ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(9月第3週目)

1位となったのは新作の「バイオハザードV:リトリビューション」
事前には週末3日間で27.4百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る21.1百万ドルのオープニングを飾った。
製作費65百万ドルの回収が目標となる。
公開前に『ビッグヒットにはならないだろうが、それなりには稼ぐだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
監督・脚本・プロデュースは、ポール・W・S・アンダーソン。
主演はもちろんミラ・ジョヴォヴィッチ。
シリーズモノの3Dアクションホラー。

過去のシリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆01年「バイオハザード」トータル40百万ドル
OP18→29→34→37→39
☆04年「バイオハザードⅡ」トータル51百万ドル
OP23→37→43→47→49
☆07年「バイオハザードⅢ」トータル51百万ドル
OP24→37→44→48→50
☆10年「バイオハザードⅣ」トータル60百万ドル
OP27→44→52→57→59
☆12年「バイオハザードV:リトリビューション」
OP21百万ドル→
前作は他のシリーズ作品に比べて上昇はしているが、3D分の割増料金だろうか。
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は45~47百万ドルとなる。
シリーズ2番目に低いオープニングとなっている。
評価はそれほど悪くはない程度となっている。
安定して稼いでいるが、さすがに飽きられつつあるのか。
「バイオハザードV:リトリビューション」の興行収入は4千万ドル台と予想したい。
アメリカではこの程度でも大丈夫だろう。
日本で稼げればよい。


2位となったのは新作の「ファインディング・ニモ3D」
事前には週末3日間で22.3百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る16.7百万ドルのオープニングを飾った。
3Dに変換したアニメ作品。
公開前に『ビッグヒットにはならないだろうが、それなりには稼ぐだろう』と書いたとおりとなりそうだが、思ったよりも勢いがない。

過去の作品を3D化した作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「ライオン・キング3D」トータル94百万ドル
OP30→61→79→86→90
☆12年「美女と野獣」トータル48百万ドル
OP18→34→41→45
☆12年「スター・ウォーズ Episode I」トータル43百万ドル
OP22→34→40→42
☆12年「タイタニック 3D」トータル58百万ドル
先26(OP17)→45→53→56
☆12年「ファインディング・ニモ3D」
OP17百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ファインディング・ニモ3D」の興行収入は33~53百万ドルとなる。
多少の伸びはあるだろう。
「ファインディング・ニモ3D」の興行収入は4千万ドル台と予想したい。
「ライオン・キング3D」だけはヒットしたが、やはり3D変換ビジネスはあまり稼げないようだ。


3位は3週目の「The Possession」。
トータル41百万ドルとなっている。
製作費14百万ドルを楽に回収している。
公開前に『大ヒットはしないだろうが、それなりには稼ぎそうだ』と書いたとおりとなりそうだ。
サム・ライミがプロデュースするホラー。

サム・ライミが監督したホラー作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「スペル」トータル42百万ドル
OP16→28→35→39
☆12年「The Possession」
OP18→33→41百万ドル→
これらとの対比で考えると、「The Possession」の興行収入は49百万ドルとなる。
この辺りがマックスか。

ライオンズゲート配給の関連ホラー作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「THE HAUNTING IN CONNECTICUT」トータル55百万ドル
OP23→37→46→52
☆10年「The Last Exorcism」トータル41百万ドル
OP20→32→38→40
☆12年「The Possession」
OP18→33→41百万ドル→
これらとの対比で考えると、「The Possession」の興行収入は44~49百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、「The Possession」の興行収入は先週に引き続き4千万ドル台と予想したい。
低予算ホラーは相変わらず手堅く稼げるようだ。


4位は3週目の「Lawless」。
トータル30百万ドルとなっている。
制作費は不明。
先週『「Lawless」はコケそうな気がする』と書いたとおり、ヒットはしなかった。
監督は、09年「ザ・ロード」(トータル8百万ドル)のジョン・ヒルコート。
シャイア・ラブーフ主演のクライムドラマ。
トム・ハーディ、ゲイリー・オールドマン、ジェシカ・チャステイン、ミア・ワシコウスカなどが出演している。

実在の犯罪モノらしい。
☆09年「パブリック・エネミーズ」トータル97百万ドル
先40(OP25)→66→80→88→93
☆12年「Lawless」
先12(OP10)→24→30百万ドル→
これとの対比で考えると、「Lawless」の興行収入は36百万ドルとなる。
「Lawless」の興行収入はオープニング時に3千万ドル台と予想したが、評価はかなり高いので、先週に引き続き4千万ドル台と予想したい。
評価はかなり高いが、高い興行収入はならなかった。
「パブリック・エネミーズ」はヒットしたが、この手の作品はあまり稼げないようだ。


