ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(7月4週目その3)

7位:「ヘルタースケルター」(アスミック)<3週目>
【公開前個人予想】 18億円台
【現時点での興行収入予想】 18億円台
【公開規模】 205スクリーン(先週比+1スクリーン)
1.2億円を週末に稼ぎ、トータルでは12.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.9億円弱程度だろうか。
内容に関係なく、話題作品はヒットするのが常識だ。

とりあえずは大人向けの作品が参考となるか。
☆07年「愛の流刑地」トータル13.9億円
OP1.6→5.5→8.3→10.4→祝12.0→12.6→13.1
☆10年「サヨナライツカ」トータル12.0億円
OP1.3→4.4→6.7→8.5→9.0→9.6
☆12年「ヘルタースケルター」
祝3日3.5→8.2→12.0億円→
これらとの対比で考えると、「ヘルタースケルター」の興行収入は20.1~21.5億円となる。
当面は20億円突破が目標となる。

「ヘルタースケルター」12.0億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「モテキ」祝13.0億円(トータル22.2億円)
☆「神様のカルテ」11.8億円(トータル18.9億円)
☆「カイジ2」11.1億円(トータル16.1億円)
☆「太平洋の奇跡~」11.3億円(トータル15.7億円)
伸びがなければ16億円程度、伸びがあれば20億円突破も夢ではないというラインだ。
夏休み向けの作品とは思えず、極端に伸びがあるとも思えない。
「ヘルタースケルター」の興行収入は、先週に引き続き18億円台と予想したい。
公開前個人予想は18億円台だったので、当たりとなりそうだ。
この手の作品がヒットするのは過去の経験から分かるようになった。


8位:「メリダとおそろしの森」(ディズニー)<2週目>
【公開前個人予想】 32億円台
【現時点での興行収入予想】 13~14億円
【公開規模】 562スクリーン(先週比-1スクリーン)
1.0億円を週末に稼ぎ、トータルでは4.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.7億円弱程度だろうか。
低い成績になるとは覚悟していたが、これほどとは思わなかった。
ピクサーという看板があるのでヒットすると思われたが、馴染みのなく、ファミリー受けしないキャラクターであり、「おおかみこども」「ポケモン」などの影響があったのではないか。
しかし、ピクサーという看板がある以上、巻き返すだろう。

ピクサー作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「トイ・ストーリー2」トータル34.5億円
☆02年「モンスターズ・インク」トータル93.7億円
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル110.0億円
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル52.6億円
先7.5→15.3→不明→不明→35.1→47.1→48.0→50.0
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
OP3.8→07.8→10.5→14.1
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
水5.0→12.8→19.5→28.5→32.0→35.8→37.1→祝38.1
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「メリダとおそろしの森」
OP1.5→04.2億円→
主要作品との対比で考えると、「メリダとおそろしの森」の興行収入は10.8~14.6億円となる。
さすがに二桁は割らないだろう。

その他のハリウッドアニメの興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7
☆10年公開「ヒックとドラゴン」トータル9.0億円
OP1.2→4.8→
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2
☆11年公開「カンフー・パンダ2」トータル10.8億円
金2.7→6.6→9.0→9.8→10.2→
☆12年公開「長くつをはいたネコ」トータル12.0億円
OP1.7→4.9→8.6→10.8→11.3
☆12年公開「メリダとおそろしの森」
OP1.5→4.2億円→
主要作品との対比で考えると、「メリダとおそろしの森」の興行収入は7.9~10.3億円となる。
「塔の上のラプンツェル」がライバルとなると思ったが、このようなサプライズヒットにはなりそうもない。
内容的にメチャクチャ面白い作品ではないので、高い伸びはないだろう。
「メリダとおそろしの森」の興行収入は、先週に引き続き、「長くつをはいたネコ」を超える程度の13~14億円と予想したい。
公開前個人予想は32億円台だったので、大きくハズしそうだ。
ピクサー作品が普通のハリウッドアニメ以下になるとは予想できない。


