ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(8月第5週目)

☆「メタルギア」がハリウッドで実写映画化
プレーしたことはないが、優秀な世界観をもつゲームと聞いており、待望の実写映画化といえる。
『アイアンマン』などのマーベル・スタジオの関係者がプロデューサーとなり、ソニーが配給する。
公開日、監督やキャストが注目される。


☆ジャック・ライアンシリーズが三部作か
2013年に第一弾が公開予定。
クリス・パイン主演作品。
ケネス・ブラナーが監督・悪役を演じる。
キーラ・ナイトレイ、ケビン・コスナーが出演する。
それにしてもベン、アフレック版はなぜ1作で終わってしまったのだろうか。


☆『ドラゴン・タトゥーの女』の続編が製作延期
2013年に『火と戯れる女』の公開を予定したが、スケジュールが間に合わないようだ。
脚本がまとまらないためという理由らしい。
そもそも監督も決まっていない。
配給のソニーサイドは、デビッド・フィンチャー監督の続投を希望しているが、フィンチャー監督は沈黙している。


☆フィンチャーがクレオパトラ映画から降板
アンジェリーナ・ジョリーを主演にクレオパトラを描いた作品を、デビッド・フィンチャーが監督することが決定していたが、降板したようだ。
ジェームズ・キャメロンが『アバター』続編のために監督を断念し、『ボーン』シリーズのポール・グリーングラスも降板し、デビッド・フィンチャーも降板してしまった。
アン・リー監督にオファーしているとの話もあるので、企画は止まらないだろう。
製作に時間が掛かりすぎることが問題らしい。
多忙なフィンチャーには向かない企画だったのだろう。
デビッド・フィンチャーは『ドラゴン・タトゥーの女』の続編に挑戦できるかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。