ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(11月2週目その3)

4位:「映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!」(東映・テレビ朝日)<3週目>
【公開前個人予想】 8億円台
【現時点での興行収入予想】 8億円台
【公開規模】 172スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.0億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは5.6億円となっている。
1週間の伸びは1.4億円程度だろうか。
当然、平日にはほとんど稼げていない。
伸びもイマイチのような気がする。

関連作品の興行収入は以下の通り。
☆05年「ふたりはプリキュア Max Heart」トータル8.5億円
OP1.9→3.5→5.4→7.3→7.8
☆05年「ふたりはプリキュア MaxHeart2」トータル5.7億円
OP1.2→不明→3.1
☆06年「ふたりはプリキュア Splash Star」トータル3.0億円
OP0.56
☆07年「Yes!プリキュア5」トータル8.0億円
OP1.7→3.7→5.6→6.5→7.1
☆08年「Yes!プリキュア5 GoGo!」トータル7.9億円
OP1.6→3.4→4.8→6.2→6.8→7.2
☆09年「オールスターズDX」トータル10.1億円
3日2.4→5.1→7.6→8.6→9.0
☆09年「フレッシュプリキュア!」トータル8.0億円
OP1.7→3.8→5.1→5.9→6.9→7.2
☆10年「オールスターズDX2」トータル11.5億円
3日3.2→6.0→9.0→10.3→10.8→10.9
☆10年「ハートキャッチプリキュア!」トータル9.3億円
OP2.4→4.8→6.2→7.2→8.2→8.6→8.8
☆11年「オールスターズDX3」トータル10.2億円
OP1.4→4.1→6.8→8.2→8.8→9.1
☆11年「スイートプリキュア♪」トータル8.9億円
OP2.0→4.8→6.1→7.1→8.0→8.3→8.4
☆12年「オールスターズ」トータル10.3億円
OP2.0→5.0→7.5→9.0→9.5→9.7
☆12年「スマイルプリキュア」
OP1.9→4.2→5.6億円→
この時期のプリキュアは8~9億円程度か。
主要作品との対比で考えると、本作の興行収入は7.7~8.4億円となる。
伸びがやや低いが、例年通りに稼いでくれるだろう。
「映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!」の興行収入は先週に引き続き、昨年同時期並み8億円台と予想したい。
公開前個人予想は8億円台だったので、当たりとなりそうだ。
何度でも言うが、東映はプリキュアとライダーに支えられている。


6位:「黄金を抱いて飛べ」(松竹)<2週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 5億円台(OP時7億円台)
【公開規模】 191スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.5千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは2.6億円弱となっている。
1週間の伸びは1.6億円弱程度だろうか。
平日にもそれなりに稼いでいるが、低い水準の伸びだ。
本作が公開する直前までもっとビッグヒットになると思っていた。
「レディ・ジョーカー」の高村薫原作、著名な井筒和幸監督、妻夫木聡主演作品。
浅野忠信、桐谷健太、溝端淳平、東方神起の人、西田敏行と共演者も豪華。
『このトリオならばヒットするのではないかと思ったが、スクリーン数が200スクリーン未満であり、やや微妙。一般向けのエンターテイメント作品ではなく、勝負気配はないかもしれない』と考えて評価は下げたが、「悪人」以降の最近の妻夫木主演作品が「マイ・バック・ページ」「スマグラー」「愛と誠」と全く振るわない。

サスペンス系なので以下が参考となるかと思ったが、無理だろう。
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円
OP3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆12年「ライアーゲーム -再生-」トータル21.0億円
OP3.1→08.7→12.6→16.0→18.8→20.2
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円
OP3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆11年「アンフェア the answer」トータル23.4億円
OP3.1→10.6→15.6→祝19.1→20.7→21.9→22.5→22.9
☆09年「カイジ 人生逆転ゲーム」トータル22.5億円
祝3日5.3→10.0→14.1→17.2→19.7→20.9→祝21.6→21.9
☆11年「カイジ2~人生奪回ゲーム~」トータル16.1億円
OP3.5→08.0→11.1→13.4→14.6→15.2→15.5
☆12年「黄金を抱いて飛べ」
OP1.0→02.6億円→
これらとの対比で考えると、「黄金を抱いて飛べ」の興行収入は5.2~6.3億円となる。
6億円突破も厳しいか。

