ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(6月5週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「アメイジング・スパイダーマン」(ソニー)
土日に先行公開されていたが、具体的な数字は不明。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年「スパイダーマン」トータル75.0億円
☆04年「スパイダーマン2」トータル67.0億円
☆07年「スパイダーマン3」トータル71.2億円
6日31.9→43.6→52.3→58.1→62.3
日本では稼ぎにくいアメコミ作品でありながら、物凄い高い興行収入となっている。
ただ、リブートしてしまい、キャストを一新し、過去のシリーズとは分断される。
新しいキャストは日本人には知名度は低く、また、本作そのものに対しても盛り上がりが高まっているとも思えない。
前作よりも、かなり下がるのではないだろうか。
去年の年末に公開された「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」トータル53~54億円見込みを超えないと考えたい。
ただ、去年公開された「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」トータル42.5億円は超えるだろう。
50億円前後の興行収入となるのではないか。
知名度のあるシリーズなので50億円台には乗せると考えて、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は51億円台と予想したい。
先行を除くオープニングは7.5億円程度か。


◎「臨場 劇場版」(東映・テレビ朝日)
横山秀夫原作のテレビ朝日で放送されていた内野聖陽主演の事件モノドラマ。
シリーズの平均視聴率は09年4月クール14.5%、10年4月クール17.6%とかなり良い。
若年層は動きそうもないが、年配層が動きそうであり、それなりに稼ぐのではないか。
「相棒」の半分程度を稼げれば、15~20億円となる。
横山秀夫原作作品は、04年「半落ち」トータル19.0億円、08年「クライマーズ・ハイ」トータル11.9億円となっており、興行収入実績も高いことを評価して、今年公開された「麒麟の翼」と同程度の16億円台と予想したい。
オープニングは2.2億円程度だろうか。


◎「ラム・ダイアリー」(ショウゲート)
ジョニー・デップ主演作品。
132館程度で公開予定。
いくらジョニー・デップ主演作品でもヒットしやすいタイプではなく苦戦をしそうだ。
ディカプリオ+イーストウッド監督の「J・エドガー」でさえ苦戦しているのだから、2億円台というところではないか。
オープニングは4千万円程度か。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。