ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(8月3週目その3)

11位:「ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-」(東宝・テレビ東京)<4週目>
【公開前個人予想】 12億円台
【現時点での興行収入予想】 15億円台(OP~2週目15~16億円)
【公開規模】 262スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.5千万円を週末に稼ぎ、トータルでは12.4億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.8億円半ば程度だろうか。
公開前に『今年はテレビアニメ化10周年ということもあり、原作者が企画したオリジナル新作ストーリーであり、DVDプレゼントもあるので、復活するだろう』と書いたとおり、強力なテコ入れもあり、高い興行収入となっている。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆04年「大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!」トータル13.7億円
OP3.5→8.9→11.4→12.1
☆05年「大激突!幻の地底遺跡だってばよ」トータル11.8億円
OP2.2→5.9→8.7→10.3→11.2
☆06年「大興奮!みかづき島のアニマル騒動だってばよ」トータル7.8億円
OP1.2→3.5→不明→6.8→07.5
☆07年「疾風伝」トータル12.1億円
OP2.2→5.7→9.1→10.5→11.7→11.9→11.9
☆08年「疾風伝 絆」トータル11.6億円
OP2.2→5.4→8.6→10.0→11.0→11.2→祝込11.3
☆09年「疾風伝 火の意志を継ぐ者」トータル10.2億円
OP1.9→4.7→7.4
☆10年「疾風伝 ザ・ロストタワー」トータル10.3億円
OP1.7→4.3→7.2
☆11年「ブラッド・プリズン」トータル8.4億円
OP1.3→3.3→5.3→6.9
☆12年「ROAD TO NINJA」
OP3.0→6.9→9.6→12.5億円→
10~12億円が標準のシリーズ作品だったが、去年はコケてしまった。
しかし、巻き返して、04年に次ぐ、高いオープニングとなっている。
主要作品との対比で考えると、「ROAD TO NINJA」の興行収入は14.3~15.2億円となる。
標準の10~12億円は突破するだろうが、それほど高くは伸びないだろう。
「ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-」の興行収入は先々週まで15~16億円と予想したが、15億円台に予想したい。
去年の年末公開の「イナズマイレブン」や今年のGW公開の「クレヨンしんちゃん」を超えそうだ。
公開前個人予想は12億円台だったので、やや低すぎたか。
さすがにここまで本気になれば、ヒットするだろう。


12位:「ヘルタースケルター」(アスミック)<6週目>
【公開前個人予想】 18億円台
【現時点での興行収入予想】 21億円台(OP~4週目18億円台)
【公開規模】 200スクリーン(先週比-6スクリーン)
4.1千万円を週末に稼ぎ、トータルでは19.0億円となっている。
1週間の伸びは1.8億円半ば程度だろうか。
内容に関係なく、話題作品はヒットするのが常識だ。

とりあえずは大人向けの作品が参考となるか。
☆07年「愛の流刑地」トータル13.9億円
OP1.6→5.5→8.3→10.4→祝12.0→12.6→13.1
☆10年「サヨナライツカ」トータル12.0億円
OP1.3→4.4→6.7→8.5→9.0→9.6
☆12年「ヘルタースケルター」
祝3日3.5→8.2→12.0→15.0→17.2→19.0億円→
これらとの対比で考えると、「ヘルタースケルター」の興行収入は21.0~23.8億円となる。
当面は20億円突破が目標となる。

「ヘルタースケルター」19.0億円と同程度の6週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「アンフェア」21.9億円(トータル23.4億円)
☆「モテキ」19.4億円(トータル22.2億円)
☆「神様のカルテ」17.5億円(トータル18.9億円)
これらとの対比で考えると、「ヘルタースケルター」の興行収入は20.3~21.7億円となる。
「ヘルタースケルター」の興行収入は、先々週まで18億円台と予想していたが、21億円台まで伸びそうだ。
夏休み向けとは思わなかったが、さすがは話題作だったようだ。
公開前個人予想は18億円台だったので、悪くはない予想となりそうだ。
この手の作品がヒットするのは過去の経験から分かるようになった。


13位:「アナザー Another」(東宝)<3週目>
【公開前個人予想】 6億円台
【現時点での興行収入予想】 5億円台
【公開規模】 230スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.6千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは4.4億円弱となっている。
1週間の伸びは1.7億円程度だろうか。
公開前に『ハズしそうな気もするが、ホラー系はある程度の需要があるので、それなりには稼ぐのではないか』と書いたとおりとなりそうだ。

ホラー作品は「貞子3D」が大ヒットしたが、キャラクターの知名度がダントツであり、「貞子」ようなヒットにはならないだろう。
☆12年「貞子3D」
OP2.5→6.2→8.8→10.7→12.0→12.8→13.2
☆12年「アナザー Another」
OP0.8→2.6→4.4億円→
さすがに、このようなヒットにはならなかった。

「アナザー Another」4.4億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「小川の辺」3.9億円(トータル5.5億円)
☆「アントキノイノチ」4.1億円(トータル5.1億円)
☆「はやぶさ」3.7億円(トータル5.0億円)
これらとの対比で考えると、「アナザー Another」の興行収入は5.5~6.2億円となる。
夏休みシーズンであり、多少の伸びはあるだろう。
「アナザー Another」の興行収入は先々週に引き続き5億円台と予想したい。
公開前個人予想は6億円台だったので、悪くはなかった。
しかし、若者向けの映画は予想が難しい。


