ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(8月第4週目)

☆トニー・スコット監督が自殺
健康問題との理由も報じられているが、家族が否定している。
独自のスタイルを追求していた監督だけに、惜しまれる。
「トップガン2」の企画を抱えていただけに、なぜその決断をしたのかが残念だ。


☆スティーヴン・キング原作「ザ・ダーク・タワー」の製作中止か
ユニバーサルが製作を断念し、ワーナーが後釜として製作を企画していたが、やはり製作費の問題で、ワーナーも製作を中止したようだ。
現在まで8巻が発刊されている大作シリーズであり、ユニバーサルは当初3本の映画とテレビシリーズで描く壮大な企画だったが、これを映画化するのは当然困難といえる。
内容はよく分からないが、ヒット確実の企画ではなさそうであり、スタジオサイドが二の足を踏むのは分かる。
見てみたかったが、仕方のない結果だろう。
スティーヴン・キング原作の映画化は多数進められているので、とりあえずはそれらでガマンするしかない。
手を挙げるところもあるようだが、本格的に描けば、黒字になる見込みが薄い企画であり、当面は進まないだろう。


☆『許されざる者』を日本でリメイク
イーストウッドが演じた役を渡辺謙が演じ、モーガン・フリーマンが演じた役を柄本明、ジーン・ハックマンが演じた役を佐藤浩市が出演する。
監督は『フラガール』『悪人』の李相日。
舞台は明治初期の北海道となり、2013年秋に公開を予定している。
これは当たりそうな企画だ。


☆『デアデビル』の映画化権がマーベルに返却予定
権利を所有していた20世紀フォックスが10月1日までの製作開始条項に間に合わず、権利がマーベルに移行することとなりそうだ。
ジョー・カーナハン監督がリメイクの企画を手掛けていたが、20世紀フォックスが首を縦に振らなかったようだ。
制作費に渋いという印象がある20世紀フォックスだからかもしれないが、映画化の困難さが分かる事案だ。


☆『47RONIN』が再び公開延期
キアヌ・リーブス主演作品、真田広之、柴咲コウ、浅野忠信、菊地凛子などが出演する忠臣蔵四十七士を描く作品。
2012年11月11日に全米公開を予定していたが、2013年2月8日に延期され、さらに2013年12月25日に再延期された。
ロンドンでの作業がオリンピックのために出来なかったためらしいが、作品としてのデキが良くないらしい。
監督が新鋭のカール・リンシュであり、新人監督には企画が難しすぎたか。
とりあえず、映画の稼ぎ時期である年末に設定されているので、その点はまだ救いがあるといえる。


☆『アベンジャーズ2』の全米公開日が決定
2015年5月1日に決定した。
3年のブランクの間に、2013年5月3日公開予定の『アイアンマン3』の他、『マイティ・ソー2』『キャプテン・アメリカ2』、宇宙を舞台とした『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』が公開して、盛り上げていく予定。
『ハルク』はどうなるのだろうか。


☆『スノーホワイト』続編は、狩人役のクリス・ヘムズワースのスピンオフへ
ルパート・サンダース監督とスノーホワイト役のクリステン・スチュアートの不倫が発覚し、方針を大きく転換したようだ。
サンダース監督の続投は難しく、スチュアートもイメージダウンし、主演としてはの起用は難しく、続編のヒットを見込むことは無理ではないか。
企画そのものを無くしてしまったほうがよさそうだ。


☆スコセッシ監督の企画「沈黙」が難航
マーティン・スコセッシの悲願の企画である遠藤周作「沈黙」の映画化はほとんど進んでいないが、ついに製作会社から訴えられたようだ。
製作会社は75万ドルを投資していたらしい。
スコセッシが他の作品の監督をする際に、製作延期契約を結んでおり、契約内の他の作品1作につき150万ドル及びスコセッシ監督の収益の20%を支払うという条項が守られていないとのこと。
スコセッシ監督は、本当にこのようなムチャクチャな契約を結んだのだろうか。
結んでいたら、もっと早めに製作に着手しただろう。
とりあえず、これで「沈黙」の映画化は相当な遅延もしくは中止となりそうだ。


☆女性版『エクスペンダブルズ』が始動か
企画段階のようだが、メンバー次第では当たりそうな気はする。
シガニー・ウィーヴァー、リンダ・ハミルトン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ケイト・ベッキンセール辺りが期待されているようだが、スタローンのような人望がある者が声を掛ければ、面白いメンバーが集まりそうだ。


☆「ロケッティア」がリブートへ
1991年に公開された作品であり、原作は人気のコミック。
今の技術で再生させたいようだ。
過去の作品を最新の技術でという気持ちは分かるが、ネタの枯渇かが分かる。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。