ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(10月第2週目)

1位は2週連続で「96時間/リベンジ」。
トータルでは87百万ドルとなっている。
製作費45百万ドルを楽に回収する大ヒットとなった。
監督は前作とは異なりオリヴィエ・メガトン。
共同脚本、プロデューサーは前作に引き続きリュック・ベッソン。
主演は前作に引き続きリーアム・ニーソン。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆09年「96時間」トータル145百万ドル
OP25→54→78→95→108→118→127→133→137
☆12年「96時間/リベンジ」
OP50→87百万ドル→
前作を超えるかが注目となる。
前作はロングセールスとなったが、本作はそのような伸びはないだろう。

オリヴィエ・メガトン監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「トランスポーター3」トータル32百万ドル
先18(OP12)→26→29→31→32
☆11年「コロンビアーナ」トータル37百万ドル
OP10→22→30→33→35
☆12年「96時間/リベンジ」
OP50→87百万ドル→
これらとの対比で考えると、「96時間/リベンジ」の興行収入は107~146百万ドルとなる。
この上限辺りがマックスか。

リーアム・ニーソン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「特攻野郎Aチーム THE MOVIE 」トータル77百万ドル
OP26→50→63→69→74→75
☆11年「アンノウン」トータル64百万ドル
OP22→43→53→58→61
☆12年「The Grey」トータル52百万ドル
OP20→35→43→48→50
☆12年「96時間/リベンジ」
OP50→87百万ドル→
これらとの対比で考えると、「96時間/リベンジ」の興行収入は129~134百万ドルとなる。
評価は高いので、多少の伸びはあるだろうが、思った以上の伸びはなさそうだ。
「96時間/リベンジ」の興行収入は先週1億5千万ドル台と予想したが、1億3千万ドル台に下方修正したい。
それでも大ヒットといえるだろう。
リーアム・ニーソンの渋さが人気の秘密か。
リーアム・ニーソンの評価はさらに高まったのではないか。


2位となったのは新作の「アルゴ」。
事前には週末3日間で22.9百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや下回る20.1百万ドルのオープニングを飾った。
製作費44.5百万ドルは回収できるだろう。
公開前に『「アルゴ」はヒットしそうだ』と書いたが、それほどではなかった。
ベン・アフレック監督・主演のサスペンスドラマ。

ベン・アフレック監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「ゴーン・ベイビー・ゴーン」トータル20百万ドル
OP06→11→15→17→18
☆10年「ザ・タウン」トータル92百万ドル
OP24→49→64→74→81
☆12年「アルゴ」
OP20百万ドル→
「ザ・タウン」との対比で考えると、「アルゴ」の興行収入は77百万ドルとなる。

評価がメチャクチャ高いので、アカデミー賞候補になるといわれている。
以下がライバルとなるか。
☆10年「ソーシャル・ネットワーク」トータル97百万ドル
OP22→46→62→73→80→85
☆12年「アルゴ」
OP20百万ドル→
これとの対比で考えると、「アルゴ」の興行収入は88百万ドルとなる。
伸びはありそうなので、「アルゴ」の興行収入は8千万ドル台と予想したい。
ベン・アフレックは、俳優としてのイマイチな評価だったが、監督としての評価をますます高めている。


3位となったのは新作の「Sinister」。
事前には週末3日間で18.5百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや下回る18.3百万ドルのオープニングを飾った。
製作費3百万ドルの低予算ホラー。
イーサン・ホークが主演している。
公開前に『それなりには稼ぐのではないか』と書いたとおりとなりそうだ。

監督は、05年「エミリー・ローズ」(トータル75百万ドル)、08年「地球が静止する日」(トータル79百万ドル)のスコット・デリクソン。
☆05年「エミリー・ローズ」トータル75百万ドル
OP30→52→62→69→72→74
☆12年「Sinister」
OP18百万ドル→
これとの対比で考えると、「Sinister」の興行収入は45百万ドルとなる。

近年公開された以下の作品がライバルか。
☆11年「Insidious」トータル54百万ドル
OP13→27→36→44→48
☆12年「The Devil Inside」トータル53百万ドル
OP34→46→51→53
☆12年「The Possession」トータル49百万ドル
OP18→33→41→45
☆12年「Sinister」
OP18百万ドル→
「Insidious」以外の作品との対比で考えると、「Sinister」の興行収入は28~49百万ドルとなる。
評価は高いので、ある程度の伸びはありそうだ。
ハロウィーンという時期的にも伸びはあるだろう。
「Sinister」の興行収入は4千万ドル台と予想したい。
ホラー作品は、3百万ドルの製作費でここまで稼げるという美味しいビジネスだ。


