ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(6月4週目その2)

1位:「スノーホワイト」(東宝東和)<2週目>
【公開前個人予想】 18億円台
【現時点での興行収入予想】 18億円台
【配給会社期待値等】 興収20億円へ向け好調な滑り出しをみせた
【公開規模】 571スクリーン(先週比-1スクリーン)
2.0億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは8.5億円となっている。
1週間の伸びは4.8億円弱程度だろうか。
この手のファミリー向けの作品は強い。
強いが、思ったよりも伸びていない気がする。
公開前に『幅広い観客向けであり、ヒットしやすいタイプといえる』と書いたとおりとなりそうだが、どうなるだろうか。
白雪姫を題材とした映画。
クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロンなどが出演している。

参考になりそうな作品は以下のとおり。
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」トータル118.0億円
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4→101.0→107.1→111.5
☆11年公開「三銃士 王妃の首飾りと~」トータル19.5億円
金3.7→10.1→13.4→15.8→17.8→18.7→19.0
☆11年公開「ガリバー旅行記」トータル15.6億円
金2.8→05.9→09.3→14.1→15.0→15.4
☆05年公開「ブラザーズ・グリム」トータル11.5億円
OP3.3→06.3→08.2→10.0→10.9
☆12年公開「スノーホワイト」
金3.7→08.5億円→
「三銃士」「ガリバー」との対比で考えると、「スノーホワイト」の興行収入は16.4~22.5億円となる。
20億円突破が目標となるが、「スパイダーマン」などの公開もあり、恐らく厳しいだろう。

「スノーホワイト」8.5億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「ブラック・スワン」9.7億円(トータル23.9億円)
☆「SUPER8」9.2億円(トータル17.2億円)
☆「ワイルド・スピード」8.7億円(トータル14.4億円)
「ブラック・スワン」以外の作品との対比で考えると、「スノーホワイト」の興行収入は14.1~15.9億円となる。
この対比は超えるだろう。
マックス19億円台、ミニマム15億円台となるだろうか。
16億円程度の伸びかもしれないが、「スノーホワイト」の興行収入は先週に引き続き18億円台と予想して様子を見たい。
「スパイダーマン」の先行の影響でもあったのだろうか。
公開前個人予想は18億円台だったので、今のところは当たりそうだ。
ファミリー向けというよりも、幅広い層向けなので、平日にも伸びるだろう。


3位:「映画 ホタルノヒカリ」(東宝・日本テレビ)<3週目>
【公開前個人予想】 14億円台
【現時点での興行収入予想】 18~19億円
【配給会社期待値等】 興収20億円に向けてヒットスタートをきった
【公開規模】 316スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.5億円を週末に稼ぎ、トータルでは11.9億円となっている。
1週間の伸びは3.5億円程度だろうか。
10億円を楽に突破した。
伸びも悪くはなく、レディースデイに稼いだか。
やはりドラマの映画化は稼げるようだ。

綾瀬はるか、藤木直人主演のドラマの映画化。
平均視聴率は07年7月クール13.6%、10年7月クール15.4%となっており、比較的高い。
『映画化向きの題材とは思えないが、ドラマの知名度も高く、レディースデイを中心に女性を取り込むと思われるので、コケることはないだろう。コメディ系作品は受けが良いというメリットもある』と書いたとおりとなりそうだ。

綾瀬はるかが出演した主な作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「ハッピーフライト」トータル13.3億円
OP2.2→祝6.4→8.6→10.3→11.5→12.1
☆11年「プリンセス トヨトミ」トータル16.2億円
OP3.1→7.5→10.7→12.8→14.2→15.0
☆12年「映画 ホタルノヒカリ」
OP3.1→8.4→11.9億円→
「プリンセス トヨトミ」と同程度のオープニングとなっていたが、こちらの方が伸びは良い。
これらとの対比で考えると、「映画 ホタルノヒカリ」の興行収入は18.0~18.4億円となる。
レディースデイの動員やデートムービーに使えそうなので、この対比を超えるだろう。

同じくドラマの映画化であり、海外ロケをした「のだめカンタービレ」の平均視聴率が18.8%となっており、興行収入は前編41.0億円、後編37.2億円となっている。
☆09年「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」トータル41.0億円
03.9→不明→22.1→祝29.9→32.7→35.1→36.8→37.8→38.6
☆10年「のだめカンタービレ最終楽章 後編」トータル37.0億円
05.6→13.6→21.3→28.7→31.3→33.3→34.6→35.5→36.0
☆12年「映画 ホタルノヒカリ」
OP3.1→8.4→11.9億円→
後編との対比で考えると、「映画 ホタルノヒカリ」の興行収入は20.7億円となる。
これを超えない程度だろう。

