ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(10月4週目その3)

6位:「アウトレイジ ビヨンド」(ワーナー)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 15億円台
【配給会社期待値等】 最終興行収入15億円以上も見えてきている
【公開規模】 225スクリーン(先週比±0スクリーン)
6.5千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは11.9億円弱となっている。
1週間の動きは1.7億円程度だろうか。
既に10億円を突破している。
平日も稼いでいるようだ。

北野映画の興行収入は以下のとおり。
☆03年「座頭市」トータル28.5億円
☆05年「TAKESHIS」トータル3億円程度か
☆07年「監督・ばんざい」トータル1~2億円程度か
☆08年「アキレスと亀」トータル1~2億円程度か
☆09年「アウトレイジ」トータル7.5億円
OP1.5→3.9→5.4→6.3→6.9→7.2
☆12年「アウトレイジ ビヨンド」
祝3日4.0→7.5→10.2→11.9億円→
前作を楽に超えている。
前作との対比で考えると、「アウトレイジ ビヨンド」の興行収入は14.2億円となる。
これを超える程度だろうか。

「アウトレイジ ビヨンド」11.9億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「岳 ガク」12.8億円(トータル16.3億円)
☆「プリンセス トヨトミ」12.8億円(トータル16.2億円)
これらとの対比で考えると、「アウトレイジ ビヨンド」の興行収入は15.1~15.2億円となる。
ファンが多い監督であり、オープニングに殺到しただけであり、高い伸びはないとは思うが、話題にもなっており、多少の伸びはあるだろう。
「アウトレイジ ビヨンド」の興行収入は先週に引き続き15億円台と予想したい。
まさか、前作から100%の伸びを見せるとは思わなかった。


7位:「ロラックスおじさんの秘密の種」(東宝東和)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 6億円台
【公開規模】 489スクリーン(先週比-36スクリーン)
6.1千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは6.0億円となっている。
1週間の伸びは8.8千万円弱程度だろうか。
さすがに平日はあまり稼げていない。
同じくドクター・スース原作の08年「ホートン 不思議な世界のダレダーレ」はほとんどヒットしなかったが、これほどの規模で公開すれば、関係なくヒットするようだ。

参考となりそうなハリウッドアニメの興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「怪盗グルーの月泥棒 3D」トータル12.0億円
金2.5→6.3→8.2→9.5→11.3→11.7
☆10年公開「ヒックとドラゴン」トータル9.0億円
OP1.2→4.8→
☆11年公開「カンフー・パンダ2」トータル10.8億円
金2.7→6.6→9.0→9.8→10.2→
☆12年公開「長くつをはいたネコ」トータル12.0億円
OP1.7→4.9→8.6→10.8→11.3
☆12年公開「メリダとおそろしの森」
OP1.5→4.2→6.1→07.6→08.7
☆12年公開「ロラックスおじさんの秘密の種」
祝3日2.6→4.1→5.1→06.0億円→
これらとの対比で考えると、「ロラックスおじさんの秘密の種」の興行収入は6.6~7.6億円となる。
恐らく、もうほとんど伸びないだろう。
「ロラックスおじさんの秘密の種」の興行収入は先週に引き続き6億円台と予想したい。
この規模での公開の割にはコケぎみではあるが、日本で本作を当てるのは難しいだろう。
この程度でも十分と思われる。
公開規模の違いがあるが、「モンスター・ホテル」が当たらず、本作がここまで稼げる方が不思議だ。


9位:「神秘の法 The Mystical Laws」(日活)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 8億円台
【公開規模】 201スクリーン(先週比-11スクリーン)
5.3千万円を週末に稼ぎ、トータルでは5.8億円弱となっている。
1週間の伸びは9.9千万円半ば程度だろうか。
あまり稼げていないように思えるが、関連作品よりは動きがいい。

関係作品の興行収入は以下のとおり。
☆94年「ノストラダムス戦慄の啓示」不明
☆97年「ヘルメス 愛は風の如く」トータル7.4億円
☆00年「太陽の法 エル・カンターレへの道」トータル14.6億円
☆03年「黄金の法 エル・カンターレの歴史観」トータル17.0億円
☆06年「永遠の法 エル・カンターレの世界観」トータル12.5億円
OP0.9→2.3→3.8→5.0
☆09年「仏陀再誕」トータル8.6億円
OP1.6→3.3→4.7→5.9→8.4
☆12年「ファイナル・ジャッジメント」
OP1.2→2.8→3.9→4.8
☆12年「神秘の法 The Mystical Laws」
祝3日2.3→3.6→4.8→5.8億円→
「仏陀再誕」との対比で考えると、「神秘の法 The Mystical Laws」の興行収入は8.5億円となる。
この辺りがマックスだろう。
「神秘の法 The Mystical Laws」の興行収入は先週に引き続き8億円台と予想したい。
「仏陀再誕」トータル8.6億円と同程度だろうか。
00~06年の勢いはないが、手堅く稼いでいる。