4位は3週目の「モンスター・ホテル」。
トータルでは102百万ドルとなっている。
製作費85百万ドルの回収は余裕だった。
公開前に『そこそこのヒットとなるだろう』と書いたが、思ったよりも高いヒットとなった。
監督は、あまり映画での実績はないゲンディ・タルタコフスキー。
ソニー製作の3Dアニメ。

ソニー系のアニメ作品が参考となりそうだ。
☆06年「オープン・シーズン」トータル85百万ドル
OP24→44→59→70→77→81→84
☆06年「モンスター・ハウス」トータル74百万ドル
OP22→44→57→64→67→69→71
☆09年「くもりときどきミートボール」トータル125百万ドル
OP30→50→82→96→108→115→119
☆11年「アーサー・クリスマスの大冒険」トータル46百万ドル
先16(OP12)→25→33→39
☆12年「The Pirates! Band of Misfits」トータル31百万ドル
OP11→19→23→25→27→29
☆12年「モンスター・ホテル」
OP43→77→102百万ドル→
「くもりときどきミートボール」を多少超える程度だろうと思っていたが、思ったよりも動きが良い。
これらとの対比で考えると、「モンスター・ホテル」の興行収入は132~155百万ドルとなる。
「くもりときどきミートボール」は超えたいところだ。

今年のアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「メリダとおそろしの森」トータル234百万ドル
OP66→132→174→196→209→217→223
☆12年「マダガスカル3」トータル216百万ドル
OP60→119→157→180→196→204→208
☆12年「ロラックスおじさんの秘密の種」トータル214百万ドル
OP70→122→158→177→189→198→205
☆12年「Ice Age: Continental Drift」トータル160百万ドル
OP47→089→115→132→144→150→154
☆12年「モンスター・ホテル」
OP43→77→102百万ドル→
これらとの対比で考えると、「モンスター・ホテル」の興行収入は137~142百万ドルとなる。
評価は高いので、伸びはあるだろう。
「モンスター・ホテル」の興行収入は先週に引き続き1億4千万ドル台と予想したい。
ヒットアニメが少なかったソニーだが、そろそろ仲間入りできそうだ。


5位となったのは新作の「Here Comes the Boom」。
事前には週末3日間で13.2百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや下回る12.0百万ドルのオープニングを飾った。
公開前に『それなりには稼ぐのではないか』と書いたとおりとなりそうだ。
ケヴィン・ジェームス主演のコメディ作品だが、やはりビッグヒットとはならなかった。
サルマ・ハエックが共演している。
高校教師が格闘技大会に出場するコメディ。
監督はフランク・コラチ。

フランク・コラチ監督の興行収入は以下のとおり。
☆06年「もしも昨日が選べたら」トータル137百万ドル
OP40→78→106→120→128→132
☆11年「Mr.ズーキーパーの婚活動物園」トータル80百万ドル
OP20→42→059→069→074→076
☆12年「Here Comes the Boom」
OP12百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Here Comes the Boom」の興行収入は41~48百万ドルとなる。

ケヴィン・ジェームスが出演したコメディ作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「モール★コップ」トータル146百万ドル
OP32→65→083→097→110→121→128
☆10年「アダルトボーイズ青春白書」トータル162百万ドル
OP41→78→111→129→142→151
☆11年「Mr.ズーキーパーの婚活動物園」トータル80百万ドル
OP20→42→059→069→074→076
☆12年「Here Comes the Boom」
OP12百万ドル→
単独主演の「Mr.ズーキーパーの婚活動物園」との対比で考えると、「Here Comes the Boom」の興行収入は48百万ドルとなる。
評価は普通程度なので、伸びはないだろう。
「Here Comes the Boom」の興行収入は4千万ドル台と予想したい。
「モール★コップ」は大ヒットしたが、ケヴィン・ジェームスは単独主演のコメディではそれほど稼げないだろう。


6位は3週目の「Pitch Perfect」。
トータルでは36百万ドルとなっている。
製作費17百万ドルを楽に回収している。
監督はあまり実績のないJason Moore。
アナ・ケンドリック主演のアカペラコーラス部を舞台とした学園モノのコメディ。
OP時335スクリーンから2週目に2770スクリーンに拡大公開された。

