ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(6月第5週目)

☆三谷幸喜監督の最新作は時代劇「清須会議」
2013年秋公開予定となっている。
織田信長の後継者を選ぶ清洲会議を題材にした作品であり、後継者の決定があっちにいったり、こっちにいったりするであろう三谷らしい作品になりそうだ。
年配層の動員も期待できそうであり、今回も大ヒット間違いないだろう。


☆『ジム・キャリーはMr.ダマー』の続編企画が消滅
ファレリー監督兄弟が再び監督を行い、スケジュールも詰まっていたが、制作を手がけるニューライン・シネマとワーナーが本企画で対立し、ジム・キャリーがやる気を失い、降板し企画そのものが消滅したようだ。
ジム・キャリーもファレリー監督とタッグを組み、復活の機会でもあったが、自ら見送ったようだ。
1994年の作品であり、続編を製作する価値があるのかスタジオが悩むのは当然だろう。
ジム・キャリーとしても、昔のようなキレのある演技ができるかという問題もあったかもしれない。


☆「相棒」シリーズがスピンオフ化
1話も見たことがないので、よく分からないが、レギュラー刑事役の川原和久と新キャラクターの田中圭が主演を務め、2013年春に公開予定。
この二人の事件モノドラマならばほとんど稼げそうもないが、「相棒」という看板があれば、看板料だけでそれなりに稼ぐことができる。
既にスピンオフ作品があまり稼げてはいないが、それでもそれなりには稼げるので、ビジネスとしてはそれほど悪くはない。
事件モノなので、ストーリーは作りやすいだろう。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。