ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(9月5週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「ボーン・レガシー」(東宝東和)
「ボーン」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆03年公開「ボーン・アイデンティティー」トータル16.0億円
☆05年公開「ボーン・スプレマシー」トータル12.5億円
OP3.2→6.5→8.8→10.5→11.5
☆07年公開「ボーン・アルティメイタム」トータル16.5億円
OP3.3→7.9→11.4→13.6→14.8→15.8
16億円程度が基準となるが、これを超えることはないだろう。
頑張っても「ボーン・スプレマシー」レベルか。
「アベンジャーズ」や「ミッション・インポッシブル」で名前を売ったが、ジェレミー・レナーの日本での知名度はそれほど高くはないだろう。
本格的なスパイアクションも日本では受けにくい。
今年公開された「トータル・リコール」トータル10億円台といい勝負ではないか。
「ボーン・レガシー」の興行収入は9億円台と予想したい。
ベストの16.5億円の6割程度のデキか。
金曜日からのオープニング3日は1.9億円程度か。


◎「ハンガー・ゲーム」(角川)
アメリカでは、今年の興行収入において「アベンジャーズ」「ダーナイト・ライジング」に次ぐ、第3位の408百万ドルを記録した作品。
「アメイジング・スパイダーマン」「MIB3」を楽に超えている。
過激な内容ゆえに、日本でも多少話題になりそうだが、「バトル・ロワイアル」との類似性も指摘されており、爆発的な話題にはなりそうもない。
キャストも日本人好みではない。
ヒットしても、今年公開された「TIME」トータル18.5億円がマックスラインとなり、「ドラゴン・タトゥーの女」トータル12.2億円レベルではないかと思うが、アメリカでの爆発的なヒット実績を踏まえて、日本でも多少のヒットになると予想して、「ハンガー・ゲーム」の興行収入は14億円台と予想したい。
微妙な雰囲気もするが、話題作はそれなりにヒットするだろう。
金曜日からのオープニング3日は2.8億円程度か。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。