ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(4月3週目その3)

4位:「劇場版 SPEC~天~」(東宝・TBS)<3週目>
【公開前個人予想】 15億円台
【現時点での興行収入予想】 22億円台(OP時25億円台)
【公開規模】 279スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.8億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは14.6億円となっている。
1週間の伸びは3.8億円弱程度か。
ドラマの平均視聴率は10.5%、特別版は10.7%となっていたが、予想以上のヒットとなっている。
ドラマの視聴者が確実に足を運んだのだろう。
公開前に『ファンが多いはずなので、オープニングは高いはず』と読んでいたので、その辺りをしっかりと加味すればよかった。
ドラマを見ていないと話にならない作品でもあり、今後の伸びが注目される。
内容はあまり良くないので、伸びないとは思うが、ヒットにより注目を集めそうだ。

以下の作品が参考となるか。
☆10年「SP 野望篇」トータル36.3億円(視聴率15.4%)
5.3→15.3→21.1→25.3→29.3→31.3→32.6
☆11年「SP革命篇」トータル33.3億円
2.9→08.7→15.1→20.6→24.3→26.7→28.5→30.1→31.8
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円(視聴率15.4%)
3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆11年「アンフェア the answer」トータル23.4億円
3.1→10.6→15.6→祝19.1→20.7→21.9→22.5→22.9
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円(視聴率11.4%・11.0%)
3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」(視聴率14.9%)
2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5→16.0
☆12年「劇場版 SPEC~天~」
4.7→10.8→14.6億円→
主要作品との対比で考えると、「劇場版 SPEC~天~」の興行収入は21.9~25.1億円となる。
伸びがあるとは思えないが、ゴールデンウィークがあるので多少は伸びそうだ。

「劇場版 SPEC~天~」14.6億円と3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「SP革命篇」15.1億円(トータル33.3億円)
☆「アンフェア the answer」15.6億円(トータル23.4億円)
☆「モテキ」祝13.0億円(トータル22.2億円)
「SP革命篇」以外との対比で考えると、「劇場版 SPEC~天~」の興行収入は21.9~24.9億円となる。
マニアックな作品であり、高い伸びはないだろうが、ゴールデンウィークもあり、多少は伸びるだろう。
「劇場版 SPEC~天~」の興行収入は22億円台と予想したい。
オープニング時には25億円台と予想していたが、やはり高い伸びはなかったようだ。
しかし、20億円を超えれば大ヒットといえるだろう。
評価が良いとは思えないが、続編の可能性は高まった。
公開前個人予想は15億円台だったので、低すぎたか。
「アンフェア」「ライアーゲーム」並と考えればよかったが、視聴率からは強気になれない。


5位:「バトルシップ」(ユニバーサル)<2週目>
【公開前個人予想】 11億円台
【現時点での興行収入予想】 15億円台
【公開規模】 546スクリーン(先週比+1スクリーン)
1.7億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは7.6億円弱となっている。
1週間の伸びは3.9億円半ば程度か。
オープニングは高かったが、伸びは良くない。
しかし、思ったよりも稼ぎそうだ。
公開前に『ユニバーサル100周年記念作品らしいが、キャスティングに魅力がなく、盛り上がりには欠ける。浅野忠信も効果はないだろう。「トランスフォーマー」風ではあるが、そのようなヒットにはならないだろう。本格的な作品も日本人にはあまり好まれない』と書いたが、この手の作品は受けるようだ。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年公開「トランスフォーマー」トータル40.1億円
OP6.3→16.0→28.5→32.1→35.4→37.2→祝38.9→39.4
☆09年公開「トランスフォーマー/リベンジ」トータル23.2億円
先金5.6→12.1→16.5→19.4→20.8→21.9
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル42.5億円
金8.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8→41.0→41.7
☆12年公開「バトルシップ」
金3.6→7.6億円→
これらとの対比で考えると、「バトルシップ」の興行収入は14.6~19.0億円となる。
この下限辺りが落ち着きどころか。

ゴールデンウィークに公開された洋画作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「シャッターアイランド」トータル17.0億円
金3.4(OP2.7)→8.3→11.0→13.3→15.4→16.0
☆10年公開「第9地区」トータル8.3億円
OP1.7→4.2→5.5→6.6→7.6
☆11年公開「ガリバー旅行記」トータル15.6億円
金2.8(OP2.4)→5.9→9.3→14.1→15.0→15.4
☆12年公開「バトルシップ」
金3.6→7.6億円→
これらとの対比で考えると、「バトルシップ」の興行収入は15.0~20.1億円となる。
14~15億円辺りが落ち着きどころか。

