ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』レビュー

◆評  価   7.0点
◆おススメ度  B(強いてみる必要はない)

「ハングオーバー」系のコメディかと思っていたが、意外としっかりとした友情や恋愛をテーマにしたヒューマンドラマに仕上がっている。
これ以上ないほど、どん底にいる主人公が、さらに深くどん底まで落ちながらも、這い上がっていく姿勢には共感を得るだろう。
年齢を重ねるたびに友達は徐々に減っていき、親友との距離もかなり離れていくけど、一緒に過した時間というものは裏切らないような気はすると改めて感じさせる作品。

本作の良さは、主人公以外にもそれぞれに問題を抱えているという点だろう。
完璧そうに見えても、幸せそうに見えても、誰でも心の中で苦しんでいる。
そのような苦しみを救ってくれるのは、友達だったり、恋人だったり、親だったりと、人間と人間の繋がりというものを描いているから、本作はコメディ作品でありながら評価されているのだろう。

ウィルソン・フィリップスの「ホールド・オン」という曲も本作にマッチしている。
友人と一緒に聞いた音楽もいい財産となる。
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。