ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(9月4週目その3)

11位:「映画 ひみつのアッコちゃん」(松竹)<4週目>
【公開前個人予想】 5億円台
【現時点での興行収入予想】 5億円台(OP~2週目6億円台)
【公開規模】 217スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.6千万円を週末に稼ぎ、トータルでは5.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.0億円程度だろうか。
リスクのある企画だったが、綾瀬はるかを起用したおかげで、何とか大コケせずに済んだようだ。
やはり、知名度のあるタイトルということも大きかったか。
公開前に『タイトルは老若男女誰でも知っているアニメの映画化だが、さすがにヒットさせるのは困難な企画だろう。ファミリー向け作品というわけでもなく、見に行くのは綾瀬はるかが好きな者くらいではないか』と書いたとおりとなりそうだ。
しかし、やはり思ったよりも伸びが足りない。

綾瀬はるか主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「僕の彼女はサイボーグ」トータル7.0億円
OP1.8→3.8→5.0→5.9→6.4
☆08年「ICHI」トータル4.5億円
OP1.0→2.6→3.5→3.9
☆09年「おっぱいバレー」トータル5.3億円
OP0.8→2.1→3.2→4.5→4.9
☆12年「映画 ホタルノヒカリ」
OP3.1→8.4→11.9→14.7→16.3→17.4→18.1
☆12年「映画 ひみつのアッコちゃん」
OP1.4→3.1→4.2→5.2億円→
「おっぱいバレー」のようなリスクのある企画に果敢に挑戦する女優。
これらとの対比で考えると、「映画 ひみつのアッコちゃん」の興行収入は6.0~6.1億円となる。
オープニング時には「僕の彼女はサイボーグ」を超えるかが注目となると思ったが、「おっぱいバレー」を超える程度となりそうだ。

「映画 ひみつのアッコちゃん」5.2億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「さや侍」5.5億円(トータル6.3億円)
☆「毎日かあさん」4.7億円(トータル6.0億円)
☆「アントキノイノチ」4.7億円(トータル5.1億円)
これらとの対比で考えると、「映画 ひみつのアッコちゃん」の興行収入は5.6~6.6億円となる。
もはや伸びはないだろう。
「映画 ひみつのアッコちゃん」の興行収入は2週目まで6億円台と予想していたが、先週に引き続き5億円台と予想したい。
公開前個人予想は5億円台だったので、当たりとなりそうだ。
やはり、ヒットできる企画ではない。


12位:「おおかみこどもの雨と雪」(東宝)<10週目>
【公開前個人予想】 20億円台
【現時点での興行収入予想】 42億円台(6週目38億円台、3~4週目36億円台、OP~2週目31~32億円)
【公開規模】 381スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.3千万円を週末に稼ぎ、トータルでは40.7億円となっている。
祝日を除く6日間の伸びは5.6千万円弱程度だろうか。
「サマーウォーズ」などで人気の高い監督であるが、ここまで高い興行収入になるとは思わなかった。
この夏は、ジブリまでとは言わないが、それに匹敵する働きをみせた。

今年のポケモンより伸びが良い。
☆12年「劇場版ポケットモンスター」
5週目25.6→30.3→32.6→34.2→34.5
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
5週目30.0→34.2→37.7→39.1→祝40.2→40.7
「ポケモン」を楽に超えるヒットとなった。

「サマーウォーズ」の細田守監督作品。
☆09年「サマーウォーズ」トータル16.5億円
5週目11.2→12.6→13.6→14.3→15.2→15.6
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
5週目30.0→34.2→37.7→39.1→祝40.2→40.7億円→
これとの対比で考えると、「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は43.0億円となる。
この辺りがマックスとなるか。

これらの動きが参考となるか。
☆10年「借りぐらしのアリエッティ」トータル92.5億円
5週目64.7→73.9→80.3→84.3→86.5→88.1→89.8→90.5
☆11年「コクリコ坂から」トータル44.6億円
5週目28.5→34.5→37.8→40.1→41.4→42.3→43.1→43.5
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
5週目37.0→42.9→46.0→47.5→48.3
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
5週目66.6→82.8→93.2→99.8→103.6→105.4
☆12年「おおかみこどもの雨と雪」
5週目30.0→34.2→37.7→39.1→祝40.2→40.7億円→
これらとの対比で考えると、「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は41.7~42.9億円となる。
お盆時期も終わってしまったので、大きくは伸びないと思ったが、意外に伸びている。
「おおかみこどもの雨と雪」の興行収入は2週目まで31~32億円、3週目まで36億円台、6週目まで38億円台と予想したが、先週に引き続き42億円台と予想したい。
伸びが普通のタイプではなく、「テルマエ」のような話題作の動きとなった。
この手の話題作品を読みきれていないことがよく分かった。
公開前個人予想は20億円台だったので、完全にハズした。
「サマーウォーズ」の結果を踏まえて、めいっぱい高めに予想したつもりだったが、完全に甘かった。