「バトルシップ」7.6億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「ツーリスト」7.5億円(トータル18.7億円)
☆「ワイルド・スピード」8.7億円(トータル14.4億円)
☆「アンストッパブル」6.7億円(トータル10.8億円)
これらとの対比で考えると、「バトルシップ」の興行収入は12.3~18.9億円となる。
12億円台がミニマムとなるが、ゴールデンウィークもあり、もうちょっと伸びるだろう。
洋画の他の作品が不甲斐ないので、「バトルシップ」の興行収入は15億円台と予想したい。
公開前個人予想は11億円台だったので、低すぎた。
ヒットはしないとは思ったが、この手の作品はさすがに多少は受けるようだ。
しかし、記念作品としては物足りない結果となりそうだ。
配給元はもうちょっと稼げると思っていただろう。


8位:「Black & White/ブラック & ホワイト」(20世紀フォックス)<1週目>
【公開前個人予想】 2億円台
【現時点での興行収入予想】 5億円台
【公開規模】 428スクリーン
1.0億円のオープニングを飾った。
金曜日から公開されており、トータルでは1.4億円となっている。
水曜日には先行公開していたはず。
先週『金曜日からのオープニングは水曜日の先行込みで8千万円程度か』と書いたので、予想よりも高かった。
さすがに「タイタンの逆襲」と同程度稼ぐとは思えなかった。
主演3人の知名度も日本では高くはなく、おフザケのようなワルノリ映画、絶対にコケると思ったが、分からないものだ。
ユニークな作風が受けたのか。

アメリカではアクションコメディは最近増えてきている。
☆10年公開「ナイト&デイ」トータル23.1億円
先3日6.8(OP5.0)→11.9→16.0→18.8→20.9→22.0→22.5→22.8
☆12年公開「Black & White/ブラック & ホワイト」
金1.4(OP1.0)億円→
先行などがあるので複雑な計算を用いて、これとの対比で考えると、「Black & White/ブラック & ホワイト」の興行収入は4.7億円となる。
伸びるとは思えないが、ゴールデンウィークもあり、4~5億円程度が落ち着きどころか。

ゴールデンウィークに公開された洋画作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「シャッターアイランド」トータル17.0億円
金3.4(OP2.7)→8.3→11.0→13.3→15.4→16.0
☆10年公開「第9地区」トータル8.3億円
OP1.7→4.2→5.5→6.6→7.6
☆11年公開「ガリバー旅行記」トータル15.6億円
金2.8(OP2.4)→5.9→9.3→14.1→15.0→15.4
☆12年公開「Black & White/ブラック & ホワイト」
金1.4(OP1.0)億円→
これらとの対比で考えると、「Black & White/ブラック & ホワイト」の興行収入は5.3~7.8億円となる。
伸びがある作品ではないだろう。

「Black & White」金1.4億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2011>
☆「ツリー・オブ・ライフ」金1.4億円(トータル6.2億円)
☆「ウォール・ストリート」金1.5億円(トータル5.5億円)
☆「サンクタム」金1.3億円(トータル4.1億円)
これらとの対比で考えると、「Black & White」の興行収入は4.4~6.2億円となる。
ゴールデンウィークもあり、多少の上乗せは必要か。
「Black & White」の興行収入は5億円台と予想したい。
公開前個人予想は2億円台だったので、低すぎた。
コケるとは思ったので、後悔はしていない。
予告編のデキは悪くなかったので、受けが良かったのか。
配給会社はもっと稼ぐと思っていただろうが、十分なところではないか。


9位:「ももへの手紙」(角川)<1週目>
【公開前個人予想】 2億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 276スクリーン
7.7千万円半ばのオープニングを飾った。
4月7日から広島県・愛媛県で先行公開されており、トータルでは9.0千万円弱となっている。
公開前に『オープニングは6千万円程度か』と書いたので、予想よりも高かった。
「ライダー」「コナン」「クレヨン」などが公開されており、相手が悪いと思ったため、低めに予想した。
公開前に『良い映画とは思うが、ヒットしやすいタイプの映画ではないだろう。アニメ作品ではあるが、ゴールデンウィークのファミリー向けに最適ともいいがたい』と書いたが、ヒットとはいえないものの予想よりも稼ぐか。

以下の作品のような結果になると思っていた。
☆10年「昆虫物語みつばちハッチ ~勇気のメロディ~」トータル3.1億円
OP0.5→1.4→2.2
☆10年「それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌」トータル3.0億円
OP0.4→0.9→1.5→1.9→2.3
☆11年「豆富小僧」トータル3.9億円
金1.3(OP1.0)→3.2→3.6→3.8
☆12年「ももへの手紙」
先0.9(OP0.8)億円→
これらとの対比で考えると、「ももへの手紙」の興行収入は2.9~6.1億円となる。
ゴールデンウィークもあるので、「ももへの手紙」の興行収入は4億円台と予想したい。
公開前個人予想は2億円台だったので、低すぎた。
ヒットしないと思ったので低めに予想したが、ゴールデンウィークも加味すべきだった。
成功とはいえないが、完全な失敗ともいえない結果になりそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。