ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(10月第2週目)

☆「ガッチャマン」が実写映画化
2013年夏に公開予定。
松坂桃李、剛力彩芽、綾野剛、濱田龍臣、鈴木亮平がガッチャマンを演じる。
監督は『ごくせん THE MOVIE』『カイジ』の佐藤東弥。
古いアニメが実写化されるという流れを考えると、「ガッチャマン」の実写映画化は流れに乗っているといえる。
しかし、ファンの方には申し訳ないが、人選を誤ったという印象。
この人選では観たいと思わせない。
ジャニーズは好きではないが、ジャニーズで固めた方がまだマシだ。
剛力彩芽もさすがに無いだろう。


☆「スター誕生」リメイク版からビヨンセが降板
イーストウッド監督により企画されている作品。
ビヨンセの妊娠で企画が延期されていたが、撮影スケジュールを確定できずにビヨンセサイドが我慢できずに断念したようだ。
ジャズミュージシャンのエスペランサ・スポルディングが起用される見通しなので、イーストウッドサイドはビヨンセの断念を期待していたのだろうか。
まだ男性キャストすら決まっておらず、ビヨンセ降板の影響は特に問題はないだろう。
イーストウッド監督作品ならば、希望者も多そうであり、すぐに企画が動きだすのではないか。


☆「猿の惑星」続編の監督が決定
「クローバーフィールド HAKAISHA」「モールス」のマット・リーヴスに決定した。
ルパート・ワイアット監督が2014年5月23日の公開日まで製作期間がなさすぎるため降板したため、後任が注目されていた。
どのような仕上りになるのか注目される。
評価を得たが、それほどキャリアがあるわけでもないルパート・ハイアットは20世紀フォックスとは仕事はしにくくなるだろう。


☆「アメイジング・スパイダーマン」の監督・主演の続投が決定
マーク・ウェブ監督、アンドリュー・ガーフィールドの続投が正式に決定した。
エマ・ストーンは交渉中とのこと。
2014年5月2日に公開日がセットされている。
脚本がまだ完成していないようなので、「猿の惑星」より、タイトな日程ではないのか。
ということは、「猿の惑星」のルパート・ワイアット監督はややワガママなのかもしれない。


☆「貞子3D」続編の公開決定
2013年夏に公開されることが決定した。
大ヒットした映画であり、知名度の高いキャラクターでもあり、稼げることは確定しているため、妥当な判断だろう。
「SAW」や「パラノーマル・アクティビティー」のように定例化されるかもしれない。
日本にはハロウィーンのようなイベントがないことが残念だが、「貞子」を日本ではハロウィーンのイベントにしてもいいかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。