13位:「夢売るふたり」(アスミック)<3週目>
【公開前個人予想】 5億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円台(OP時5億円台)
【公開規模】 166スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.7千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは3.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは9.3千万円弱程度だろうか。
09年「ディア・ドクター」の西川美和監督作品。
公開前に『才能のある有名な女性監督であり、(小スクリーンレベルの)ヒットするのではないか』と書いたとおりとなりそうだ。

100スクリーン台で事前にライバル視した作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「ソラニン」トータル5.8億円
OP0.9→2.6→3.5→4.1→4.5
☆10年「人間失格」トータル5.4億円
OP0.8→2.5→3.7→4.9
☆11年「毎日かあさん」トータル6.0億円
OP0.8→2.6→3.8→4.7→5.2
☆12年「夢売るふたり」
OP0.8→2.2→3.2億円→
これらとの対比で考えると、「夢売るふたり」の興行収入は4.7~5.3億円となる。
これらがやはりライバルとなりそうだが、超えるのは難しいか。

「夢売るふたり」3.2億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「一命」3.6億円(トータル4.5億円)
☆「セカンドバージン」祝3.2億円(トータル4.3億円)
☆「白夜行」3.2億円(トータル4.2億円)
これらとの対比で考えると、「夢売るふたり」の興行収入は4.0~4.3億円となる。
『4億円程度のオープニングだが、当然伸びがあるだろう』とオープニング時に思ったが、思ったよりも伸びはない。
「夢売るふたり」の興行収入はオープニング時に5億円台と予想したが、先週に引き続き4億円台と予想したい。
公開前個人予想は5億円台だったので、ほぼ当たりそうだ。
この手の小スクリーンの優秀作品はこの程度になるようだ。


14位:「デンジャラス・ラン」(東宝東和)<3週目>
【公開前個人予想】 5億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円台(OP~2週目5億円台)
【公開規模】 248スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.3千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは3.3億円弱となっている。
1週間の伸びは7.2千万円半ば程度だろうか。
『アメリカではトータル126百万ドルの大ヒットをした作品。しかし、日本ではタイトルからも分かるようにヒットすることはないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

デンゼル・ワシントン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆04年公開「マイ・ボディガード」トータル10.1億円(※年末公開)
☆06年公開「デジャヴ」トータル8.9億円
OP1.6→4.6→6.5→7.6→8.4
☆06年公開「インサイド・マン」トータル不明(5~6億円程度か)
OP0.9→2.7
☆08年公開「アメリカン・ギャングスター」トータル10.5億円
金2.4→5.4→7.7→8.9→不明→10.1
☆09年公開「サブウェイ123激突」トータル7.7億円
金1.6→4.3→5.6→6.8→7.1
☆10年公開「ザ・ウォーカー」トータル不明(4~5億円程度か)
OP0.9→2.6→3.6→4.0→4.2
☆11年公開「アンストッパブル」トータル10.8億円
金2.8→6.6→8.7→9.8→10.4→10.5
☆12年公開「デンジャラス・ラン」
金1.2→2.6→3.3億円→
日本ではヒットすれば二桁を超える俳優だが、予想どおり「ザ・ウォーカー」並の動きとなっている。
これらとの対比で考えると、「デンジャラス・ラン」の興行収入は4.1~4.5億円となる。
内容は割りと良いので、多少は伸びるとは思ったが、厳しそうだ。
5億円台には乗りそうもない。

「デンジャラス・ラン」3.3億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「ミッション:8ミニッツ」3.7億円(トータル4.6億円)
☆「アジャストメント」3.8億円(トータル4.5億円)
☆「サンクタム」3.7億円(トータル4.1億円)
これらとの対比で考えると、「デンジャラス・ラン」の興行収入は3.7~4.1億円となる。
『4億円台のような動きをみせているが、実績のあるデンゼル・ワシントン主演作品なので、多少は伸ばすだろう』と思ったが、やはり4億円台のようだ。
「デンジャラス・ラン」の興行収入は先週まで5億円台と予想していたが、4億円台に下方修正したい。
公開前個人予想は5億円台だったので、ほぼ当たりそうだ。
悪くはない映画なので、もうちょっと捻ったタイトルを考えて欲しいものだ。
これではヒットするものもヒットしない。


15位:「ロック・オブ・エイジズ」(ワーナー)<1週目>
【公開前個人予想】 4億円台
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 98スクリーン
金曜日からの3日間で2.8千万円半ばのオープニングを飾った。
土日2日間では2.3千万円弱程度だったようだ。
先週『金曜日からのオープニング3日は6千万円程度か』と書いたので、予想の半分程度となった。
いくらスクリーン数が100未満でも、本作の半分程度のスクリーンでも2千万円程度のオープニングとなる。
なぜ、トム・クルーズが出演する作品がここまで嫌われたのか、よく分からない。
ミュージカル作品も日本では当たりやすいはずなのだが。

アメリカでは39百万ドル(製作費75百万ドル)という大コケとなった。
『キワドイ作品なのか、日本でもスクリーン数は100程度と多くはなく、勝負気配はなさそうだ』と書いたが、ここまでコケるとは思わなかった。
このオープニングでは1億円台だろうか。
10年公開「バーレスク」がトータル7.9億円を稼いでいるので、理解に苦しむ。
レディースデイの伸びに期待したいが、どうなるだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。