ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(10月2週目その2)

8位:「推理作家ポー 最期の5日間」(ディズニー)<1週目>
【公開前個人予想】 1億円台
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 259スクリーン
金曜日からのオープニング3日間で8.8千万円弱のオープニングを飾った。
土日2日間では6.8千万円だったようだ。
先週『金曜日からのオープニングは4千万円程度か』と書いたが、倍程度のオープニングだった。
地味で暗めのサスペンス作品であり、大コケすると思ったが、エドガー・アラン・ポーという知名度の高さが活きたようだ。
しかし、それでもヒットというわけではないだろう。
アメリカではトータル16百万ドルと惨敗した作品であり、当然日本でも当たるとは思えなかったが、年配層が動いたのだろうか。

「推理作家ポー 最期の5日間」金0.9億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2011>
☆「アイ・アム・ナンバー4」金1.0億円(トータル3.1億円)
☆「エンジェル・ウォーズ」金0.8億円(トータル2.9億円)
これらとの対比で考えると、「推理作家ポー 最期の5日間」の興行収入は2.8~3.3億円となる。
年配層好みならば、平日にも多少の伸びはあるだろう。
「推理作家ポー 最期の5日間」の興行収入は3億円台と予想したい。
公開前個人予想は1億円台だったので、あまりにも低すぎたが、ハズレを恐れて当てにいくような予想もしたくはない。


9位:「劇場版 私立バカレア高校」(ショウゲート)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 73スクリーン
6.4千万円のオープニングを飾った。
先週『スクリーン数も少なく、ランクインは微妙だろうか』と書いたが、新作作品が手薄なこともあり、ランクインしてきた。
ヒットとはいえないが、それほど悪くはない。

以下を考えると、意外と優秀な出足ではないだろうか。
☆12年「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」
OP0.7→2.0→2.6→3.0
☆12年「苦役列車」(73スクリーン)
OP0.2→0.5
☆12年「闇金ウシジマくん」(132スクリーン)
OP0.8→2.2→3.1
☆12年「劇場版 私立バカレア高校」(73スクリーン)
OP0.6億円→
「闇金ウシジマくん」以下というところか。
「劇場版 私立バカレア高校」の興行収入は3億円台と予想したい。
AKBだけではなくて、ジャニーズ効果もあったようだ。
それよりも、主演が映画のタイミングと都合よくジャンケン大会で優勝するということで、知名度が上ったこともあるだろう。
ジャンケン大会はプロレスと同じということだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。