10位:「バイオハザード ダムネーション」(ソニー)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 179スクリーン
5.2千万円のオープニングを飾った。
オープニングは関心がある者が集まったのだろう。
伸びがあるとは思えず、2億円台の興行収入となるだろうか。


11位:「アルゴ」(ワーナー)<1週目>
【公開前個人予想】 5億円台
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 115スクリーン
金曜日からの3日間で6.4千万円弱のオープニングを飾った。
土日2日間では5.0千万円だったようだ。
先週『金曜日からのオープニングは1.3億円程度か』と書いたので、予想よりもかなり低いオープニングとなった。
ここまで少ないスクリーンとは思わず、少なくとも倍程度のスクリーンは確保していると思っていた。
そのため、予想の前提が狂っていたが、それにしても低すぎる出足だ。
アカデミー賞ノミネート確実とされている作品であり、アメリカでもそれなりに稼いでいる。
公開前に『日本ではやや微妙な気がするので、アカデミー賞近くまで待った方がよかったのではないか』と書いたとおりとなりそうだ。

ベン・アフレック監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「ザ・タウン」トータル2.3億円
OP0.5→1.5→1.9→2.1
☆12年「アルゴ」
金0.7(OP0.5)億円→
「ザ・タウン」が大惨敗しているが、本作も同じような出足となっている。
2億円程度の動きではあるが、評価も高いので多少の伸びはあるだろう。
「アルゴ」の興行収入は3億円台と予想したい。
公開前個人予想は5億円台だったので、ハズれとなりそうだ。
評価の高い作品であり、ここまでスクリーン数を絞っているとは思わなかった。


12位:「最強のふたり」(GAGA)<9週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 15億円台(6週目13億円台、3~4週目8億円台、OP~2週目6億円台)
【公開規模】 139スクリーン(先週比+21スクリーン)
4.3千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは12.2億円となっている。
1週間の伸びは1.0億円弱程度だろうか。
10億円を楽に突破している。
オープニング時は49スクリーンだったが、ついに139スクリーンまで増えている。

週毎の動きは以下のとおり。
OP0.8→2週目1.7→3週目1.5→4週目1.9→5週目1.3→6週目1.5→7週目1.4→8週目1.1→9週目1.0億円となっている。
ほとんど落ち込みが見られない。
フランスで2011年に最もヒットした話題作であり、東京国際映画祭でもグランプリを獲得した作品。
ヒットの可能性もあるかと思ったが、小スクリーンであり、そこまで高い興行収入にならないと思ったが、爆発している。
今年公開されたアカデミー作品賞の「アーティスト」(スクリーン数178)よりも断然に高い動きとなっている。
日本人好みの作品ではあるが、このスクリーンでここまでヒットするものか。

タイプはやや違うかもしれないが、以下の作品の動きが参考となるか。
☆11年公開「英国王のスピーチ」トータル18.2億円
5週目8.9→10.3→11.3→12.2→13.1→14.3→15.7→
☆12年公開「最強のふたり」
5週目7.2→08.7→10.1→11.2→12.2億円→
これとの対比で考えると、「最強のふたり」の興行収入は16.9億円となる。
劇場館数も興行収入の伸びも止まらず、今後もかなり伸びそうだ。
「最強のふたり」の興行収入は2週目まで6億円台、4週目まで8億円台、6週目まで13億円台と予想していたが、先週に引き続き15億円台と予想したい。
スクリーン数が安定しないこともあるが、再上方修正を強いられるだろうか。


13位:「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」(東映)<2週目>
【公開前個人予想】 4億円台
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 172スクリーン(先週比+1スクリーン)
4.1千万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.4億円となっている。
1週間の伸びは6.7千万円程度だろうか。
平日にほとんど稼げていない。
もうちょっと稼ぐかと思ったが、現役の戦隊モノと過去の作品と同程度と考えたのは完全に誤りだったようだ。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」
OP1.6→3.0→3.9→4.5→4.9→5.1
☆12年「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」
OP0.7→1.4億円→
この半分程度となりそうだ。