5位は5週目の「エクスペンダブルス2」。
トータルでは80百万ドルとなっている。
製作費1億ドルの回収が目標となるが、やや厳しいか。
しかし、コケていないので問題ないだろう。
監督は、97年「コン・エアー」(トータル101百万ドル)、01年「トゥームレイダー」(トータル131百万ドル)、11年「メカニック」(トータル29百万ドル)のサイモン・ウェスト。
主演・共同脚本は、もちろんシルベスター・スタローン。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆10年「エクスペンダブルズ」トータル103百万ドル
OP35→65→82→92→98→101
☆12年「エクスペンダブルズ2」
OP29→52→66→76→80百万ドル→
これとの対比で考えると、「エクスペンダブルズ2」の興行収入は84百万ドルとなる。
この辺りだろう。

シルベスター・スタローン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「ロッキー・ザ・ファイナル」トータル70百万ドル
先22→48→61→65→68
☆08年「ランボー最後の戦場」トータル43百万ドル
OP18→30→37→40→42
☆12年「エクスペンダブルズ2」
OP29→52→66→76→80百万ドル→
これとの対比で考えると、「エクスペンダブルズ2」の興行収入は82~82百万ドルとなる。
「エクスペンダブルズ2」の興行収入は先週に引き続き8千万ドル台と予想したい。
評価はかなり高いので、多少伸びはあるだろうが、大きくは伸びまい。
前作を下回りそうだが、この程度ならば十分だろう。
続編も予定されており、ニコラス・ケイジが参加するとみられている。


6位は5週目の「ParaNorman」。
トータルでは49百万ドルとなっている。
製作費は不明。
ストップモーション3Dアニメ。
共同監督はサム・フェル。

サム・フェル監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「マウス・タウン ロディとリタの大冒険」トータル65百万ドル
OP19→40→49→57→60→61→62
☆08年「ねずみの騎士デスペローの物語」トータル51百万ドル
OP10→27→44→48→49→50→50
☆12年「ParaNorman」
OP14→28→38→45→49百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ParaNorman」の興行収入は51~53百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、ある程度の伸びはありそうだ。
「ParaNorman」の興行収入は3週目まで4千万ドル台と予想していたが、先週に引き続き5千万ドル台と予想したい。
しかし、「コラライン」(トータル75百万ドル)や「ウォレスとグルミット」(トータル56百万ドル)など、ストップモーションアニメの評価は高いが、興行収入に結びつかない気がする。


7位は2週目の「The Words」。
トータルでは9百万ドルとなっている。
ブラッドリー・クーパー主演のドラマ。
ジェレミー・アイアンズ、デニス・クエイド、オリヴィア・ワイルド、ゾーイ・サルダナなどが出演している。
公開前に『スクリーン数が多くはなく、大ヒットしそうもないが、コケることもなく、それなりには稼ぎそうだ』と書いたが、コケたといえそうだ。
しかし、製作費は6百万ドルなので、これでも黒字になりそうだ。

ブラッドリー・クーパー主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「リミットレス」トータル79百万ドル
OP19→41→56→64→70
☆12年「The Words」
OP05→09百万ドル→
これとの対比で考えると、「The Words」の興行収入は17百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはないが、ここまでは伸びないだろう。
「The Words」の興行収入は先週に引き続き1千万ドル台と予想したい。
大コケレベルだが、制作費が安いので問題ない。
しかし、ブラッドリー・クーパーは主演男優としては一本立ちできないか。


8位は6週目の「ボーン・レガシー」。
トータルでは108百万ドルとなっている。
製作費125百万ドルの回収が目標となる。
微妙な結果だが、コケてはいないので問題ないだろう。
公開前に『マット・デイモン主演の「ボーン」シリーズほどではないにせよ、「ボーン・レガシー」はヒットするのではないか』と書いた通りとなりそうだが、イマイチ破壊力はないようだ。
監督・脚本は、「ボーン」シリーズの脚本家のトニー・ギルロイ。
監督として、07年「フィクサー」(トータル49百万ドル)、09年「デュプリシティ」(トータル41百万ドル)を手掛けている。
主演は、09年「ハート・ロッカー」(トータル17百万ドル)のジェレミー・レナー。

