ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(5月第3週目)

1位は3週連続「アベンジャーズ」。
トータルでは457百万ドルとなっている。
製作費2億2千万ドルを楽に回収している。
既にアメリカ興行史上6位の成績となっている。
公開前に『3億ドル超の大ヒットは間違いないだろうが、「ハンガー・ゲーム」には勝てないか』と書いたが、アメリカ興行歴代1位となる200.3百万ドルという異次元のオープニングを飾った。
「トランスフォーマー」レベルかと思ったが、やはりこれだけ揃うと破壊力が異なった。
アイアンマン、キャプテン・アメリカ、マイティ・ソーなどのヒーローが終結するアクションアドベンチャー。
監督はあまりヒット実績のないジョス・ウェドン。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「アイアンマン」トータル318百万ドル
先102→178→223→253→276→289→298→305
☆10年「アイアンマン2」トータル312百万ドル
OP128→211→251→275→291→299→305
☆11年「マイティ・ソー」トータル181百万ドル
OP66→119→145→160→169→174→176
☆11年「キャプテン・アメリカ」トータル177百万ドル
OP65→117→143→157→165→169→172
☆12年「アベンジャーズ」
OP207→373→457百万ドル→
「アイアンマン」以外の作品との対比で考えると、「アベンジャーズ」の興行収入は566~571百万ドルとなる。

当面のライバルは以下のとおり。
☆08年「ダークナイト」トータル533百万ドル
OP158→214→394→442→471→489→502→512
☆11年「ハリー・ポッター死の秘宝 PartⅡ」トータル381百万ドル
OP169→274→319→343→357→366→371→375
☆12年「ハンガー・ゲーム」
OP153→248→302→337→357→372→381→387
☆12年「アベンジャーズ」
OP207→373→457百万ドル→
「ハリポタ」との対比で考えると、「アベンジャーズ」の興行収入は546百万ドルとなる。
評価も恐ろしく高くなっており、正直、どこまで伸びるかは検討が付かないが、アメリカ興行収入歴代3位の「ダーク・ナイト」トータル533百万ドルレベルを超えそうだ。
当面は5億3千万ドル程度と考えておきたいと書いたが、6億ドルまで伸びるのではないか。
歴代4位が「スター・ウォーズEP1」トータル475百万ドルなので、超えるのは確実。
歴代1位の「アバター」トータル761百万ドル、歴代2位の「タイタニック」トータル658百万ドルまでは伸びないだろう。


2位となったのは新作の「バトルシップ」。
25.3百万ドルという中途半端なオープニングを飾った。
製作費209百万ドルの回収は不可能だ。
公開前に『高いヒットにはならないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
テイラー・キッチュ主演のアクション作品。
監督はピーター・バーグ。

テイラー・キッチュは「ジョン・カーター」に続いてやらかしたか。
☆12年「ジョン・カーター」トータル72百万ドル(製作費250百万ドル)
OP30→53→62→66→68
☆12年「バトルシップ」(製作費209百万ドル)
OP25百万ドル→
これとの対比で考えると、「バトルシップ」の興行収入は60百万ドルとなる。
これ以上は伸びるだろう。
どれだけ損害を与えるつもりなのだろうか。
しかし、テイラー・キッチュが悪いというよりも、実績のない俳優に大作を任せるスタジオが悪い。
将来性のある若者がこれらの失敗でダメにならないことを祈りたい。

ピーター・バーグ監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「キングダム/見えざる敵」トータル48百万ドル
OP17→32→40→44→46→47
☆08年「ハンコック」トータル228百万ドル
先104(OP63)→164→192→206→216→222
☆12年「バトルシップ」(製作費209百万ドル)
OP25百万ドル→
これらとの対比で考えると、「バトルシップ」の興行収入は71~74百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くない程度なので、高い伸びはないだろう。
「バトルシップ」の興行収入は7千万ドル台と予想したい。
ハズブロ系だからといって、「トランスフォーマー」並に稼げると思ったのだろうか。
完全にコケたといえるだろう。


