ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月1週目その2)

1位:「BRAVE HEARTS 海猿」(東宝・フジテレビ)<4週目>
【公開前個人予想】 65億円台
【現時点での興行収入予想】 73~74億円
【配給会社期待値等】 興収100億円を目指せる大ヒットスタートを切った
【公開規模】 450スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.9億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは46.2億円となっている。
1週間の伸びは8.0億円半ば程度だろうか。
動員ベースでは「仮面ライダー」に負けるが、興行収入ベースでは1位となる。
しかし、高い興行収入で推移しているが、やはり驚くべきものではないようだ。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆04年「海猿」トータル17.4億円
☆06年「LIMIT OF LOVE 海猿」トータル71.0億円
OP09.7→23.5→35.5→45.1→52.7→58.3→62.5→65.3
☆10年「THE LAST MESSAGE 海猿」トータル80.4億円
祝14.3→32.1→46.8→祝60.2→65.7→70.5→73.9→76.4
☆12年「BRAVE HEARTS 海猿」
祝4日15.6→27.8→38.2→46.2億円→
これらとの対比で考えると、「BRAVE HEARTS 海猿」の興行収入は61.7~72.7億円となる。
前作の80億円を超えるのは無理だろう。

以下の作品がライバルとなる。
☆08年「花より男子F」トータル77.5億円
OP10.1→26.2→37.9→祝48.5→54.5→60.3→64.6→69.9→72.7→74.7
☆09年「ROOKIES」トータル85.5億円
OP12.3→33.3→48.6→60.2→67.8→73.4→76.5→78.6→80.9→82.3
☆10年「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」トータル73.1億円
OP09.7→25.0→祝39.3→46.0→52.5→57.2→63.4→66.8→68.8→70.1
☆12年「テルマエ・ロマエ」
4日8.6→22.2→29.6→36.6→41.9→46.5→49.6→52.4→54.3→56.0
☆12年「BRAVE HEARTS 海猿」
祝4日15.6→27.8→38.2→46.2億円→
これらとの対比で考えると、「BRAVE HEARTS 海猿」の興行収入は65.6~73.8億円となる。
やはり80億円突破は無理のようだ。
75億円辺りがマックスというところではないか。
お盆時期が控えているため、「BRAVE HEARTS 海猿」の興行収入は先週に引き続き73~74億円と予想したい。
公開前個人予想は65億円台だったので、ちょっと低かったか。
日本人が好む感動アクション大作ではあるが、なぜこのシリーズがこれほど好まれるのかよく分からない。


3位:「おおかみこどもの雨と雪」(東宝)<3週目>
【公開前個人予想】 20億円台
【現時点での興行収入予想】 36億円台(OP~2週目31~32億円)
【公開規模】 381スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.1億円を週末に稼ぎ、トータルでは16.2億円弱となっている。
1週間の伸びは5.9億円半ば程度だろうか。
週末の順位が「ポケモン」より上ということが当たり前になってきた。
それにしても、「サマーウォーズ」などで人気の高い監督であるが、ここまでとは思わなかった。

「サマーウォーズ」の細田守監督作品。
☆09年「サマーウォーズ」トータル16.5億円
OP1.3→03.7→06.9→09.3→11.2→12.6→13.6→14.3
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
OP3.7→10.2→16.2億円→
これとの対比で考えると、「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は38.7億円となる。
この辺りがマックスとなるか。

これらの動きが参考となるか。
☆10年「借りぐらしのアリエッティ」トータル92.5億円
3日13.5→26.2→39.8→50.3→64.7→073.9→080.3→084.3→086.5
☆11年「コクリコ坂から」トータル44.6億円
3日05.9→11.5→17.4→22.5→28.5→034.5→037.8→040.1→041.4
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
OP3.7→10.2→16.2億円→
主要作品との対比で考えると、「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は36.3~41.5億円となる。
「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は先週まで31~32億円と予想していたが、お盆時期を控えて、30億円は楽に突破しそうであり、上昇修正した方がいいだろう。
40億円突破しないと考えて、「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は36億円台と予想したい。
公開前個人予想は20億円台だったので、ハズしそうだ。
「サマーウォーズ」の結果を踏まえて、めいっぱい高めに予想したつもりだったが、完全に甘かった。


6位:「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ」(東宝・テレビ東京)<4週目>
【公開前個人予想】 39億円台
【現時点での興行収入予想】 33億円台(OP~3週目37億円台)
【公開規模】 357スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.6億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは21.2億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.9億円程度だろうか。
20億円を楽に突破した。
順調に伸ばしているが、例年に比べてかなり低い。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆98年 配給収入41.5億円「ミュウツーの逆襲」
☆99年 配給収入35.0億円「幻のポケモン・ルギア爆誕」
☆00年 48.5億円「結晶塔の帝王 ENTEI」
☆01年 39.0億円「セレビィ時を超えた遭遇」
☆02年 26.7億円「水の都の護神 ラティアスとラティオス」
☆03年 45.0億円「七夜の願い星ジラーチ」
☆04年 43.8億円「裂空の訪問者 デオキシス」
☆05年 43.0億円「ミュウと波導の勇者ルカリオ」
OP不明→13.0→20.5→26.5→32.4→37.3→39.8→40.6
☆06年 34.0億円「ポケモンレンジャーと蒼海の王子マナフィ」
OP04.2→10.3→15.7→20.3→24.7→29.3→31.4→32.6
☆07年 50.2億円「ディアルガVSパルキアVSダークライ」(※10周年)
祝込3日11.3→16.9→24.5→31.4→37.2→43.2→46.2→48.4→49.0
☆08年 48.0億円「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」
祝込3日10.2→18.5→26.9→33.3→39.6→43.3→45.8→46.4→祝46.8
☆09年 46.7億円「アルセウス 超克の時空へ」
祝込3日09.8→17.8→26.4→32.5→38.7→42.1→44.3→45.0→45.2
☆10年 41.6億円「幻影の覇者 ゾロアーク」
OP6.3→祝13.1→17.7→23.7→28.3→33.5→36.7→38.7→39.6
☆11年 43.3億円「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「ビクティニと白き英雄 レシラム」
祝込3日08.3→13.4→20.4→26.0→31.6→36.5→39.4→40.8→41.1
☆12年「ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ」
祝込3日07.5→10.9→16.3→21.2億円→
昨年は2作同時公開だったが、昨年の変則的な公開は諦めたようだ。
現時点では過去最低の動きとなっている。
これらとの対比で考えると、今年の興行収入は30.5~37.2億円となる。
公開前に『人気がちょっと落ちているような気もするので、そろそろ40億円を割るのではないか』と書いたが、予想以上に落ち込むかもしれない。
現時点では40億円突破は厳しいだろう。
先週まで『しかし、人気シリーズであり、そこまで大きくは落ち込まないだろう』と書いてきたが、そろそろ現実的になった方がいいかもしれない。
先週まで37億円台と予想していたが、2010年トータル41.6億円の2割減程度と考えて、今年の興行収入は33億円台と予想したい。
この程度で終ると、「ドラえもん」トータル36.2億円に敗れて、「コナン」トータル32.7億円との差がなくなってしまう。
公開前個人予想は39億円台だったので、ハズしそうだ。
「おおかみこども」の公開はあったが、これほど低くなるとは予想しにくい。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。