「ボーン」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年「ボーン・アイデンティティ」122百万ドル
OP27→054→073→089→099→107→110
☆04年「ボーン・スプレマシー」トータル176百万ドル
OP53→099→125→140→150→158→164
☆07年「ボーン・アルティメイタム」トータル227百万ドル
OP69→132→165→185→200→210→216
☆12年「ボーン・レガシー」
OP38→070→086→096→104→108百万ドル→
これらとの対比で考えると、「ボーン・レガシー」の興行収入は117~123百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、高い伸びはないだろう。
「ボーン・レガシー」の興行収入は先週に引き続き1億1千万ドル台と予想したい。
02年「ボーン・アイデンティティ」122百万ドルを超えられるかどうかが注目となる。
「ボーン・アルティメイタム」トータル227百万ドルと比べるのは可哀相だ。
「ボーン・アイデンティティ」122百万ドルと比べると、近いラインなので、十分といえるかもしれない。


9位は5週目の「The Odd Life of Timothy Green」。
トータルでは46百万ドルとなっている。
制作費は不明。

監督はピーター・ヘッジズ。
彼の監督作品のヒット作は以下のとおり。
☆07年「40オトコの恋愛事情」トータル48百万ドル
OP12→23→31→37→42→44
☆12年「The Odd Life of Timothy Green」
先15(OP11)→27→36→43→46百万ドル→
これとの対比で考えると、「The Odd Life of Timothy Green」の興行収入は53百万ドルとなる。

主演はジェニファー・ガーナー。
彼女の主演作品のヒット作は以下のとおり。
☆04年「13ラブ30 サーティン・ラブ・サーティ」トータル57百万ドル
OP21→35→43→49→52→54
☆12年「The Odd Life of Timothy Green」
先15(OP11)→27→36→43→46百万ドル→
これとの対比で考えると、「The Odd Life of Timothy Green」の興行収入は50百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、高い伸びはないだろう。
「The Odd Life of Timothy Green」の興行収入は先週に引き続き4千万ドル台と予想したい。
この程度ならば、十分なヒットではないか。


10位は6週目の「The Campaign」。
トータルでは83百万ドルとなっている。
製作費は不明。
監督は、「オースティン・パワーズ」シリーズ、「ミート・ザ・ペアレンツ」シリーズのジェイ・ローチ。
主演は、ウィル・フェレル、「ハングオーバー」シリーズのザック・ガリフィアナキス。
政治ネタのためか、イマイチ破壊力がない。

ウィル・フェレル主演作の興行収入は以下の通り。
☆04年「俺たちニュースキャスター」トータル85百万ドル
OP28→57→071→078→082→083
☆05年「奥様は魔女」トータル63百万ドル(※主演はニコール・キッドマン)
OP20→39→051→057→060→061
☆06年「タラデガ・ナイト」トータル148百万ドル
OP47→90→114→128→137→142
☆06年「主人公は僕だった」トータル41百万ドル
OP13→23→033→037→039→040
☆07年「俺たちフィギュアスケーター」トータル119百万ドル
OP33→68→090→101→108→112
☆08年「俺たちダンクシューター」トータル33百万ドル
OP15→25→030→032→033→033
☆08年「俺たちステップ・ブラザース-義兄弟-」トータル100百万ドル
OP31→63→081→091→096→098
☆09年「マーシャル博士の恐竜ランド」トータル49百万ドル
OP19→35→044→047→048→048
☆10年「アザー・ガイズ」トータル119百万ドル
OP36→70→088→099→107→112
☆12年「The Campaign」
OP27→51→065→073→079→083百万ドル→
ヒットとコケを交互に繰り返す俳優。
ヒット作品との対比で考えると、「The Campaign」の興行収入は85~88百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度なので、高い伸びはないと思ったが、粘っている。
「The Campaign」の興行収入は4週目まで7千万ドル台と予想していたが、先週に引き続き8千万ドル台と予想したい。
今回はコケてはいないので、問題ないのではないか。
政治ネタもあまり受け入られないだろう。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆コミック原作アクションドラマ「Dredd」
☆ジェイク・ギレンホール主演のクライムドラマ「End of Watch」
☆ジェニファー・ローレンス主演のサスペンス「House at the End of The Street」
☆クリント・イーストウッド主演のスポーツドラマ「Trouble with the Curve」
どれもヒットしそうもない。
「Trouble with the Curve」はそれなりには稼ぐだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。