3位となったのは新作の「The Dictator」。
17.4百万ドルのオープニングを飾った。
水曜日から公開されており、トータルでは24百万ドルとなっている。
製作費65百万ドルの回収が目標となる。
公開前に『高いヒットにはならないだろう』と書いたが、コケてはいない。
そろそろ飽きられる頃だと思ったが、踏みとどまった。
サシャ・バロン・コーエン主演のコメディ作品。
監督はいつも通りラリー・チャールズ。

サシャ・バロン・コーエンとラリー・チャールズが組んだ作品の興行収入は以下の通り。
☆06年「ボラット」トータル129百万ドル
OP26→67→91→109→116→120
☆09年「ブルーノ」トータル60百万ドル
OP31→50→57→59→60→60
☆12年「The Dictator」
先24(OP17)百万ドル→
これらとの対比で考えると、「The Dictator」の興行収入は33~84百万ドルとなる。
先行分を足すと40~91百万ドルとなる。
評価は高いのである程度は伸びそうだ。
この中間程度と考えて、「The Dictator」の興行収入は6千万ドル台と予想したい。
「ブルーノ」を超えることが目標となる。


4位は2週目の「ダーク・シャドウ」。
トータルでは51百万ドルとなっている。
さすがに「アベンジャーズ」という高い壁にぶち当たった。
製作費1億5千万ドルの回収は厳しいだろう。
公開前に『そこまで高いヒットにはならないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
監督ティム・バートンと主演ジョニー・デップのゴールデンコンビ。
ミシェル・ファイファー、ヘレナ・ボナム・カーター、クロエ・モレッツなどが主演している。

ゴールデンコンビの興行収入は以下のとおり。
☆05年「チャーリーとチョコレート工場」トータル206百万ドル
OP56→114→148→169→184→193
☆05年「コープス・ブライド」トータル53百万ドル
OP0.4→20→33→42→48→51
☆07年「スウィーニー・トッド」トータル53百万ドル
OP09→27→39→44→48→51→52→52
☆10年「アリス・イン・ワンダーランド」トータル334百万ドル
OP116→209→265→294→310→319→324
☆12年「ダーク・シャドウ」
OP30→51百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「ダーク・シャドウ」の興行収入は82~100百万ドルとなる。
評価もそれほど悪くはない程度であり、高い伸びはないだろう。
「ダーク・シャドウ」の興行収入は先週に引き続き9千万ドル台と予想したい。
アメリカではジョニー・デップの人気がやや落ちているのかもしれないが、本作はやや微妙なテイストであり、仕方がないところもある。
ファミリーも動きにくい作品でもある。


5位となったのは新作の「What to Expect When You're Expecting」。
10.5百万ドルという低めのオープニングを飾った。
公開前に『女性の支持を集めそうであり、「What to Expect When You're Expecting」はヒットしそうだ』と書いたが、外してしまった。
キャメロン・ディアス、ジェニファー・ロペスなどが出演するラブコメ作品。
出産などがテーマのようだ。
監督は、98年「ウェイクアップ!ネッド」トータル25百万ドル、05年「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」トータル47百万ドル、09年「みんな元気」トータル9百万ドルのカーク・ジョーンズ。

キャメロン・ディアスが主演した作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「ホリデイ」トータル63百万ドル
OP13→25→35→50→59
☆08年「ベガスの恋に勝つルール」トータル80百万ドル
OP20→40→54→66→72
☆11年「バッド・ティーチャー」トータル100百万ドル
OP32→60→79→88→94
☆12年「What to Expect When You're Expecting」
OP11百万ドル→
これらとの対比で考えると、「What to Expect When You're Expecting」の興行収入は34~53百万ドルとなる。
評価は普通なので高い伸びはないだろう。
「What to Expect When You're Expecting」の興行収入は3千万ドル台となりそうだ。
キャメロン・ディアスが出演するラブコメなのでヒットすると思ったが、キャメロン・ディアス主演作というよりも、アンサンブルキャストのような作品であり、その辺りの影響があったか。
コケたといえるのではないか。


