ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(7月第3週目)

劇場での乱射事件の影響で、興行収入の発表が延期されるという事態となった。

1位となったのは新作の「ダークナイト ライジング」。
事前には週末3日間で214.7百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を大きく下回る160.9百万ドルのオープニングを飾った。
「アベンジャーズ」が打ち立てた207.4百万ドルのオープニング記録を更新すると思われたが、事件の影響があり、このような結果となった。
「ハリー・ポッターと死の秘宝PartⅡ」に次ぐ歴代3位の結果となっている。
公開前に書いたように『大ヒットは間違いない。「アベンジャーズ」超えができるかが注目となる』となりそうだ。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆05年「バットマン ビギンズ」トータル205百万ドル
先73→123→151→172→183→191
☆08年「ダークナイト」トータル533百万ドル
OP158→314→394→442→471→489→502→512
☆12年「ダークナイト ライジング」
OP161百万ドル→
前作を超えるオープニングだ。
当面は「ダークナイト」を超えることが目標となる。


ライバルは以下のとおり。
☆11年「ハリー・ポッター死の秘宝 PartⅡ」トータル381百万ドル
OP169→274→319→343→357→366→371→375
☆12年「ハンガー・ゲーム」現時点で405百万ドル
OP153→248→302→337→357→372→381→387
☆12年「アベンジャーズ」現時点で615百万ドル
OP207→373→458→513→553→572→587→598
☆12年「ダークナイト ライジング」
OP161百万ドル→
評価は当然ながら過去最高レベルの評価となっている。
しかし、事件の影響などもあり、とりあえずは「アベンジャーズ」を下回ると考えて5億8~9千万ドルという予想にしておきたい。


2位は2週目の「Ice Age: Continental Drift」。
トータルでは89百万ドルとなっている。
20世紀フォックスがおくるシリーズモノの3Dアニメ。
公開前に『いつも通りとなるのではないか』と書いたが、やや勢いがない。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年「アイス・エイジ」トータル176百万ドル
OP46→087→117→141→152→160→166→171
☆06年「アイス・エイジ2」トータル195百万ドル
OP68→116→147→168→178→183→188→189
☆09年「アイス・エイジ3」トータル197百万ドル
OP67→120→152→171→182→188→191→192
☆12年「Ice Age: Continental Drift」
OP47→089百万ドル→
2・3作との対比で考えると、「Ice Age: Continental Drift」の興行収入は146~150百万ドルとなる。

20世紀フォックスが手掛けたアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「ロボッツ」トータル128百万ドル
OP36→66→087→104→111→116→120→123
☆08年「ホートン ふしぎな世界のダレダーレ」トータル155百万ドル
OP45→86→118→131→140→144→148→150
☆11年「ブルー 初めての空へ」トータル144百万ドル
OP39→81→104→115→125→132→135→137
☆12年「Ice Age: Continental Drift」
OP47→89百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Ice Age: Continental Drift」の興行収入は158~173百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度なので、ある程度の伸びはあるだろう。
「Ice Age: Continental Drift」の興行収入は先週に引き続き1億6千万ドル台と予想したい。
「マダガスカル」とは異なり、シリーズ最低となりそうだ。
上昇する方が珍しく、この程度の下落ならば許容範囲か。
これ以下の結果となると、やや厳しい。


3位は3週目の「アメイジング・スパイダーマン」。
トータルでは229百万ドルとなっている。
製作費2億3千万ドルの回収は余裕だろうが、爆発的な勢いはなさそうだ。
公開前に『「アメイジング・スパイダーマン」はヒットするだろうが、過去のシリーズほどではないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
アメコミを題材とした3Dアクションアドベンチャーであり、リブートされた。
監督は新鋭のマーク・ウェブ。
主演は、アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン。

過去のシリーズは以下のとおり。
☆02年「スパイダーマン」トータル404百万ドル
OP115→223→286→326→354→370→383→390→396
☆04年「スパイダーマン2」トータル374百万ドル
先152(OP88)→256→302→328→344→354→361→365→368
☆07年「スパイダーマン3」トータル337百万ドル
OP151→240→282→304→318→326→330→332→334
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先137(OP62)→201→229百万ドル→
2・3作との対比で考えると、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は274~284百万ドルとなる。
3億ドル突破が目標となるが、超えられないだろう。