「黄金を抱いて飛べ」2.6億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「毎日かあさん」2.6億円(トータル6.0億円)
☆「はやぶさ/HAYABUSA」2.5億円(トータル5.0億円)
☆「一命」2.6億円(トータル4.5億円)
これらの作品との対比で考えると、「黄金を抱いて飛べ」の興行収入は4.5~6.0億円となる。
期待をしていた作品なので、「黄金を抱いて飛べ」の興行収入は先週のオープニング時に7億円台と予想したが、あまり伸びそうもない。
「黄金を抱いて飛べ」の興行収入は5億円台に下方修正したい。
公開前個人予想は9億円台だったため、ハズれとなりそうだ。
妻夫木主演の「悪人」はヒットしたが、本作は年配層と若年層から敬遠されたか。
妻夫木主演作が最近不調であり、気になるところだ。


7位:「リンカーン/秘密の書」(20世紀フォックス)<2週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 5億円台
【公開規模】 405スクリーン(先週比+1スクリーン)
5.4千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは3.1億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.4億円半ば程度だろうか。
大きくコケると思っていたので、思ったよりも稼いでいる。
公開前に『主役が知名度のあるキャラクターなので、ヒットする可能性はあるが、結局のところただのヴァンパイアモノと同じではないだろうか。しかも、主演の知名度が低く、暗めの作風のため、日本でもヒットしないと考えたい』と書いたが、やはりリンカーンという名前がポイントだったようだ。
なお、アメリカではトータル38百万ドルと惨敗している。

「リンカーン/秘密の書」3.1億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「グリーン・ホーネット」3.4億円(トータル5.9億円)
☆「カウボーイ&エイリアン」3.1億円(トータル4.6億円)
☆「ミッション:8ミニッツ」3.0億円(トータル4.6億円)
☆「アジャストメント」3.0億円(トータル4.5億円)
☆「サンクタム」2.9億円(トータル4.1億円)
これらとの対比で考えると、「リンカーン/秘密の書」の興行収入は4.4~5.4億円となる。
伸びがなければ4億円台、普通の伸びであれば5億円台となりそうだ。
大して伸びないが、普通には伸びるだろう。
「リンカーン/秘密の書」の興行収入は先週に引き続き5億円台と予想したい。
公開前個人予想は「キャプテン・アメリカ」レベルと考えて3億円台としたが、「グリーン・ホーネット」や「カウボーイ&エイリアン」レベルと考えればよかった。
手軽のアクションなので、もうちょっと評価すべきだったか。
しかし、有楽町の日劇1という巨大スクリーンで公開されており、そういう意味ではこの程度では物足りないだろう。


8位:「パラノーマル・アクティビティ4」(パラマウント)<2週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 2億円台(OP時3億円台)
【公開規模】 156スクリーン(先週比±0スクリーン)
3.6千万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.7億円となっている。
1週間の伸びは8.1千万円程度だろうか。
平日もそれなりに伸びているが、やはり、そろそろ飽きられつつあるか。

シリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「パラノーマル・アクティビティ」トータル5~6億円
OP1.0→2.6→4.0→4.8
☆11年「パラノーマル・アクティビティ2」トータル4.3億円
祝3日1.2(OP0.7)→2.5→3.3→3.7→4.0
☆11年「パラノーマル・アクティビティ3」トータル3.7億円
火1.5(OP0.6)→2.3→2.9→3.4
☆12年「パラノーマル・アクティビティ4」
木0.9(OP0.6)→1.7億円→
週末の動きはあまり変わらないようだ。
これらとの対比で考えると、「パラノーマル・アクティビティ4」の興行収入は2.7~2.9億円となる。
他のシリーズ作品を大きく下回りそうだ。
「パラノーマル・アクティビティ4」の興行収入は先週のオープニング時に3億円台と予想したが、2億円台に下方修正したい。
公開前個人予想も3億円台だったので、悪くはないが、この程度になるのは誰でも分かるだろう。


