ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(11月2週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語」
ドキュメンタリータッチではないこともあり、比較的当たりやすいと思われる。
ミュージカル映画並みのヒットとなるのではないか。
10年「NINE」トータル7.8億円、10年「バーレスク」トータル7.9億円をやや上回る8億円台と予想したい。
金曜日からのオープニング3日は1.4億円程度か。
ロングセールスとなるだろう。


◎「悪の教典」(東宝)
三池崇史監督作品、伊藤英明主演作。
バイオレンス作品はヒットしにくいものだが、まれにハマってヒットすることがある。
00年「バトル・ロワイアル」(トータル31.1億円)のように本作はハマってヒットするタイプの作品だろう。
「告白」(トータル38.5億円)のように話題が話題を呼んで大ヒットとなる可能性もあるが、三池崇史監督作品であり、そこまでの爆発力はないだろう。
内容も内容だけに20億円前後というところではないか。
今年の「ヘルタースケルター」を超える程度と考えて、23億円台と予想したい。
オープニングは3.6億円程度か。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。