以下の作品が参考となるだろう。
☆11年「ハリー・ポッター死の秘宝 PartⅡ」トータル381百万ドル
OP169→274→319→343→357→366→371→375→377→378
☆11年「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル352百万ドル
先163(OP98)→261→303→326→338→344
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先137(OP62)→201→229百万ドル→
これらとの対比で考えると、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は266~274百万ドルとなる。
評価はかなり高いが、鑑賞したところそこまで良いとも思えない。
伸びはあまりないと考えて、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は先週に引き続き2億8千万ドル台と予想したい。
「ダークナイト」が控えており、勝ち目もない。


4位は4週目の「Ted」。
トータルでは180百万ドルとなっている。
製作費5千万ドルの3倍以上を回収している。
公開前に『「Ted」はヒットしそうだ』と書いたので、予想どおりとなりそうだ。
しかし、テディベアが活躍するのでファミリーも見れそうなコメディと思ったが、R指定のコメディのようだ。
マーク・ウォールバーグが主演している。
監督は実績のないセス・マクファーレン。
R指定ということもある、「ハングオーバー」と比較されている。

「ハングオーバー」系作品は以下のとおり。
☆09年「ハングオーバー」トータル277百万ドル
OP45→105→153→183→205→222→236→247
☆11年「ハングオーバー!!」トータル254百万ドル
先118→186→216→233→244→248→251→252
☆12年「Ted」
OP54→120→159→180百万ドル→
ここまでのヒットにはならないだろう。

マーク・ウォールバーグ主演・出演のコメディ作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!」トータル119百万ドル
OP36→70→88→99→107→113
☆10年「デート&ナイト」トータル99百万ドル
OP25→49→63→74→81
☆12年「Ted」
OP54→120→159→180百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Ted」の興行収入は216~241百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、伸びはありそうだ。
「Ted」の興行収入はオープニング時に2億ドルと予想していたが、先週に引き続き2億2千万ドルと予想したい。
今夏のサプライズヒットとなりそうだ。
マーク・ウォールバーグとしても、01年「プラネット・オブ・ジ・エイプス」トータル180百万ドル、00年「パーフェクト・ストーム」トータル183百万ドルを超えて、自身最大のヒットとなりそうだ。


5位は5週目の「メリダとおそろしの森」。
トータルでは209百万ドルとなっている。
製作費185百万ドルの回収は余裕だった。
ピクサーによる3Dアニメ作品。
監督はあまり実績のないMark AndrewsとBrenda Chapman。
公開前に『「メリダとおそろしの森」は当然の大ヒットとなるだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

過去のピクサー作品の興行収入は以下の通り。
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル415百万ドル
OP110→227→289→339→363→379→390→396→401→404
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル340百万ドル
OP70→144→191→229→254→275→291→304→313→320
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル293百万ドル
OP68→137→187→226→250→265→274→280→284→286
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル261百万ドル
OP70→143→178→214→226→233→237→242→252→255
☆01年「モンスターズ・インク」トータル256百万ドル
OP63→122→156→192→204→212→219→224→236→245
☆99年「トイ・ストーリー2」トータル246百万ドル
☆06年「カーズ」トータル244百万ドル
OP60→117→157→183→206→220→229→234→238→239
☆08年「ウォーリー」トータル224百万ドル
OP63→127→163→183→195→204→210→214→216→218
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル206百万ドル
OP47→110→143→166→180→188→193→197→199→201
☆95年「トイ・ストーリー」トータル192百万ドル
☆11年「カーズ2」トータル191百万ドル
OP66→117→149→165→176→182→185→186→187→187
☆98年「バグズ・ライフ」トータル163百万ドル
☆12年「メリダとおそろしの森」
OP66→132→174→196→209百万ドル→
「ウォーリー」「カールじいさんの空飛ぶ家」との対比で考えると、「メリダとおそろしの森」の興行収入は240~245百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、伸びがあるだろう。
「ウォーリー」トータル224百万ドルは超えるだろう。
「モンスターズ・インク」、「トイ・ストーリー2」、「カーズ」がライバルとなる。
「メリダとおそろしの森」の興行収入は先週に引き続き2億4~5千万ドルと予想したい。
「カーズ2」トータル191百万ドルのような失策はなく、ピクサーとしては連敗は避けられそうだ。


