ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(10月3週目その3)

6位:「ロラックスおじさんの秘密の種」(東宝東和)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 6億円台
【公開規模】 525スクリーン(先週比-1スクリーン)
7.1千万円を週末に稼ぎ、トータルでは5.1億円となっている。
1週間の伸びは1.0億円半ば程度だろうか。
さすがに平日はあまり稼げていない。
同じくドクター・スース原作の08年「ホートン 不思議な世界のダレダーレ」はほとんどヒットしなかったが、これほどの規模で公開すれば、関係なくヒットするようだ。

参考となりそうなハリウッドアニメの興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7
☆10年公開「ヒックとドラゴン」トータル9.0億円
OP1.2→4.8→
☆11年公開「カンフー・パンダ2」トータル10.8億円
金2.7→6.6→9.0→9.8→10.2→
☆12年公開「長くつをはいたネコ」トータル12.0億円
OP1.7→4.9→8.6→10.8→11.3
☆12年公開「メリダとおそろしの森」
OP1.5→4.2→6.1→07.6→08.7
☆12年公開「ロラックスおじさんの秘密の種」
祝3日2.6→4.1→5.1億円→
これらとの対比で考えると、「ロラックスおじさんの秘密の種」の興行収入は6.1~7.5億円となる。
恐らく、もうほとんど伸びないだろう。
「ロラックスおじさんの秘密の種」の興行収入は先週に引き続き6億円台と予想したい。
この規模での公開の割にはコケぎみではあるが、日本で本作を当てるのは難しいだろう。
この程度でも十分と思われる。
公開規模の違いがあるが、「モンスター・ホテル」が当たらず、本作がここまで稼げる方が不思議だ。


7位:「神秘の法 The Mystical Laws」(日活)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 8億円台
【公開規模】 212スクリーン(先週比+3スクリーン)
6.3千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは4.8億円弱となっている。
1週間の伸びは1.1億円半ば程度だろうか。
あまり稼げていないように思えるが、祝日の関係もあり、関連作品よりは動きがいい。

関係作品の興行収入は以下のとおり。
☆94年「ノストラダムス戦慄の啓示」不明
☆97年「ヘルメス 愛は風の如く」トータル7.4億円
☆00年「太陽の法 エル・カンターレへの道」トータル14.6億円
☆03年「黄金の法 エル・カンターレの歴史観」トータル17.0億円
☆06年「永遠の法 エル・カンターレの世界観」トータル12.5億円
OP0.9→2.3→3.8→5.0
☆09年「仏陀再誕」トータル8.6億円
OP1.6→3.3→4.7→5.9→8.4
☆12年「ファイナル・ジャッジメント」
OP1.2→2.8→3.9→4.8
☆12年「神秘の法 The Mystical Laws」
祝3日2.3→3.6→4.8億円→
「仏陀再誕」との対比で考えると、「神秘の法 The Mystical Laws」の興行収入は8.8億円となる。
この辺りがマックスだろう。
「神秘の法 The Mystical Laws」の興行収入は先週に引き続き8億円台と予想したい。
「仏陀再誕」トータル8.6億円と同程度だろうか。
00~06年の勢いはないが、手堅く稼いでいる。


8位:「バイオハザードV:リトリビューション」(ソニー)<6週目>
【公開前個人予想】 33億円
【現時点での興行収入予想】 38億円台(4週目41億円台、OP~2週目44億円台)
【配給会社期待値等】 最終興収50億円へ
【公開規模】 535スクリーン(先週比-172スクリーン)
6.2千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは36.2億円となっている。
1週間の伸びは1.4億円半ばとなる。
アメリカではイマイチの成績だが、日本での人気は相変わらず衰えを知らない。
今年公開の洋画作品では「アベンジャーズ」を抜きナンバーワンの興行収入となりそうだ。
アメリカ人が知ったら、驚くだろう。

「バイオハザード」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年公開「バイオハザード」トータル23.0億円
☆04年公開「バイオハザードⅡ」トータル27.0億円
先6.5(OP5.1)→14.3→18.4→21.3→23.1→24.1→24.5→24.8
☆07年公開「バイオハザードⅢ」トータル28.5億円
OP6.0→14.5→19.4→23.5→25.7→26.2→27.3→28.0
☆10年公開「バイオハザードⅣ」トータル47.0億円
先13.1(金8.9)→祝26.0→32.4→37.2→41.6→44.0→45.0
☆12年公開「バイオハザードV:リトリビューション」
4日12.5(OP6.8)→22.0→28.1→祝33.0→34.7→36.2億円→
日本では不思議とヒットするシリーズ。
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は38.7~40.6億円となる。
さすがに前作は下回りそうだ。
40億円突破も微妙か。

以下がライバルとなるか。
☆11年「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」トータル53.8億円
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4→47.7→50.0→51.6→52.6
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル42.5億円
金8.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8→41.0→41.7
☆11年公開「猿の惑星」トータル24.2億円
4日7.3→13.1→17.8→20.6→22.6→23.3
☆12年公開「バイオハザードV:リトリビューション」
4日12.5→22.0→28.1→祝33.0→34.7→36.2億円→
これらとの対比で考えると、「バイオハザードV:リトリビューション」の興行収入は37.6~40.9億円となる。
「トランス」対比39億円以下、「猿の惑星」対比38億円以上となりそうだ。
「バイオハザードV:リトリビューション」の興行収入は2週目まで44億円台、4週目まで41億円台と予想していたが、先週に引き続き38億円台と予想したい。
さすがに飽きられつつあるのか。
公開前個人予想は33億円だったので、実際以上に低めにしてしまった。
少々飽きられてきているようだが、日本人は何故か好きなようだ。


10位:「劇場版 私立バカレア高校」(ショウゲート)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 2億円台(OP時3億円台)
【公開規模】 72スクリーン(先週比-1スクリーン)
4.6千万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.4億円弱となっている。
1週間の伸びは7.4千万円程度だろうか。
平日の伸びが思ったよりも少ない。
デートムービーとなっているのか。

以下を考えると、意外と優秀な出足ではないだろうか。
☆12年「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」
OP0.7→2.0→2.6→3.0
☆12年「苦役列車」(73スクリーン)
OP0.2→0.5
☆12年「闇金ウシジマくん」(132スクリーン)
OP0.8→2.2→3.1
☆12年「劇場版 私立バカレア高校」(73スクリーン)
OP0.6→1.4億円→
「闇金ウシジマくん」以下というところか。
「劇場版 私立バカレア高校」の興行収入は先週3億円台と予想したが、2億円台に下方修正したい。
ヒットとは言えないが、この程度でも十分ではないか。
もっと悲惨なことになると思っていた。
主演が映画のタイミングと都合よくジャンケン大会で優勝するということで、知名度が上ったことも要因だろう。
ジャンケン大会はプロレスと同じということだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。