ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月3週目その2)

2位:「おおかみこどもの雨と雪」(東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 20億円台
【現時点での興行収入予想】 31~32億円
【公開規模】 381スクリーン
3.6億円半ば(365,149,000円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは2.0億円程度か』と書いたので、予想を上回った。
「サマーウォーズ」のように徐々に伸びていくかと思ったが、人気の高い監督なので、オープニングからキタようだ。

「サマーウォーズ」の細田守監督作品。
☆09年「サマーウォーズ」トータル16.5億円
OP1.3→03.7→06.9→09.3→11.2→12.6→13.6→14.3
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
OP3.7億円→
さすがに、このような動きにはならないだろう。

これらの動きが参考となるか。
☆10年「借りぐらしのアリエッティ」トータル92.5億円
3日13.5(OP9.0)→26.2→39.8→50.3→64.7→073.9→080.3→084.3→086.5
☆11年「コクリコ坂から」トータル44.6億円
3日05.9(OP3.9)→11.5→17.4→22.5→28.5→034.5→037.8→040.1→041.4
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
OP3.7億円→
主要作品との対比で考えると、「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は24.2~42.3億円となる。
20億円は突破しそうだが、40億円突破はどうだろうか。
ジブリ作品ほどの伸びはないだろう。
30億円はなんとか突破すると考えて、31~32億円と予想したい。
公開前個人予想は20億円台だったので、ハズしそうだ。
「サマーウォーズ」の結果を踏まえて、めいっぱい高めに予想したつもりだったが、甘かった。


4位:「ヘルタースケルター」(アスミック)<2週目>
【公開前個人予想】 18億円台
【現時点での興行収入予想】 18億円台
【公開規模】 204スクリーン(先週比+1スクリーン)
1.7億円を週末に稼ぎ、トータルでは8.1億円半ばとなっている。
祝日を除く6日間の伸びは4.7億円弱程度だろうか。
内容に関係なく、話題作品はヒットするのが常識だ。

とりあえずは大人向けの作品が参考となるか。
☆07年「愛の流刑地」トータル13.9億円
OP1.6→5.5→8.3→10.4→祝12.0→12.6→13.1
☆10年「サヨナライツカ」トータル12.0億円
OP1.3→4.4→6.7→8.5→9.0→9.6
☆12年「ヘルタースケルター」
祝3日3.5→8.2億円→
これらとの対比で考えると、「ヘルタースケルター」の興行収入は20.7~22.3億円となる。
当面は20億円突破が目標となる。

「ヘルタースケルター」8.2億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
☆「モテキ」8.6億円(トータル22.2億円)
☆「神様のカルテ」8.4億円(トータル18.9億円)
☆「カイジ2」8.0億円(トータル16.1億円)
☆「太平洋の奇跡~」8.4億円(トータル15.7億円)
伸びがなければ16億円程度、伸びがあれば20億円突破も夢ではないというラインだ。
しかし、極端に伸びがあるとも思えない。
「ヘルタースケルター」の興行収入は、先週に引き続き18億円台と予想したい。
公開前個人予想は18億円台だったので、当たりとなりそうだ。
この手の作品がヒットするのは過去の経験から分かるようになった。


7位:「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」(アニプレックス)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 6億円台
【公開規模】 51スクリーン(先週比+1スクリーン)
4.8千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは2.7億円弱となっている。
1週間の伸びは1.4億円半ば程度だろうか。
当然ヒットするのは分かっていたが、ここまでとは思わなかった。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆10年「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」
OP0.6→不明→2.2(19スクリーン)
☆12年「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」
OP1.2→2.7億円→
倍程度の動きか。

スクリーンが少なく、ファンが多い作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「劇場版マクロスF 虚空歌姫」トータル6.5億円(30スクリーン)
OP0.9→2.3→3.2→3.8→04.2
☆10年「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」トータル10.7億円(90スクリーン)
OP2.0→4.9→7.8→8.7→9.4→9.8→10.1→
☆10年「涼宮ハルヒの消失」トータル8.3億円(24スクリーン)
OP0.9→2.5→3.5→4.5→05.4→05.9→06.3→06.7
☆10年「劇場版 機動戦士ガンダム00」トータル8.6億円(88スクリーン)
祝3日2.5→4.5→5.7→祝6.6→7.0→7.3→7.7
☆11年「映画「けいおん!」」トータル19.0億円(137スクリーン)
OP3.2→6.9→9.4→11.4→13.2→14.4
☆12年「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」
OP1.2→2.7億円→
主要作品との対比で考えると、「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」の興行収入は5.2~7.6億円となる。
内容や人気の度合いがよく分からないが、それほど極端に高い伸びではないだろう。
6億円台と予想したい。
「マクロス」がライバルか。
アニメ作品は逆らわないほうが無難だ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。