6位は4週目の「Magic Mike」。
トータルでは102百万ドルとなっている。
製作費7百万ドルだったが、15倍近くを稼いでいる。
公開前に『「Magic Mike」はコケる』と書いたが、大ヒットしてしまった。
男性ストリップの世界を描くので誰も見ないと思ったが、女性が動いたのだろうか。
スティーヴン・ソダーバーグ監督のコメディドラマ。
チャニング・テイタム、アレックス・ペティファー、マシュー・マコノヒーが出演している。

スティーヴン・ソダーバーグ監督の主な作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「エリン・ブロコビッチ」トータル126百万ドル
OP28→56→76→90→99→107
☆01年「オーシャンズ11」トータル183百万ドル
☆04年「オーシャンズ12」トータル126百万ドル
OP39→69→087→107→115→120
☆07年「オーシャンズ13」トータル117百万ドル
OP36→70→091→102→109→113
☆09年「インフォーマント!」トータル33百万ドル
OP10→21→26→30→32
☆11年「コンテイジョン」トータル76百万ドル
OP22→44→57→65→69
☆12年「Haywire」トータル19百万ドル
OP08→15→18→19→19
☆12年「Magic Mike」
OP39→73→92→102百万ドル→
「オーシャンズ13」と同程度の動きとなっている。
主要作品との対比で考えると、「Magic Mike」の興行収入は112~120百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、伸びはないだろう。
「Magic Mike」の興行収入は、先週に引き続き、「オーシャンズ13」並の1億1千万ドル台と予想したい。
「エリン・ブロコビッチ」トータル126百万ドルまでは届かないだろう。
大ヒットを受けてか、続編製作の話が出ている。


7位は3週目の「Savages」。
トータル40百万ドルとなっている。
製作費45百万ドルの回収が目標となるが、回収は可能だろう。
公開前に『ヒットしないだろう』と書いたが、思ったよりも稼いでいる。
オリバー・ストーン監督のサスペンス。
テイラー・キッチュ、アーロン・ジョンソン、ブレイク・ライヴリー、ベニチオ・デル・トロ、サルマ・ハエック、ジョン・トラヴォルタ、ユマ・サーマンなどが出演している。

オリヴァー・ストーン監督作品の興行収入は以下の通り。
☆86年「プラトーン」トータル139百万ドル
☆87年「ウォール街」トータル44百万ドル
☆89年「7月4日に生まれて」トータル70百万ドル
☆91年「ドアーズ」トータル34百万ドル
☆91年「JFK」トータル70百万ドル
☆93年「天と地」トータル6百万ドル
☆94年「ナチュラル・ボーン・キラーズ」トータル50百万ドル
☆95年「ニクソン」トータル14百万ドル
☆97年「Uターン」トータル7百万ドル
☆99年「エニイ・ギブン・サンデー」トータル76百万ドル
先21(OP14)→46→59→66→70→72
☆04年「アレキサンダー」トータル34百万ドル
先22(OP14)→30→33→34→34→34
☆06年「ワールド・トレード・センター」トータル70百万ドル
先27(OP19)→45→56→62→67→69
☆08年「W.」トータル26百万ドル
☆10年「ウォール・ストリート」トータル52百万ドル
OP19→36→44→48→50→51
☆12年「Savages」
OP16→32→40百万ドル→
「ウォール・ストリート」との対比で考えると、「Savages」の興行収入は47百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であるが、ある程度の伸びはあるだろう。
「Savages」の興行収入は先週に引き続き4千万ドル台と予想したい。
製作費回収ラインであり、この程度ならば、十分ではないか。


8位は4週目の「Tyler Perry's Madea's Witness Protection」。
トータルでは60百万ドルとなっている。
製作費2千万ドルの回収は当然余裕だった。
公開前に『「Tyler Perry's Madea's Witness Protection」はいつも通りか』と書いたとおりとなりそうだ。
いつも通り、タイラー・ペリー監督・脚本・主演・共同プロデュースのコメディ作品。

