ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(9月1週目その2)

1位:「るろうに剣心」(ワーナー)<2週目>
【公開前個人予想】 21~22億円
【現時点での興行収入予想】 31億円台(OP時27~28億円)
【配給会社期待値等】 興収40億円突破も視野に入った
【公開規模】 327スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.0億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは14.9億円弱となっている。
1週間の伸びは9.3億円程度だろうか。
週末の土日の動きは先週の土日を超えている。
予想を超えるヒットとなっている。
最近ヒットから遠ざかっているワーナーの邦画であり、それほど盛り上がっていなかったので、過小評価しすぎたか。
公開前に『誰でもタイトルは知っている人気漫画の映画化なので、黙っていても観客は入る。コケることはないだろう』と書いたように評価すればよかった。

時代モノアクションは以下の作品もあるが、この程度では収まらなかった。
☆05年「SHINOBI」トータル14.1億円
OP3.3→6.9→9.5→11.5→12.6→13.3
☆09年「GOEMON」トータル14.3億円
水7.1(OP2.0)→9.0→11.3→12.6→13.4
☆09年「カムイ外伝」トータル11.2億円
水4.3(OP1.6)→5.9→8.1→祝込9.6→10.2→10.6
☆12年「十三人の刺客」トータル16.0億円
OP2.3→7.3→祝11.2→12.7→13.9
☆12年「るろうに剣心」
水5.6(OP4.0)→14.9億円→
「GOEMON」以外の作品との対比で考えると、「るろうに剣心」の興行収入は28.3~32.7億円となる。
30億円突破が見えてきたか。

以下の作品がライバルとなるか。
☆11年「GANTZ」トータル34.5億円
OP05.9→14.6→21.2→25.3→28.4→30.5→31.6→32.2
☆11年「GANTZ:PERFECT ANSWER」トータル28.0億円
OP05.5→13.7→20.9→23.5→25.2→26.3→27.0
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円
OP03.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆12年「ライアーゲーム -再生-」トータル21.0億円
OP03.1→08.7→12.6→16.0→18.8
☆12年「るろうに剣心」
水5.6→14.9億円→
水曜日からの変則的な公開なので、予測しにくいが、これらとの対比で考えると、「るろうに剣心」の興行収入は30.5~36.3億円となる。
30億円を楽に超える動きだが、今週から「踊る大捜査線」の公開もあるので、容易には伸ばせないだろう。
「るろうに剣心」の興行収入は先週27~28億円と予想したが、31億円台と軽めの上方修正したい。
公開前個人予想は21~22億円だったので、低すぎたか。
40億円というような風呂敷を広げているが、25億円を突破すれば、とりあえずは続編へゴーサインが出るのではないか。


2位:「アベンジャーズ」(ディズニー)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 34~35億円
【配給会社期待値等】 70億円を狙える
【公開規模】 841スクリーン(先週比-4スクリーン)
2.8億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは28.4億円弱となっている。
1週間の伸びは6.2億円程度だろうか。
日本でも大ヒットとなっている。
アメコミ作品の「アメイジング・スパイダーマン」「ダークナイト ライジング」を超えそうだ。

関連作品はヒットしていないが、何故かヒットするようだ。
☆08年「アイアンマン」トータル9.4億円
OP2.1→5.2→7.0→8.2→8.8→9.1
☆10年「アイアンマン2」トータル12.0億円
金3.4→6.9→9.1→10.5→11.2
☆11年「マイティ・ソー」トータル5.0億円
OP1.3→3.2→4.2→4.6
☆11年「キャプテン・アメリカ」トータル3.1億円
金1.2→2.2→2.7
☆12年「アベンジャーズ」
先13.9→22.2→28.4億円→
「アイアンマン」シリーズとの対比で考えると、「アベンジャーズ」の興行収入は37.5~38.1億円となる。
この辺りだろうか。

これらがライバルとなりそうだ。
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5→34.2
☆11年「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」トータル53.8億円
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4→47.7→50.0→51.6→52.6
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル42.5億円
金8.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8→41.0→41.7
☆12年公開「アベンジャーズ」
先13.9→22.2→28.4億円→
お盆時期の公開のため、他の作品の4週目程度に匹敵するか。
これらの4週目との対比で考えると、「アベンジャーズ」の興行収入は35.3~37.6億円となる。
シリーズモノなので、見る者は限られてくるため、大きくは伸びないだろう。
夏休みも終わってしまっている。
「トランスフォーマー」対比レベルと考えて、「アベンジャーズ」の興行収入は先週に引き続き34~35億円と予想したい。
配給は70億円という大風呂敷を広げたが、そこまで伸びないだろう。
公開前に予想できなかったが、日本でここまで話題になるとは思わなかった。
日本ではあまりヒットしないアメコミ作品であり、もうちょっと低い予想にしていただろう。


3位:「プロメテウス」(20世紀フォックス)<2週目>
【公開前個人予想】 12億円台
【現時点での興行収入予想】 22億円台
【公開規模】 768スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.4億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは13.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは5.5億円程度だろうか。
SF大作だが、アクション作品ではなく、やや取っ付きにくさもありそうなので、爆発的なヒットにはならないと思ったが、意外なヒットとなっている。
公開前に『エイリアンの前日譚を制作する企画だったが、話が大きく膨らみ、人類の起源というストーリーとなった。“謎”をアピールしているが、あまりにも漠然としすぎていて、観客の食いつきはそれほど良くないのではないか。エイリアン系は女性受けしないところもあり、それほど高い興行収入にはならないだろう。キャスティングも日本人受けしないはずだ』と書いたが、CMなどで話を大きく見せる作戦が当たったか。

リドリー・スコット監督作品の興行収入は以下の通り。
☆00年公開「グラディエーター」トータル15.6億円
☆01年公開「ハンニバル」トータル46.0億円
☆02年公開「ブラックホーク・ダウン」トータル13.0億円
☆05年公開「キングダム・オブ・ヘブン」トータル12.5億円
OP2.6→6.2→8.7→10.4
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金2.4→5.4→7.7→8.9→不明→10.1
☆08年公開「ワールド・オブ・ライズ」トータル不明(9億円程度か)
OP1.1→不明→6.0→祝7.6→8.2
☆10年公開「ロビン・フッド」トータル7.0億円
金1.7→3.8→4.9→5.8→6.5→6.8
☆12年公開「プロメテウス」
先7.5(OP3.0)→13.1億円→
監督作品としては、9~15億円辺りが標準となる。
変則的な公開のため、比較ができないが、これらの3週目との対比で考えると、「プロメテウス」の興行収入は17.9~18.8億円となる。
この程度ではすまないだろう。

SF系で“謎”がありそうな作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年公開「地球が静止する日」トータル24.1億円
金4.6→不明→17.6→20.7→22.7→23.5
☆11年公開「SUPER8」トータル17.2億円
金3.9(OP3.1)→9.2→12.5→14.7→16.1→16.7
☆12年公開「プロメテウス」
先7.5(OP3.0)→13.1億円→
「SUPER8」との3週目との対比で考えると、「プロメテウス」の興行収入は18.1億円となる。
変則的な公開のため、予想しにくいが、とりあえずは「プロメテウス」の興行収入は先週に引き続き22億円台と予想して様子を見たい。
公開前個人予想は12億円台だったので、低すぎたか。
大作SF作品だが、日本人好みの単純なエンターテイメント作品ではなく、そこまで高い予想はできなかった。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。