9位:「アメイジング・スパイダーマン」(ソニー)<5週目>
【公開前個人予想】 51億円台
【現時点での興行収入予想】 35億円前後(OP~3週目45億円前後)
【配給会社期待値等】 興収50億円突破に向けて
【公開規模】 889スクリーン(先週比-30スクリーン)
7.5千万円を週末に稼ぎ、トータルでは28.4億円となっている。
1週間の伸びは2.2億円程度だろうか。
先行がない「メン・イン・ブラック3」の5週目が28.6億円であり、やはり物足りない数字だ。
不思議なのか当然なのか分からないが、ビッグヒットにはならなかった。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年「スパイダーマン」トータル75.0億円
☆04年「スパイダーマン2」トータル67.0億円
☆07年「スパイダーマン3」トータル71.2億円
6日31.9→43.6→52.3→58.1→62.3
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0→16.4→21.8→26.2→28.4億円→
過去のシリーズは、日本では稼ぎにくいアメコミ作品でありながら、物凄い高い興行収入となっている。
ただ、リブートしてしまい、キャストを一新し、過去のシリーズとは分断される。
新しいキャストは日本人には知名度は低く、また、本作そのものに対しても盛り上がりが高まっているとも思えない。
前作よりも、かなり下がるのではないだろうか。

先行があった作品と比較したい。
☆10年公開「バイオハザードⅣ」トータル47.0億円
先13.1(金8.9)→祝26.0→32.4→37.2→41.6→44.0→45.0
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8(OP3.9)→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5→34.2
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0(OP5.8)→16.4→21.8→26.2→28.4億円→
単純比較はできないが、これらとの対比で考えると、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は32.1~32.9億円となる。

予想の際に個人的に参考にした作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」トータル53.8億円
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4→47.7→50.0→51.6→52.6
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル42.5億円
金8.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8→41.0→41.7
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0→16.4→21.8→26.2→28.4億円→
単純比較はできないが、これらとの対比で考えると、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は32.2~34.4億円となる。
人気・知名度といった地力もあり、夏休みシーズンという時期もあるので、オープニング時には40億円はなんとか突破するだろうと思ったが、厳しくなってきた。
現時点ではどう考えても30億円台というところではないか。
32億円程度の動きではあるが、お盆時期の荒稼ぎもあり得るので、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は、先週に引き続き35億円前後という予想にしたい。
3週目まで45億円前後と予想して様子を見ていたが、思った以上に高い興行収入にはならなかった。
07年「スパイダーマン3」トータル71.2億円から半分程度の減少となる。
アメリカよりも日本を先に公開するという日本市場を重視した戦略だったが、完全に裏目に出た。
公開前個人予想は51億円台だったので、ハズレとなりそうだ。
3割程度のダウンと思っていたが、5割までダウンするとは予想しにくい。


10位:「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」(アニプレックス)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 6億円台
【公開規模】 51スクリーン(先週比+1スクリーン)
3.1千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは3.4億円弱となっている。
1週間の伸びは7.2千万円弱程度だろうか。
当然ヒットするのは分かっていたが、ここまでとは思わなかった。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆10年「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」
OP0.6→不明→2.2(19スクリーン)
☆12年「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」
OP1.2→2.7→3.4億円→
オープニングは倍だったが、現在は5割増し程度の動きか。

スクリーンが少なく、ファンが多い作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「劇場版マクロスF 虚空歌姫」トータル6.5億円(30スクリーン)
OP0.9→2.3→3.2→3.8→04.2
☆10年「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」トータル10.7億円(90スクリーン)
OP2.0→4.9→7.8→8.7→9.4→9.8→10.1→
☆10年「涼宮ハルヒの消失」トータル8.3億円(24スクリーン)
OP0.9→2.5→3.5→4.5→05.4→05.9→06.3→06.7
☆10年「劇場版 機動戦士ガンダム00」トータル8.6億円(88スクリーン)
祝3日2.5→4.5→5.7→祝6.6→7.0→7.3→7.7
☆11年「映画「けいおん!」」トータル19.0億円(137スクリーン)
OP3.2→6.9→9.4→11.4→13.2→14.4
☆12年「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」
OP1.2→2.7→3.4億円→
主要作品との対比で考えると、「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」の興行収入は6.5~7.4億円となる。
内容や人気の度合いがよく分からないが、それほど極端に高い伸びではないだろう。
「魔法少女リリカルなのは The Movie 2nd A's」の興行収入は先週に引き続き6億円台と予想したい。
「マクロス」がライバルか。
アニメ作品は逆らわないほうが無難だ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。