6位は3週目の「The Best Exotic Marigold Hotel」。
トータルでは8百万ドルとなっている。
オープニング時27スクリーンから、2週目に178スクリーンに拡大公開された。
スクリーン数はそのままだが、週末の興行収入が先週より上がっている。
98年「恋におちたシェイクスピア」(トータル100百万ドル)のジョン・マッデン監督作品。
トム・ウィルキンソン、ジュディ・デンチが出演している。
ジョン・マッデン監督作品の01年「コレリ大尉のマンドリン」トータル26百万ドル、05年「プルーフ・オブ・ライフ」トータル8百万ドル、11年「The Debt」トータル31百万ドルとなっている。
評判は高いが、この規模のままならば、1~2千万ドルとなりそうだ。


7位は9週目の「ハンガー・ゲーム」。
トータルでは391百万ドルとなっている。
4億ドルが迫ってきたが、果たして超えられるだろうか。
製作費78百万ドルを一瞬で回収していた。
当時では、152.5百万ドルという「ハリポタ最終作」「ダークナイト」に次ぐ歴代3位のオープニングを飾っており、4週連続で興行収入首位となった作品。
公開前に『1億ドルを超えるオープニングと言われているが、どうなるだろうか』と書いたように、半信半疑なところはあったが、楽に超えていた。
アメリカ版「バトル・ロワイヤル」と言われているアクションアドベンチャー作品。
監督は、03年「シービスケット」(トータル120百万ドル)のゲイリー・ロス。
主演は、「ウィンターズ・ボーン」「X-MEN」ジェニファー・ローレンス。
ジョシュ・ハッチャーソン、エリザベス・バンクス、スタンリー・トゥッチ、ウディ・ハレルソンなどが出演している。

以下の作品が参考となるだろう。
☆11年「ハリー・ポッター死の秘宝 PartⅡ」トータル381百万ドル
OP169→274→319→343→357→366→371→375→377→378
☆11年「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル352百万ドル
先163(OP98)→261→303→326→338→344
☆11年「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン1」トータル281百万ドル
OP138→221→247→259→266→270
☆11年「ハングオーバー!!」トータル254百万ドル
先118(OP86)→186→216→233→244→248
☆12年「ハンガー・ゲーム」
OP153→248→302→337→357→372→381→387→391→
去年の興行収入トップの「ハリー・ポッター死の秘宝 PartⅡ」トータル381百万ドルを超えた。
「ハリー・ポッター死の秘宝 PartⅡ」との対比で考えると、「ハンガー・ゲーム」の興行収入は395百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、まだまだ伸びはありそうだ。
「ハンガー・ゲーム」の興行収入は3週目まで3億5千万ドル前後、5週目まで3億8千万ドル台と予想していたが、先週に引き続き3億9千万ドル台と予想したい。
「ハリー・ポッター死の秘宝 PartⅡ」トータル381百万ドルを超えて、歴代14位の記録となる。
歴代13位の「トランスフォーマー/リベンジ」トータル402百万ドルには届くだろうか。
「SAW」シリーズなどで有名な製作会社ライオンズゲートにとって、初めての大ヒット作品となった。


8位は5週目の「Think Like a Man」。
トータルでは86百万ドルとなっている。
製作費12百万ドルの7倍以上を回収しており、サプライズヒットとなった。
関係者は相当喜んでいるだろう。
公開前に『それなりには稼ぐはずだ』と思ったが、ここまで高いヒットになるとは思わなかった。
主演はマイケル・イーリーなど。
ブラック層向けのコメディ作品。

監督はティム・ストーリーであり、実績は意外と高い。
☆02年「バーバーショップ」トータル76百万ドル
OP21→38→51→60→65→69
☆04年「TAXY NY」トータル37百万ドル
先13→24→30→33→35→35
☆05年「ファンタスティック・フォー」トータル155百万ドル
OP56→100→123→136→144→149
☆07年「ファンタスティックフォー/銀河の危機」トータル132百万ドル
OP58→097→115→124→127→129
☆12年「Think Like a Man」
OP34→060→073→082→086百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Think Like a Man」の興行収入は89~101百万ドルとなる。
評価は普通程度なので、高い伸びはないとは思ったが、ここまで話題になればその宣伝効果も高い。
「Think Like a Man」の興行収入は先週に引き続き9千万ドルと予想したい。
オープニング時には8千万ドル台、2~3週目まで1億ドル突破と予想したが、微妙な伸びとなった。
しかしながら、制作費を踏まえれば、ビッグヒットといえるだろう。
既に製作されているが、この手の作品はもっと増えていくはずだ。


