ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月1週目その2)

1位:「アメイジング・スパイダーマン」(ソニー)<2週目>
【公開前個人予想】 51億円台
【現時点での興行収入予想】 45億円前後
【配給会社期待値等】 興収50億円突破に向けて
【公開規模】 1090スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.6億円を週末に稼ぎ、トータルでは16.4億円となっている。
1週間の伸びは7.4億円程度だろうか。
先行がない「メン・イン・ブラック3」の2週目が16.1億円であり、やはり物足りない数字だ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年「スパイダーマン」トータル75.0億円
☆04年「スパイダーマン2」トータル67.0億円
☆07年「スパイダーマン3」トータル71.2億円
6日31.9→43.6→52.3→58.1→62.3
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0→16.4億円→
過去のシリーズは、日本では稼ぎにくいアメコミ作品でありながら、物凄い高い興行収入となっている。
ただ、リブートしてしまい、キャストを一新し、過去のシリーズとは分断される。
新しいキャストは日本人には知名度は低く、また、本作そのものに対しても盛り上がりが高まっているとも思えない。
前作よりも、かなり下がるのではないだろうか。

先行があった作品と比較したい。
☆10年公開「バイオハザードⅣ」トータル47.0億円
先13.1(金8.9)→祝26.0→32.4→37.2→41.6→44.0→45.0
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8(OP3.9)→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5→34.2
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0(OP5.8)→16.4億円→
単純比較はできないが、これらとの対比で考えると、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は29.6~37.0億円となる。

予想の際に個人的に参考にした作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4→47.7→50.0→51.6→52.6
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル42.5億円
金8.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8→41.0→41.7
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0→16.4億円→
先行があり、予想がしにくい。
地力もあり、本番の夏休みシーズンもあり、40億円はなんとか突破しそうだが、50億円には届きそうもない。
とりあえずは「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は先週に引き続き45億円前後と予想して様子を見たい。
70億円程度稼げたシリーズだったが、この程度のダウンは仕方ないだろうか。


2位:「スノーホワイト」(東宝東和)<4週目>
【公開前個人予想】 18億円台
【現時点での興行収入予想】 18億円台
【配給会社期待値等】 興収20億円へ向け好調な滑り出しをみせた
【公開規模】 566スクリーン(先週比-5スクリーン)
9.7千万円を週末に稼ぎ、トータルでは14.4億円となっている。
1週間の伸びは2.1億円半ば程度だろうか。
15億円突破が迫ってきている。
この手のファミリー向けの作品は強い。
公開前に『幅広い観客向けであり、ヒットしやすいタイプといえる』と書いたとおりとなりそうだ。
白雪姫を題材とした映画。
クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロンなどが出演している。

参考になりそうな作品は以下のとおり。
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」トータル118.0億円
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4→101.0→107.1→111.5
☆11年公開「三銃士 王妃の首飾りと~」トータル19.5億円
金3.7→10.1→13.4→15.8→17.8→18.7→19.0
☆11年公開「ガリバー旅行記」トータル15.6億円
金2.8→05.9→09.3→14.1→15.0→15.4
☆05年公開「ブラザーズ・グリム」トータル11.5億円
OP3.3→06.3→08.2→10.0→10.9
☆12年公開「スノーホワイト」
金3.7→08.5→12.3→14.4億円→
「三銃士」「ガリバー」との対比で考えると、「スノーホワイト」の興行収入は15.9~17.8億円となる。
20億円突破が目標となるが、「スパイダーマン」などの公開もあり、恐らく厳しいだろう。

「スノーホワイト」14.4億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「三銃士」15.8億円(トータル19.5億円)
☆「SUPER8」14.7億円(トータル17.2億円)
☆「ガリバー旅行記」14.1億円(トータル15.6億円)
「SUPER8」との対比で考えると、「スノーホワイト」の興行収入は16.8億円となる。
この対比は超えるだろう。
マックス18億円台、ミニマム16億円台となるだろうか。
連休もあり、まだほどほどに伸びると思うので、「スノーホワイト」の興行収入は先週に引き続き18億円台と予想したい。
公開前個人予想は18億円台だったので、今のところは当たりそうだ。
ファミリー向けというよりも、幅広い層向けなので、平日にも伸びるだろう。


3位:「臨場 劇場版」(東映・テレビ朝日)<2週目>
【公開前個人予想】 16億円台
【現時点での興行収入予想】 7~8億円(OP時10~11億円)
【配給会社期待値等】 興収20億円を狙う
【公開規模】 254スクリーン(先週比±0スクリーン)
8.1千万円を週末に稼ぎ、トータルでは3.8億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.4億円程度だろうか。
平日に多少伸びているが、全体的な数字は低い。
ドラマの視聴率の高さを過大評価しすぎたか。
年配層向けなので、今後も平日に期待したいが、配給会社期待値の20億円突破は無理だろう。

横山秀夫原作のテレビ朝日で放送されていた内野聖陽主演の事件モノドラマ。
シリーズの平均視聴率は09年4月クール14.5%、10年4月クール17.6%とかなり良い。
公開前に『若年層は動きそうもないが、年配層が動きそうであり、それなりに稼ぐのではないか』となるだろうか。

横山秀夫原作作品の興行収入は以下のとおり。
☆04年「半落ち」トータル19.0億円
☆08年「クライマーズ・ハイ」トータル11.9億円
OP1.7→4.9→7.4→9.3→10.5
☆12年「臨場 劇場版」
OP1.5→3.9億円→
「クライマーズ・ハイ」との対比で考えると、「臨場 劇場版」の興行収入は9.5億円となる。

以下のサスペンス系ドラマの映画化の興行収入も参考となりそうだ。
☆11年「アンダルシア 女神の報復」トータル18.9億円
2.6→07.5→10.8→13.5→15.3→16.4→17.1(視聴率10.1%)
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」
2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5→16.0(視聴率14.9%)
☆12年「臨場 劇場版」
1.5→03.9億円→
「アンダルシア 女神の報復」との対比で考えると、「臨場 劇場版」の興行収入は9.8億円となる。
8~9億円程度が落ち着きどころか。

「臨場 劇場版」3.9億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「星守る犬」4.4億円(トータル9.2億円)
☆「もしドラ」4.4億円(トータル9.1億円)
☆「ツレがうつになりまして。」4.0億円(トータル8~9億円見込み)
☆「こち亀」3.9億円(トータル8.2億円)
☆「DOG×POLICE 純白の絆」祝4.2億円(トータル7.6億円)
これらとの対比で考えると、「臨場 劇場版」の興行収入は7.1~8.2億円となる。
期待していた平日の伸びがイマイチであり、過大評価しすぎたようだ。
「臨場 劇場版」の興行収入は先週10~11億円と予想したが、7~8億円と下方修正したい。
公開前個人予想は16億円台だったので、かなり高すぎたか。
微妙とは思ったが、視聴率が高いドラマなので、それほど低くは予想しにくい。
時間に余裕のある年配層がきちんと動くと思ったが、金を払うまでのものではないのか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。