以下の学園モノコメディが参考となるか。
☆03年「スクール・オブ・ロック」トータル81百万ドル
OP20→40→55→63→69→73
☆08年「キューティー・バニー」トータル48百万ドル
OP15→28→37→42→46
☆12年「Pitch Perfect」
OP05→22→36百万ドル→
評価は高いので、伸びはありそうだが、極端には伸びないだろう。
「スクール・オブ・ロック」以下、「キューティー・バニー」以上だろう。
「Pitch Perfect」の興行収入は先週に引き続き6千万ドル台と予想したい。
サプライズヒットとなりそうだ。


7位は2週目の「フランケンウィニー」。
トータルでは22百万ドルとなっている。
製作費39百万ドルの回収が目標となる。
監督はもちろんティム・バートン。
過去の短編を長編にした3Dストップアニメーション。

ティム・バートン監督のダーク系作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「コープス・ブライド」トータル53百万ドル
OP0.4→20→33→42→48→51
☆07年「スウィーニー・トッド」トータル53百万ドル
OP09→27→39→44→48→51→52
☆12年「ダーク・シャドウ」トータル79百万ドル
OP30→51→63→71→74→75→76
☆12年「フランケンウィニー」
OP11→22百万ドル→
「コープス・ブライド」以外の作品との対比で考えると、「フランケンウィニー」の興行収入は34~43百万ドルとなる。
ファンが多い監督であり、多少の伸びはあるだろうか。
「フランケンウィニー」の興行収入は先週に引き続き3千万ドル台と予想したい。
評価はかなり高いが、ストップモーション系アニメはやはり稼げないようだ。


8位は3週目の「Looper」。
トータルでは51百万ドルとなっている。
製作費3千万ドルを楽に回収している。
ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演のSFアクション。
監督はあまりヒット実績のないライアン・ジョンソン。
ブルース・ウィリス主演のSF作品の09年「サロゲート」がヒットしなかったので、公開前に『ヒットにはならないだろう』と書いたが、思ったよりは稼ぎそうだ。

ライバルとなりそうな作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「サロゲート」トータル39百万ドル(ブルース・ウィリス主演)
OP15→26→33→36→38→38
☆11年「ミッション:8ミニッツ」トータル55百万ドル
OP15→28→37→45→49→51
☆12年「トータル・リコール」トータル59百万ドル
OP26→44→52→55→57→58
☆12年「Looper」
OP21→40→51百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Looper」の興行収入は58~76百万ドルとなる。
評価はメチャクチャ高いので、かなりの伸びはあるだろう。
「Looper」の興行収入は先週に引き続き7千万ドル台と予想したい。
ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、監督のライアン・ジョンソンの評価が上りそうだ。


9位となったのは新作の「Seven Psychopaths」。
事前には週末3日間で7.5百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る4.3百万ドルのオープニングを飾った。
製作費15百万ドルの回収が目標となる。
監督は、ショートフィルムを手掛けているマーティン・マクドナー。
コリン・ファレル、サム・ロックウェル、クリストファー・ウォーケン、ウディ・ハレルソン、アビー・コーニッシュなどが出演しているが、スクリーン数が1480と少ないこともあり、コケてしまった。
1千万ドル台程度の動きだが、評価がメチャクチャ高いので、2千万ドル台に乗るのではないか。


10位となったのは4週目の「The Perks of Being a Wallflower」。
トータルでは6百万ドルとなっている。
OP4→2週目102→3週目221→4週目726スクリーンと拡大公開されてランクインしてきた。
監督はあまり実績のないスティーヴン・チボスキー。
「レント」の共同脚本を手掛けている。
Logan Lerman、エマ・ワトソン、Ezra Miller主演のヒューマンドラマ。
1千万ドル台程度の動きだが、評価がメチャクチャ高いので、2千万ドル台に乗るのではないか。
さらに拡大公開されれば、もっと高い興行収入となるだろう。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆ホラー作品「パラノーマル・アクティビティー4」
☆ロブ・コーエン監督のクライムサスペンス「Alex Cross」
「パラノーマル・アクティビティー4」は当然のスタートダッシュをかますだろう。
「Alex Cross」はビッグヒットにはならないだろうが、それなりには稼ぎそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。