9位は5週目の「The Lucky One」。
トータルでは57百万ドルとなっている。
公開前に『ニコラス・スパークス原作の「The Lucky One」はどうせ大ヒットするだろう』と書いたが、似たような映画の「The Vow」のオープニングが41百万ドル(トータル124百万ドル)となっているので、意外と普通のオープニングとなっていた。
ザック・エフロン主演、テイラー・シリング共演のラブストーリー。
監督は「シャイン」「幸せのレシピ」のスコット・ヒックス。

ニコラス・スパークス原作作品の興行収入は以下の通り。
☆99年「メッセージ・イン・ア・ボトル」トータル53百万ドル
OP17→32→41→46→49→51→51→51
☆02年「ウォーク・トゥ・リメンバー」トータル41百万ドル
OP12→23→30→35→38→39→40→40
☆04年「きみに読む物語」トータル81百万ドル
OP13→29→43→54→62→68→72→75
☆08年「最後の初恋」トータル42百万ドル
OP13→25→32→37→39→40→41→41
☆10年「ラスト・ソング」トータル63百万ドル
先25(OP16)→42→50→55→59→60→61→62
☆10年「親愛なるきみへ」トータル80百万ドル
OP30→54→66→72→77→79→79→79
☆12年「The Lucky One」
OP23→39→48→54→57百万ドル→
「きみに読む物語」以外の作品との対比で考えると、「The Lucky One」の興行収入は59~62百万ドルとなる。
評価は普通なので、高い伸びはないだろう。
「The Lucky One」の興行収入は先週に引き続き6千万ドル台と予想したい。
「ラスト・ソング」がライバルとなりそうだ。
ニコラス・スパークス原作はもっと稼いでいると思ったが、そこまで高い興行収入にならないようだ。
ザック・エフロンの人気もそこまで高くはないのか。
しかし、この程度稼げば一応は合格レベルだろう。


10位は4週目の「The Pirates! Band of Misfits」。
トータルでは25百万ドルとなっている。
製作費55百万ドルの回収が目標となるが、無理のようだ。
公開前に『他のアニメ作品ほどヒットしない』と書いたとおりとなりそうだが、予想以上に苦戦している。
ソニー製作の3Dアニメ。
監督は00年「チキン・ラン」トータル107百万ドルのピーター・ロード。

ソニー系のアニメ作品が参考となりそうだ。
☆06年「オープン・シーズン」トータル85百万ドル
OP24→44→59→70→77→81→84
☆06年「モンスター・ハウス」トータル74百万ドル
OP22→44→57→64→67→69→71
☆09年「くもりときどきミートボール」トータル125百万ドル
OP30→50→82→96→108→115→119
☆11年「アーサー・クリスマスの大冒険」トータル46百万ドル
先16(OP12)→25→33→39
☆12年「The Pirates! Band of Misfits」
OP11→19→23→25百万ドル→
これらとの対比で考えると、「The Pirates! Band of Misfits」の興行収入は29~35百万ドルとなる。
評価は高いので、ある程度の伸びはあるだろうが、限界がありそうだ。
「The Pirates! Band of Misfits」の興行収入は2週目まで4千万ドル台と予想していたが、先週に引き続き3千万ドル台と予想したい。
制作費を回収できず、この程度では成功とは言えず、コケたといえそうだ。
ファミリー作品らしい粘りを発揮させることはできればよいが、難しいだろう。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆SFコメディ「MIB3」
☆ホラー作品「Chernobyl Diaries」
「MIB3」は前作以下か。
「Chernobyl Diaries」は「パラノーマル」のような大ヒットはしないだろうが、そこそこ稼ぐだろう。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。