度が多い。
評価は高いので、多少粘りそうだ。


8位は6週目の「Act of Valor」。
トータルでは68百万ドルとなっている。
製作費12百万ドルをあっさりと回収している。
監督はあまり実績のないMike McCoy、Scott Waugh。
アメリカ海軍を描いたミリタリーアクション・サスペンス作品。
アメリカ海軍も協力している本格的な作品のようだ。

以下の軍を描いた作品が一応参考となるか。
☆07年「キングダム/見えざる敵」トータル48百万ドル
OP17→32→40→44→46→47
☆11年「世界侵略:ロサンゼルス決戦」トータル84百万ドル
OP36→61→73→79→81→82
☆12年「Act of Valor」
OP24→45→56→62→66→68百万ドル→
これらとの対比で考えると「Act of Valor」の興行収入は69~70百万ドルとなる。
7千万ドル突破する可能性もありそうだが、「Act of Valor」の興行収入は先週に引き続き6千万ドル台と予想したい。
評価はそれほど悪くはない程度であり、高い伸びはないだろう。
制作費を考えると、この程度でも十分なヒットではないか。
制作費が20倍違う「ジョン・カーター」と同じ程度稼いでいる。


9位は4週目の「A Thousand Words」。
トータルでは17百万ドルとなっている。
製作費4千万ドルの回収は不可能だろう。
公開前に『「A Thousand Words」はヒットしないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
エディ・マーフィ主演のコメディドラマ。
監督は「デイブは宇宙船」のブライアン・ロビンス。
コケるのは分かっているので、オープニング時のスクリーン数は1890程度に抑えられているが、いつまで主演をやらせるつもりなのだろうか。

最近のエディ・マーフィ主演作品は以下のとおり。
☆08年「デイブは宇宙船」トータル12百万ドル(製作費6千万ドル)
OP05→09→11→11
☆09年「劇的1週間」トータル16百万ドル(製作費55百万ドル)
OP06→12→14→15
☆11年「ペントハウス」トータル78百万ドル(製作費75百万ドル)
OP24→44→54→65
☆12年「A Thousand Words」
OP06→12→15→17百万ドル→
「A Thousand Words」の興行収入は先週に引き続き1千万ドル台と予想したい。
意外と粘っているが、評価は良くないので、伸びはもちろんないだろう。


10位は8週目の「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」。
トータルでは98百万ドルとなっている。
製作費79百万ドルを回収している。
公開前に『主演のポテンシャルに近い数字となりそうだ』に書いたとおりとなりそうだが、思ったよりも粘っている。

監督は10年「キャッツ&ドッグス」(トータル44百万ドル)のブラッド・ペイトン。
主演はドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)、マイケル・ケイン、ジョシュ・ハッチャーソン、ヴァネッサ・ハジェンズ。
実写3Dがまだ一般的ではなかった頃に3D映画として公開されたファミリーアドベンチャー作品の続編。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆08年「センター・オブ・ジ・アース」トータル102百万ドル
OP21→44→60→73→82→88→92→95
☆12年「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」
OP27→53→77→85→91→95→97→98百万ドル→
前作の主演はブレンダン・フレイザー。
前作は3Dが注目を集めて比較的伸びたため、本作は伸びないと思っていたのに伸びている。
やはりファミリー作品は手強い。
前作を超えることはできるだろうか。
これとの対比で考えると、「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」の興行収入は105百万ドルとなる。

ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)主演映画の興行収入は以下の通り。
☆07年「ゲーム・プラン」トータル91百万ドル
OP23→43→59→69→77→82→85→87
☆09年「ウィッチマウンテン」トータル67百万ドル
OP24→44→53→58→62→64→64→65
☆10年「妖精ファイター」トータル60百万ドル
OP14→26→34→42→50→54→56→57
☆10年「Faster」トータル23百万ドル
先12→18→21→23
☆12年「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」
OP27→53→77→85→91→95→97→98百万ドル→
ファミリー向け作品では6千万ドルが標準となるか。
「Faster」以外の作品との対比で考えると、「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」の興行収入は101~103百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くない程度なので高い伸びはないと思ったが、ファミリー作品らしく評価とは関係なく伸びそうだ。
「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」の興行収入は先週に引き続き1億ドル台と予想したい。
2週目まで8千万ドル台、6週目まで1億1千万ドル台と予想していたが、微妙な伸びとなった。
制作費を回収できれば、とりあえず合格と思ったが、ここまでヒットしたので当然続編という話も出てきている。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆コメディ作品「American Reunion」
☆3D作品「タイタニック」
3D化ビジネスは微妙なところだが、「タイタニック」は多少稼ぎそうだ。
「アメリカン・パイ」シリーズの「American Reunion」は時代遅れのような気がする。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。