15位:「メリダとおそろしの森」(ディズニー)<5週目>
【公開前個人予想】 32億円台
【現時点での興行収入予想】 9億円台(OP~3週目13~14億円)
【公開規模】 556スクリーン(先週比-6スクリーン)
2.1千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは8.7億円となっている。
1週間の伸びは1.1億円半ば程度だろうか。
低い成績になるとは覚悟していたが、まさかこれほどとは思わなかった。
ピクサーという看板があるのでヒットすると思われたが、馴染みのなく、ファミリー受けしないキャラクターという点が痛かった。
オープニングから、『しかし、ピクサーという看板がある以上、巻き返すだろう』と期待していたが、無理なものは無理のようだ。

ピクサー作品の興行収入は以下のとおり。
☆00年「トイ・ストーリー2」トータル34.5億円
☆02年「モンスターズ・インク」トータル93.7億円
☆03年「ファインディング・ニモ」トータル110.0億円
☆04年「Mr.インクレディブル」トータル52.6億円
先7.5→15.3→不明→不明→35.1→47.1→48.0→50.0
☆06年「カーズ」トータル22.3億円
OP3.8→07.8→10.5→14.1
☆07年「レミーのおいしいレストラン」トータル39.0億円
水5.0→12.8→19.5→28.5→32.0→35.8→37.1→祝38.1
☆08年「WALL・E/ウォーリー」トータル40.0億円
金5.1→11.5→16.0→不明→30.3→祝35.5→37.1
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆12年「メリダとおそろしの森」
OP1.5→04.2→06.1→07.6→08.7億円→
主要作品との対比で考えると、「メリダとおそろしの森」の興行収入は9.7~11.5億円となる。
『さすがに二桁は割らないだろう』と思ったが、超えるのは厳しいか。

その他のハリウッドアニメの興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7
☆10年公開「ヒックとドラゴン」トータル9.0億円
OP1.2→4.8→
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2
☆11年公開「カンフー・パンダ2」トータル10.8億円
金2.7→6.6→9.0→9.8→10.2→
☆12年公開「長くつをはいたネコ」トータル12.0億円
OP1.7→4.9→8.6→10.8→11.3
☆12年公開「メリダとおそろしの森」
OP1.5→4.2→6.1→07.6→08.7億円→
主要作品との対比で考えると、「メリダとおそろしの森」の興行収入は9.2~9.2億円となる。
『伸びがあるとは思えないが、お盆時期がある』と期待して、先々週まで13~14億円と予想したが、「メリダとおそろしの森」の興行収入は9億円台に下方修正したい。
公開前個人予想は32億円台だったので、大きくハズしそうだ。
ピクサー作品が普通のハリウッドアニメ以下になるとは想像すらしなかった。
アメリカでは他のピクサー作品並みに稼いでいる。


16位:「アメイジング・スパイダーマン」(ソニー)<8週目>
【公開前個人予想】 51億円台
【現時点での興行収入予想】 31億円台(4~5週目35億円前後、OP~3週目45億円前後)
【配給会社期待値等】 興収50億円突破に向けて
【公開規模】 203スクリーン(先週比-218スクリーン)
6.9百万円を週末に稼ぎ、トータルでは30.6億円弱となっている。
1週間の伸びは5.2千万円程度だろうか。
「メン・イン・ブラック3」と同程度の結果となりそうだ。
不思議なのか当然なのか分からないが、ビッグヒットにはならなかった。

過去のシリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年「スパイダーマン」トータル75.0億円
☆04年「スパイダーマン2」トータル67.0億円
☆07年「スパイダーマン3」トータル71.2億円
6日31.9→43.6→52.3→58.1→62.3
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0→16.4→21.8→26.2→28.4→29.3→30.0→30.6億円→
過去のシリーズは、日本では稼ぎにくいアメコミ作品でありながら、物凄い高い興行収入となっている。
ただ、リブートしてしまい、キャストを一新し、過去のシリーズとは分断される。
新しいキャストは日本人には知名度は低く、また、本作そのものに対しても盛り上がりが高まっているとも思えない。
前作よりも、かなり下がることとなった。

先行があった作品と比較したい。
☆10年公開「バイオハザードⅣ」トータル47.0億円
先13.1(金8.9)→祝26.0→32.4→37.2→41.6→44.0→45.0
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8(OP3.9)→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5→34.2
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0(OP5.8)→16.4→21.8→26.2→28.4→29.3→30.0→30.6億円→
これらを下回った。

予想の際に個人的に参考にした作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」トータル53.8億円
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4→47.7→50.0→51.6→52.6
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル42.5億円
金8.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8→41.0→41.7
☆12年「アメイジング・スパイダーマン」
先9.0→16.4→21.8→26.2→28.4→29.3→30.0→30.6億円→
単純比較はできないが、これらとの対比で考えると、「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は31.2~31.9億円となる。
オープニング時には、人気・知名度といった地力もあり、夏休みシーズンという時期もあるので、オープニング時には40億円はなんとか突破するだろうと思ったが、完全に無理となった。
「アメイジング・スパイダーマン」の興行収入は、3週目まで45億円前後、5週目まで35億円前後と予想していたが、先々週に引き続き31億円台と予想したい。
07年「スパイダーマン3」トータル71.2億円から半分以上の減少となる。
アメリカよりも日本を先に公開するという日本市場を重視した戦略だったが、完全に裏目に出た。
公開前個人予想は51億円台だったので、ハズレとなりそうだ。
3割程度のダウンと思っていたが、5割までダウンするとは予想しにくい。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。