タイラー・ペリーのシリーズは以下のとおり。
☆05年「Diary of a Mad Black Woman」トータル51百万ドル
OP22→37→44→48→50(※監督はしていない)
☆06年「Madea's Family Reunion」トータル63百万ドル
OP30→48→56→60→62
☆07年「Daddy's Little Girls」トータル31百万ドル
先16→25→28→30→31
☆07年「WHY DID I GET MARRIED」トータル55百万ドル
OP21→39→47→51→53
☆08年「Meet the Browns」トータル42百万ドル
OP20→33→38→40→41
☆08年「The Family That Preys」トータル37百万ドル
OP17→28→33→35→36
☆09年「Madea Goes to Jail」トータル91百万ドル
OP41→65→76→83→87
☆09年「I Can Do Bad All By Myself」トータル52百万ドル
OP23→38→45→48→50
☆10年「Why Did I Get Married Too?」トータル60百万ドル
OP30→49→55→57→59
☆10年「For Colored Girls」トータル38百万ドル
OP19→31→34→37→37
☆11年「Madea's Big Happy Family」トータル53百万ドル
OP25→41→47→50→52
☆12年「Good Deeds」トータル35百万ドル
OP16→26→30→33→34
☆12年「Madea's Witness Protection」
OP25→46→56→60百万ドル→
最近は稼ぎにくくなってきているが、「Madea's」シリーズは人気が高い。
「Madea's」シリーズとの対比で考えると、「Madea's Witness Protection」の興行収入は63~66百万ドルとなる。
11年「Madea's Big Happy Family」トータル53百万ドルを超える程度と思ったが、超えてきた。
「Madea's Witness Protection」の興行収入は2週目まで5千万ドル台と予想したが、6千万ドル台と予想したい。
06年「Madea's Family Reunion」トータル63百万ドルが目標となる。
評価は悪いが、いつものことなので気にする必要はない。
タイラー・ペリーの人気はまだまだ安泰のようだ。


9位は9週目の「Moonrise Kingdom」。
トータルでは36百万ドルとなっている。
製作費16百万ドルの回収は楽に終っている。
OP時4スクリーンから16→96→178→395→854→884→924スクリーンと拡大公開されていたが、ようやく895スクリーンに減少した。
ウェス・アンダーソン監督のヒューマンドラマ。
ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレー、フランシス・マクドーマンドなどが参加している。
どのような規模になるか分からないが、5千万ドル程度となりそうだ。
7週目まで3~4千万ドルと思ったが、5千万ドルには到達しそうだ。
評価はメチャクチャ高いので、当然伸びがあるだろう。
ウェス・アンダーソン監督作品は、04年「ライフ・アクアティック」トータル24百万ドル、09年「ファンタスティックMr.フォックス」トータル21百万ドルとなっており、これらを超えた。
01年「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」トータル52百万ドルを超えることが目標となる。
超えてきそうだ。
ウェス・アンダーソン監督としての最大のヒット作となりそうだ。


10位は5週目の「To Rome with Love」。
トータルでは11百万ドルとなっている。
OP時5スクリーンから、29→806スクリーンに拡大公開されたが、4週目から744→552スクリーンに減少している。
ウディ・アレン監督作品。
アレック・ボールドウィン、ロベルト・ベニーニ、ペネロペ・クルス、ジェシー・アイゼンバーグ、グレタ・ガーウィグ、エレン・ペイジ、ウディ・アレンが出演している。

ウディ・アレン監督の最近の興行収入は以下の通り。
☆05年「マッチポイント」トータル23百万ドル
☆06年「タロットカード殺人事件」トータル11百万ドル
☆08年「夢と犯罪」トータル1百万ドル
☆08年「それでも恋するバルセロナ」トータル23百万ドル
OP04→09→13→16→18→19
☆09年「人生万歳!」トータル5百万ドル
☆10年「You Will Meet a Tall Dark Stranger」トータル3百万ドル
☆11年「ミッドナイト・イン・パリ」トータル57百万ドル
OP01→03→07→14→21→28→34→39→42→45
☆12年「To Rome with Love」
OP00→01→05→09→11百万ドル→
「To Rome with Love」の興行収入は先々週2千万ドル台となりそうだと予想したが、1千万ドル台どまりとなりそうだ。
評価はそれほど悪くはない程度であり、高い伸びはなさそうだ。
もともと稼げない監督であり、この程度でも問題はないだろう。
「ミッドナイト・イン・パリ」のようなヒットにはならないと思うが、好調をキープしていると思われる。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆ミュージックドラマ「Step Up Revolution」
☆ベン・スティラーらが出演するコメディ作品「The Watch」
「The Watch」はヒットしそうだ。
「Step Up Revolution」はヒットしないだろうが、固定ファンがいるから、それなりには稼ぐだろう。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。