ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(6月1週目その1)

動員4位:「ファイナル・ジャッジメント」(日活)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 6~7億円
【公開規模】 198スクリーン
1.2億円弱(117,507,500円)のオープニングを飾った。
ランキング入りすることは分かっていたが、あえて予想はしなかった。
思ったよりも低い出足という印象。

関係作品の興行収入は以下のとおり。
☆94年「ノストラダムス戦慄の啓示」不明
☆97年「ヘルメス 愛は風の如く」トータル7.4億円
☆00年「太陽の法 エル・カンターレへの道」トータル14.6億円
☆03年「黄金の法 エル・カンターレの歴史観」トータル17.0億円
☆06年「永遠の法 エル・カンターレの世界観」トータル12.5億円
OP0.9→2.3→3.8→5.0
☆09年「仏陀再誕」トータル8.6億円
OP1.6→3.3→4.7→5.9→8.4
☆12年「ファイナル・ジャッジメント」
OP1.2億円→
これらはアニメ作品だが、本作は実写作品のようだ。
「仏陀再誕」との対比で考えると、「ファイナル・ジャッジメント」の興行収入は6.5億円となる。
どう伸びるのかよく分からなく、考えても仕方ないので、とりあえず「ファイナル・ジャッジメント」の興行収入は6~7億円と予想したい。
いったいどのような映画なのだろうか。
他者に迷惑を掛けなければ、いかなる宗教を信じようとも自由だと思っている。


動員7位:「外事警察 その男に騙されるな」(東映・NHK)<1週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 235スクリーン
7.2千万円(72,291,600円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは6千万円程度だろうか』と書いたので、だいたい予想どおり。
公開前に『本格的な作品のようには感じられるが、このような映画は一般向けではなく、ヒットしないはずだ』と書いたとおりとなりそうだ。

2009年に放送されたNHKドラマの映画化。
視聴率は5.2%程度。
渡部篤郎、尾野真千子、真木よう子、キム・ガンウが出演している。

NHK系が手がけたテレビドラマの映画化の興行収入は以下のとおり。
☆09年「ハゲタカ」トータル8.3億円
OP1.5→4.1→5.6→6.6→7.3
☆11年「セカンドバージン」トータル4.3億円
祝3日0.9(OP0.5)→2.3→祝3.2→3.7→4.0
☆11年「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」
木0.5(OP0.3)→0.8
☆12年「劇場版テンペスト3D」
先込0.3(OP0.2)
☆12年「外事警察 その男に騙されるな」
OP0.7億円→
「ハゲタカ」以外は迷走している。
これらに比べるとマシなのかもしれない。
「ハゲタカ」との対比で考えると、「外事警察 その男に騙されるな」の興行収入は3.9億円となる。
これを下回るか。

「外事警察 その男に騙されるな」0.7億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2011>
☆「毎日かあさん」0.8億円(トータル6.0億円)
☆「アントキノイノチ」0.9億円(トータル5.1億円)
☆「一命」0.9億円(トータル4.5億円)
☆「白夜夜」0.8億円(トータル4.2億円)
「毎日かあさん」以外の暗めの作品の興行収入は似ている。
「毎日かあさん」以外の作品との対比で考えると、「外事警察 その男に騙されるな」の興行収入は3.5~4.0億円となる。
「外事警察 その男に騙されるな」の興行収入は3億円台と予想したい。
公開前個人予想は3億円台だったので、当たりそうだ。
この手の暗めの作品はこの程度になっても仕方がない。
予想以上にはコケてはいないので、個人的にはポテンシャルどおりに稼ぎそうだという印象。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。