ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(5月3週目その3)

動員4位:「宇宙兄弟」(東宝)<3週目>
【公開前個人予想】 18億円台
【現時点での興行収入予想】 16億円台(OP時22~23億円)
【配給会社期待値等】最終興収25億円超えに向け大ヒットスタートを切った
【公開規模】 先週322スクリーン
トータルでは10.5億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.9億円程度だろうか。
伸びがイマイチとなっている。
やはり、オープニングはゴールデンウィーク特需だったようだ。

小栗旬主演の人気漫画原作作品ということであり、同じく小栗旬主演の人気漫画原作の「岳-ガク-」が参考となるだろう。
こちらはゴールデンウィーク明けの公開だった。
☆11年「岳-ガク-」トータル15.9億円
OP2.6→7.2→10.3→12.8→14.2→15.0
☆12年「宇宙兄弟」
OP3.8→7.6→10.6億円→
なぜか差がほとんどなくなってしまった。
これとの対比で考えると、「宇宙兄弟」の興行収入は16.4億円となる。
この程度が落ち着きどころか。

本作の脚本を手がけた大森美香が手がけた作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「デトロイト・メタル・シティ」トータル23.4億円
OP3.5→10.2→14.5→祝込18.2→20.1→21.7→22.4→祝22.8
☆09年「カイジ 人生逆転ゲーム」トータル22.5億円
祝3日5.3→10.0→14.1→17.2→19.7→20.9→祝込21.6→21.9
☆12年「宇宙兄弟」
OP3.8→7.6→10.6億円→
これらとの対比で考えると、「宇宙兄弟」の興行収入は16.9~17.1億円となる。
やはり、この程度だろうか。

「宇宙兄弟」10.6億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「アンダルシア」10.8億円(トータル18.8億円)
☆「岳 ガク」10.3億円(トータル16.3億円)
☆「プリンセス トヨトミ」10.7億円(トータル16.2億円)
これらとの対比で考えると、「宇宙兄弟」の興行収入は16.0~18.5億円となる。
評判は悪くはなく、ほとほどに伸びるのではないかと思ったが、厳しいのだろうか。
オープニング時に22~23億円と予想したが、『ゴールデンウィーク特需の可能性も高い』と書いたとおりとなってしまった。
「宇宙兄弟」の興行収入は先週に引き続き16億円台と予想したい。
やはり「岳 ガク」程度となるか。
しかしながら、原作漫画の人気がよく分からないが、悪くはない結果を残しそうだ。
公開前個人予想は18億円台だったので、悪くはない結果となりそうだ。
小栗旬の人気にやや懐疑的なので、高くは予想できないが、低い予想もしにくい。


動員5位:「名探偵コナン 11人目のストライカー」(東宝・日本テレビ)<6週目>
【公開前個人予想】 30億円台
【現時点での興行収入予想】 33億円台(OP~2週目36億円台)
【公開規模】 先週351スクリーン
トータルでは30.9億円となっている。
1週間の伸びは1.1億円半ば程度だろうか。
公開前に『人気が落ちている感じはない』とは書いたが、人気が上がっているという印象はなかった。
しかし、例年よりも好調な動きとなっている。
今年公開されたどの映画よりも高いオープニング成績となっていた。

過去の「名探偵コナン」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆97年「時計じかけの摩天楼」トータル11.0億円
☆98年「14番目の標的(ターゲット)」トータル18.5億円
☆99年「世紀末の魔術師」トータル26億円
☆00年「瞳の中の暗殺者」トータル25.0億円
☆01年「天国へのカウントダウン」トータル29.0億円
☆02年「ベイカー街の亡霊」トータル33.8億円
☆03年「迷宮の十字路」トータル32.0億円
☆04年「銀翼の奇術師」トータル28.0億円
☆05年「水平線上の陰謀(ストラテジー)」トータル21.5億円
2.8→06.1→08.3→12.6→18.3→19.3
☆06年「探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)」トータル30.3億円<10周年記念>
5.4→10.3→14.9→25.4→27.2→28.5→29.3
☆07年「紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)」トータル25.3億円
4.5→09.5→20.2→21.9→23.2→24.0→24.5
☆08年「戦慄の楽譜(フルスコア)」トータル24.2億円
4.2→08.5→祝込19.0→20.6→21.8→22.7→23.3
☆09年「漆黒の追跡者(チェイサー)」トータル35.0億円
5.9→12.5→20.1→29.5→31.6→32.9→33.8
☆10年「天空の難破船(ロスト・シップ)」トータル32.0億円
5.6→11.4→18.7→26.8→28.6→30.0→30.8
☆11年「沈黙の15分(クォーター)」トータル31.5億円
5.5→11.5→18.2→26.3→28.1→29.4→30.3→30.8
☆12年「11人目のストライカー」
6.3→12.6→17.3→28.1→29.8→30.9億円→
近5年との対比で考えると、今年の興行収入は32.6~33.1億円となる。
過去最高の09年「漆黒の追跡者(チェイサー)」トータル35.0億円を超すことが目標だったが、厳しくなってきた。
2週目までは並んでいたが、ゴールデンウィーク中の稼ぎが普通だった。
今年の興行収入は33億円台となりそうだ。
2週目まで36億円台と予想したが、そこまでの伸びはなかった。
公開前個人予想は30億円台だったので、微妙な結果となりそうだ。
今年は例年に比べて高いとは予想できなかった。
それにしても、今年の「ドラえもん」を含めて、アニメ作品は好調だ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。