ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(5月3週目その2)

動員2位:「テルマエ・ロマエ」(東宝)<4週目>
【公開前個人予想】 15~16億円台
【現時点での興行収入予想】 4週目46~47億円
【配給会社期待値等】興収30億円突破に向け大ヒットスタート
【公開規模】 先週304スクリーン
トータルでは36.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは7.0億円半ば程度だろうか。
オープニング時の配給会社の期待を楽に超えている。
人気漫画の原作、コメディ系作品の強さ、お風呂や古代ローマという幅広い層に受ける題材、題名の斬新さ、阿部寛や上戸彩といったクリーンな俳優の起用などが当たり、ヒットがヒットを呼び込む結果となった。
東宝のお膝元である有楽町・日比谷界隈では、「コナン」「クレヨン」「宇宙兄弟」「僕等がいた」などにビッグスクリーンを譲り、ミニシアターで公開するほどの仕打ちを受けていたので、ここまでのヒットになるとは思っていなかっただろう。

ゴールデンウィーク作品なので、ゴールデンウィーク作品と比較したい。
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」トータル118.0億円
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4→101.0→107.1→111.5
☆12年「テルマエ・ロマエ」
4日8.6→22.2→30.0→36.6億円→
これとの対比で考えると、「テルマエ・ロマエ」の興行収入は51.5億円となる。
50億円を超えない程度が落ち着きどころか。

以下の作品がライバルとなる。
☆09年「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」トータル41.0億円
OP3.9→不明→22.1→祝29.9→32.7→35.1→36.8→37.8→38.6
☆09年「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」トータル44.1億円
OP8.7→21.3→27.9→32.4→38.7→40.7→祝42.2→42.7
☆10年「告白」トータル38.5億円
OP2.7→8.9→15.5→21.6→27.1→30.8→祝込33.7→35.1
☆10年「SPACE BATTLESHIP ヤマト」トータル41.0億円
5日9.4→17.6→22.9→27.0→31.6→祝36.8→38.1→39.1→39.7
☆11年「ステキな金縛り」トータル42.8億円
OP5.0→16.2→22.5→27.6→32.4→35.4→37.3→38.6
☆12年「ALWAYS 三丁目の夕日'64」
OP5.6→14.3→20.3→24.9→28.0→30.4→31.8→32.6→33.1
☆12年「テルマエ・ロマエ」
4日8.6→22.2→30.0→36.6億円→
GW公開のため、単純比較はしにくいが、これらとの対比で考えると、「テルマエ・ロマエ」の興行収入は49.8~65.2億円となる。
さすがにここまでは伸びないだろう。
50億円を超えないと思われるので、「テルマエ・ロマエ」の興行収入は46~47億円と予想したい。
公開前個人予想は15~16億円台だったので、完全に外れた。
公開前に本作が40億円を超えると予想できるはずがない。


動員3位:「貞子3D」(角川)<2週目>
【公開前個人予想】 7億円台
【現時点での興行収入予想】 11億円
【公開規模】 先週214スクリーン
トータルでは6.2億円弱となっている。
1週間の伸びは3.7億円程度だろうか。
やはり、それほど高い伸びではないようだ。
高い伸びではないが、それなりには稼ぎそうだ。
公開前に『過去のように大ヒットするとは思えないが、知名度抜群のネタであり、それなりには稼ぐだろう。最近のホラー作品より稼ぐのではないか』と書いたが、やはりネタ的にはインパクトがある題材だった。
角川系作品であり、爆発的なヒットにはならないだろうと予想したが、果たして、どうなるだろうか。

ジャパニーズホラーはあまりヒットしていないので、アメリカのホラーと比較したい。
☆10年「パラノーマル・アクティビティ」トータル5~6億円
OP1.0→2.6→4.0→4.8
☆10年「パラノーマル・アクティビティ第2章TOKYO NIGHT」トータル2億円見込み
OP0.4→1.2→1.6→1.9→2.0
☆10年「SAW ザ・ファイナル 3D」トータル3.6億円
OP0.7→1.9→2.5→3.0→3.3
☆11年「パラノーマル・アクティビティ2」トータル4.3億円
祝3日1.2(OP0.7)→2.5→3.3→3.7→4.0
☆11年「パラノーマル・アクティビティ3」トータル3.7億円
火1.5(OP0.6)→2.3→2.9→3.4
☆12年「貞子3D」
OP2.5→6.2億円→
これらとの対比で考えると、「貞子3D」の興行収入は10.0~10.7億円となる。
さすがに二桁は超えたいところだろう。
大きくは伸びないだろうが、この対比を超える程度が落ち着きどころか。
しかし、評判が著しく悪いので、超えない可能性がありそうだ。

「貞子3D」6.2億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「パラダイス・キス」5.8億円(トータル13.9億円)
☆「八日目の蝉」6.1億円(トータル12.4億円)
☆「あしたのジョー」6.2億円(トータル11.0億円)
これらとの対比で考えると、「貞子3D」の興行収入は11.0~14.9億円となる。
悪くても13億円台を狙えるオープニングだったが、対象作品が当然下がった。
評判が著しく悪く、伸びは全くないと思われるので、「貞子3D」の興行収入は先週に引き続き11億円台と予想したい。
公開前個人予想は7億円台だったので、低すぎたか。
00年「リング0 バースデイ」がトータル16.0億円(同時上映作品アリ)を稼いでいるが、そこまで強気にはなれない。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。