「映画 ホタルノヒカリ」11.9億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「神様のカルテ」11.8億円(トータル18.9億円)
☆「カイジ2」11.1億円(トータル16.1億円)
☆「太平洋の奇跡」11.3億円(トータル15.7億円)
これらとの対比で考えると、「映画 ホタルノヒカリ」の興行収入は16.5~19.1億円となる。
マックス20億円、ミニマム16億円というところか。
ある程度の伸びは続きそうなので、18~19億円が落ち着きどころか。
「映画 ホタルノヒカリ」の興行収入は先週に引き続き18~19億円と予想したい。
公開前個人予想は14億円台だったので、やや低すぎたか。
評価が低そうなので、それを踏まえてしまった。


3位:「メン・イン・ブラック3」(東宝東和)<5週目>
【公開前個人予想】 15~16億円
【現時点での興行収入予想】 31億円台(OP~3週目34~35億円)
【公開規模】 844スクリーン(先週比-35スクリーン)
1.0億円を週末に稼ぎ、トータルでは28.6億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.1億円弱程度だろうか。
公開前は『10年以上前のシリーズ作品であり、熱望されていたとは思えない。ウィル・スミスの人気もピーク時からは落ちているはず。時期的にも日本ではヒットしにくい』と考えたが、ウィル・スミスにも本シリーズにも、この程度は稼げるだけのチカラはあるようだ。
「テルマエ・ロマエ」など、コメディタッチの気軽に観られる作品は受けいられ易いのかもしれない。
洋画作品では今年ナンバーワンの動きとなっている。

過去の興行収入は以下のとおり。
☆97年「メン・イン・ブラック」配給収入35.0億円
☆02年「メン・イン・ブラック2」トータル40.0億円
興行収入は配給収入の倍程度となる。
恐ろしくヒットしているので、今回もヒットしたようだ。

ウィル・スミス主演作の興行収入は以下の通り。
☆97年「インディペンデンス・デイ」配給収入66.5億円(興行収入は倍程度)
☆03年「バッド・ボーイズ2バッド」トータル20.0億円
☆04年「アイ,ロボット」トータル37.5億円
先7.3→17.0→23.3→28.7→31.6→33.6→34.8
☆05年「最後の恋のはじめ方」 10億円未満
☆07年「幸せのちから」トータル27.1億円
OP3.5→10.6→15.9→20.4→23.2→25.1→26.1
☆07年「アイ・アム・レジェンド」トータル43.0億円
金7.2→16.4→不明→33.8→37.7→40.6→42.0→42.8
☆08年「ハンコック」トータル31.0億円
先8.3→17.2→祝込23.7→26.6→28.7→29.1
☆09年公開「7つの贈り物」トータル7.9億円
OP1.6→04.6→06.4→07.4→07.7
☆10年公開「ベスト・キッド」トータル15.2億円(参考)
先2.9→07.3→10.0→12.2→13.3
☆12年公開「メン・イン・ブラック3」
金7.0→16.1→22.2→26.6→28.6億円→
アクション映画ならば30億円を超えるヒットを叩きだすスター。
2週目まで「アイ・アム・レジェンド」と同程度の動きとなっていた。
現在は「ハンコック」と並んでいる。
主要作品との対比で考えると、「メン・イン・ブラック3」の興行収入は30.9~33.9億円となる。
「ハンコック」を超えることはないと思ったが、同程度は稼ぎそうだ。
30億円台には乗せたいところだろう。

「メン・イン・ブラック3」28.6億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「トランスフォーマー」37.5億円(トータル42.5億円)
☆「ナルニア国物語」20.7億円(トータル26.9億円)
☆「猿の惑星」22.6億円(トータル24.2億円)
「ナルニア国物語」以外の作品との対比で考えると、「メン・イン・ブラック3」の興行収入は30.6~32.4億円となる。
もはや高い伸びはないと思われるが、少しは粘るだろう。
「メン・イン・ブラック3」の興行収入は先週に引き続き31億円台と予想したい。
3週目まで34~35億円と予想していたが、高い伸びではなかったようだ。
公開前個人予想は15~16億円だったので、倍以上となる。
オワコンだと思っていたが、そんなことは全くなかったようだ。
ウィル・スミスの人気、本シリーズはまだまだイケル。
気軽に見られるコメディ系作品については高めに予想した方がよさそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。