ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(9月第5週目)

☆「猿の惑星」続編からルパート・ハイアット監督が降板
スタジオが設定した2014年5月23日公開までの製作期間がなさすぎるためとのこと。
「ハンガー・ゲーム」のゲイリー・ロスなど、最近はこの手の報道が多い。
出演者との契約もあるので、簡単には公開日をズラすことは難しいのは分かるが、監督を変更するくらいならば、柔軟に公開日を変更できないものなのか。
後任の監督に、『クローバーフィールド/HAKAISHA』のマット・リーヴス、『テイク・シェルター』のジェフ・ニコルズ、『28週後…』のファン・カルロス・フレスナディージョ、『The Impossible』のフアン・アントニオ・バヨナ、『LOOPER/ルーパー』のライアン・ジョンソン、『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ、『アリス・クリードの失踪』のJ・ブレイクソンなどを検討しているようだが、マット・リーヴスが有力のようだ。


☆「ハムナプトラ」リブート版の監督が決定
「ダイ・ハード4.0」「トータル・リコール」のレン・ワイズマンに決定したようだ。
スリリングな作品には仕上がりそうだが、出来上がりが想像できる人選ともいえる。
悪くはないが、良いとも言えない人選。
今後はキャストに注目となる。


☆「英国王のスピーチ」の続編製作へ
基本的なキャスト・スタッフは続投させて、英国が第二次世界大戦に巻き込まれていく様を描くようだ。
安易な続編ではなくて、「英国王のスピーチ」とは全く異なる戦争映画に仕上がりそうであり、面白い企画ともいえる。


☆「ガリレオ」シリーズが来年に公開
「ガリレオ」シリーズの「真夏の方程式」が来年初夏に公開をされ、既に撮影が開始されている。
08年「容疑者Xの献身」以来、5年ぶりとなる。
このシリーズは稼げることが分かっており、映画化されていない原作が何冊もあるので、もうちょっと短いスパンで映画化されるのではないかと思っていたが、意外と時間が掛かっているという印象。
「真夏の方程式」を仕上げた後は、もうちょっと早めに映画化してもらいものだ。


☆「タイムスクープハンター」が映画化
「タイムスクープハンター」はNHKの人気歴史番組で、一度見たことがある。
アイディアは面白いとは思うが、映画化するような番組でもないだろう。
さすがに観客が入るとは思えない。
NHKは「セカンドバージン」「テンペスト」「サラリーマンNEO」と映画化事業に迷走している。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。