「仮面ライダー」よりも戦隊モノの方が参考になるだろうか。
☆09年「炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」トータル3.1億円
OP0.9→1.8→
☆10年「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー」トータル4.7億円
OP1.5→2.6→3.6→4.1→4.5
☆11年「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」トータル3.6億円
OP1.1→2.1→2.8→3.3→3.5
☆11年「スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」トータル9.0億円
OP2.9→5.4→7.0→7.9→8.5→8.7
☆12年「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」
OP0.7→1.4億円→
戦隊モノは3~5億円というところか。
これらとの対比で考えると、「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」の興行収入は2.3~2.5億円となる。
1億円台の可能性もありそうだが、「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」の興行収入は先週に引き続き2億円台と予想したい。
公開前個人予想は4億円台だったのでハズれた。
東映のライダー・戦隊モノ依存体質にやや異変が生じそうだ。


14位:「バイオハザードV:リトリビューション」(ソニー)<7週目>
【公開前個人予想】 33億円
【現時点での興行収入予想】 38億円台(4週目41億円台、OP~2週目44億円台)
【配給会社期待値等】 最終興収50億円へ
【公開規模】 403スクリーン(先週比-132スクリーン)
4.1千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは37.1億円となっている。
1週間の伸びは9.2千万円程度だろうか。
アメリカではイマイチの成績だが、日本での人気は相変わらず衰えを知らない。
今年公開の洋画作品では「アベンジャーズ」を抜きナンバーワンの興行収入となりそうだ。
アメリカ人が知ったら、驚くだろう。

「バイオハザード」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆02年公開「バイオハザード」トータル23.0億円
☆04年公開「バイオハザードⅡ」トータル27.0億円
先6.5(OP5.1)→14.3→18.4→21.3→23.1→24.1→24.5→24.8
☆07年公開「バイオハザードⅢ」トータル28.5億円
OP6.0→14.5→19.4→23.5→25.7→26.2→27.3→28.0
☆10年公開「バイオハザードⅣ」トータル47.0億円
先13.1(金8.9)→祝26.0→32.4→37.2→41.6→44.0→45.0
☆12年公開「バイオハザードV:リトリビューション」
4日12.5(OP6.8)→22.0→28.1→祝33.0→34.7→36.2→37.1億円→
日本では不思議とヒットするシリーズ。
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は38.7~40.4億円となる。
さすがに前作は下回りそうだ。
40億円突破も微妙か。

以下がライバルとなるか。
☆11年「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」トータル53.8億円
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4→47.7→50.0→51.6→52.6
☆11年公開「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」トータル42.5億円
金8.2→17.9→26.5→34.2→37.5→39.8→41.0→41.7
☆11年公開「猿の惑星」トータル24.2億円
4日7.3→13.1→17.8→20.6→22.6→23.3→23.7
☆12年公開「バイオハザードV:リトリビューション」
4日12.5→22.0→28.1→祝33.0→34.7→36.2→37.1億円→
これらとの対比で考えると、「バイオハザードV:リトリビューション」の興行収入は37.9~39.9億円となる。
「トランス」対比39億円以下、「猿の惑星」対比38億円以上となりそうだ。
「バイオハザードV:リトリビューション」の興行収入は2週目まで44億円台、4週目まで41億円台と予想していたが、先週に引き続き38億円台と予想したい。
さすがに飽きられつつあるのか。
公開前個人予想は33億円だったので、実際以上に低めにしてしまった。
少々飽きられてきているようだが、日本人は何故か好きなようだ。


順位不明:「モンスター・ホテル」(ソニー)<5週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 78スクリーン(先週比-44スクリーン)
5.3百万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは1.3億円となっている。
1週間の伸びは9.4百万円程度だろうか。
スクリーン数が中途半端なこともあるが、大コケとなっている。
アメリカではヒットしており、宣伝次第ではもう少しなんとかなったと思うが、配給サイドはムチャをしなかったようだ。
「モンスター・ホテル」の興行収入は先週に引き続き1億円台と予想したい。
スクリーン数の違いを加味しても、「ロラックスおじさんの秘密の種」に比べて、ここまで差が出るとは思わなかった。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。