9位:「エクスペンダブルズ2」(松竹)<4週目>
【公開前個人予想】 10億円台
【現時点での興行収入予想】 7億円台(OP~3週目8億円台)
【公開規模】 429スクリーン(先週比-99スクリーン)
3.2千万円を週末に稼ぎ、トータルでは6.8億円半ばとなっている。
1週間の伸びは8.0千万円半ば程度だろうか。
週末成績は早くも息切れしており、思ったよりも勢いはあまりないようだ。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆10年公開「エクスペンダブルズ」トータル9.2億円
OP1.8→4.9→6.8→8.1→8.7
☆12年公開「エクスペンダブルズ2」
OP1.6→4.4→6.0→6.8億円→
前作は280スクリーン程度だったので、倍程度の勝負を掛けたが、前作よりも低いという結果となった。
アメリカでは1がトータル103百万ドル、2がトータル85百万ドルとなっており、17.5%の減少となっている。
公開前に『しかし、日本ではスタローン、シュワ、ブルースの人気は高く、気軽に楽しめられる派手なアクション作品は日本人好みだ。日本では前作よりも微増するのではないか』と書いたが、微妙な結果となりそうだ。
前作との対比で考えると、本作の興行収入は7.7億円となる。

「エクスペンダブルズ2」6.8億円と同程度の4週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「世界侵略:ロサンゼルス決戦」6.6億円(トータル7.5億円)
☆「ヒアアフター」6.9億円(トータル7.0億円)
☆「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」6.3億円(トータル7.0億円)
津波で打ち切られた「ヒアアフター」以外の作品との対比で考えると、「エクスペンダブルズ2」の興行収入は7.6~7.7億円となる。
「エクスペンダブルズ2」の興行収入は伸びると考えて粘り強く8億円台と予想していたが、やはり7億円台となりそうなので、下方修正したい。
公開前個人予想は10億円台だったので、やや高すぎた。
日本人好みのアクションだと思ったが、若者向けではないのか。


10位:「ツナグ」(東宝)<6週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 16億円台(2週目12億円台)
【公開規模】 307スクリーン(先週比+1スクリーン)
2.9千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは15.2億円弱となっている。
1週間の伸びは8.6千万円弱程度だろうか。
平日も稼げているようだ。
予想できなかったが、地味なイメージだったので、もうちょっと低いかなと思っていた。
学生だけではなくて、年齢層が幅広そうだ。
生者と死者をツナグという感動作っぽいところが惹かれたのだろうか。

JUJUが主題歌を担当した映画の興行収入は以下のとおり。
☆10年「余命1か月の花嫁」トータル31.5億円
OP4.1→11.6→17.1→21.7→25.1→27.5
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」17億円程度か
OP2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5→16.0
☆12年「ツナグ」
祝3日2.9→6.5→9.9→12.5→14.3→15.2億円→
これらとの対比で考えると、「ツナグ」の興行収入は16.7~17.4億円となる。
「余命」対比17.4億円までは伸びないだろう。

「ツナグ」15.2億円と同程度の6週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「岳 ガク」15.0億円(トータル16.3億円)
☆「プリンセス トヨトミ」15.0億円(トータル16.2億円)
☆「カイジ2」15.2億円(トータル16.1億円)
これらとの対比で考えると、「ツナグ」の興行収入は16.1~16.5億円となる。
これらの対比は超えてきそうだが、大きな伸びもないだろう。
「ツナグ」の興行収入は2週目に12億円台と予想したが、先週に引き続き16億円台と予想したい。
感動ヒューマンドラマは高めに予想しないといけないが、本作がここまで当たるとは思わなかった。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。