ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(11月第3週目)

1位となったのは新作の「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン2」。
事前には週末3日間で158百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る141.3百万ドルのオープニングを飾った。
予想は下回っているが、この程度の誤差ならば特に問題はない。
公開前に『主演2人の交際が色々と揉めているが、本作は大爆発するだろう』と書いたとおりと当然なりそうだ。
監督は前作に引き続き、06年「ドリームガールズ」のビル・コンドン。
主演は、もちろんクリステン・スチュアート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー。

過去のシリーズ作品は以下のとおり。
☆08年「トワイライト~初恋~」トータル193百万ドル
OP070→120→138→150→158→167(製作費37百万ドル)
☆09年「ニュームーン/トワイライト・サーガ」トータル297百万ドル
OP143→231→255→267→275→281(製作費50百万ドル)
☆10年「エクリプス/トワイライト・サーガ」トータル301百万ドル
先158→235→265→280→288→293(製作費68百万ドル)
☆11年「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン1」トータル281百万ドル
OP138→221→247→259→266→270
☆12年「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン2」(製作費120百万ドル)
OP141百万ドル→
第1作を除く作品との対比で考えると、本作の興行収入は269~293百万ドルとなる。
評価は普通なので、大して伸びはないだろう。
「エクリプス/トワイライト・サーガ」トータル301百万ドルを下回ると考えて、「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン2」の興行収入は2億9千万ドル台と予想したい。
制作費がそれほど高くはないので、かなりの儲けとなるシリーズとなった。
しかし、12年「ハンガー・ゲーム」トータル408百万ドルを稼いでいるので、極端な爆発力はなかったようだ。


2位は2週目の「007 スカイフォール」
トータルでは161百万ドルとなっている。
製作費2億ドルの回収が目標となる。
イギリスで大ヒットしており、全世界で稼げる作品なので、制作費がかなり掛けられるようだ。
シリーズモノのアクション作品。
公開前に『前作・前々作を超えるヒットとなるだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
監督は、99年「アメリカン・ビューティー」トータル130百万ドル、02年「ロード・トゥ・パーディション」トータル104百万ドルのサム・メンデス。
主演はダニエル・クレイグ。
ハビエル・バルデム、ジュディ・デンチ、レイフ・ファインズなどが共演している。

過去の007作品の興行収入は以下のとおり。
☆06年「カジノ・ロワイヤル」トータル167百万ドル
OP41→094→116→129→138→144→154→160
☆08年「慰めの報酬」トータル168百万ドル
OP68→109→141→152→158→161→164→167
☆12年「スカイフォール」
OP91→161百万ドル→
これらとの対比で考えると、「スカイフォール」の興行収入は248~286百万ドルとなる。

他のライバル作品を超えるかが注目となる。
☆02年「ボーン・アイデンティティ」122百万ドル
OP27→054→073→089→099→107→110
☆04年「ボーン・スプレマシー」トータル176百万ドル
OP53→099→125→140→150→158→164
☆07年「ボーン・アルティメイタム」トータル227百万ドル
OP69→132→165→185→200→210→216
☆96年「ミッション・インポッシブル」トータル181百万ドル
☆00年「M:i-2」トータル215百万ドル
☆06年「M:i:Ⅲ」トータル134百万ドル
OP48→85→104→114→123→127
☆11年「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」トータル209百万ドル
限13→込77→込141→170→187→197
☆12年「スカイフォール」
OP91→161百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「スカイフォール」の興行収入は254~286百万ドルとなる。
評価はメチャクチャ高いので、伸びもあるだろう。
とりあえずは、「スカイフォール」の興行収入は先週に引き続き、これらの作品を超える2億3千万ドル台と予想したい。
もうちょっと伸びそうだが、しばらく様子を見たい。
果たしてスパイ映画の頂点に立つことはできるだろうか。


3位は2週目の「Lincoln」。
事前には週末3日間で11.5百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を大きく上回る21.0百万ドルのオープニングを飾った。
スティーヴン・スピルバーグ監督の歴史ドラマ。
ダニエル・デイ・ルイス主演作品。
先週11スクリーンで公開されており、高稼働していた。

スピルバーグ監督の主な作品の興行収入は以下のとおり。
☆02年「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル165百万ドル
OP5日49(OP30)→97→119→134→145
☆04年「ターミナル」トータル78百万ドル
OP19→041→054→065→071→74
☆05年「ミュンヘン」トータル47百万ドル
OP4日06→祝込16→25→33→38
☆11年「戦火の馬」トータル80百万ドル
OP4日15→祝込44→57→66→73
☆12年「Lincoln」
OP01→22百万ドル→
「戦火の馬」「ターミナル」を楽に超えそうだ。

以下の作品並となるのではないか。
☆10年「ソーシャル・ネットワーク」トータル97百万ドル
OP22→46→62→73→80→85
☆12年「アルゴ」
OP19→43→61→76→86→92百万ドル→
☆12年「Lincoln」
OP01→22百万ドル→
評価もメチャクチャ高いので、「Lincoln」の興行収入は1億3千万ドル台と予想したい。
賞レースにも参加しそうであり、年末年始にも稼ぐだろう。


4位は3週目の「シュガー・ラッシュ」。
トータルでは121百万ドルとなっている。
製作費165百万ドルの回収は可能だろう。
公開前に『ビッグヒットにはならないだろう。(しかし)さすがにそれなりには稼ぐだろう』と書いたが、思った以上に高い動きとなっている。
評価の高さが要因だろう。
ディズニー系の3Dアニメ作品。

過去11月に公開されたディズニー作品の興行収入は以下のとおり。
☆05年「チキン・リトル」トータル135百万ドル
OP40→80→99→118→124→127
☆08年「ボルト」トータル114百万ドル
OP26→67→79→089→095→102
☆10年「塔の上のラプンツェル」トータル201百万ドル
先69→97→115→128→144→168
☆12年「シュガー・ラッシュ」
OP49→94→121百万ドル→
「塔の上のラプンツェル」以外の作品との対比で考えると、「シュガー・ラッシュ」の興行収入は165~175百万ドルとなる。
これらの対比を超えるだろう。

今年のアニメ作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「メリダとおそろしの森」トータル236百万ドル
OP66→132→174→196→209→217→223
☆12年「マダガスカル3」トータル216百万ドル
OP60→119→157→180→196→204→208
☆12年「ロラックスおじさんの秘密の種」トータル214百万ドル
OP70→122→158→177→189→198→205
☆12年「Ice Age: Continental Drift」トータル160百万ドル
OP47→089→115→132→144→150→154
☆12年「モンスター・ホテル」
OP43→077→102→119→130→138百万ドル→
☆12年「シュガー・ラッシュ」
OP49→094→121百万ドル→
さすがに他の作品と比べると、分が悪いところはある。
これらとの対比で考えると、「シュガー・ラッシュ」の興行収入は164~168百万ドルとなる。
評価はメチャクチャ高いので伸びがありそうだ。
年末に向けて伸びていくのではないか。
「シュガー・ラッシュ」の興行収入は先週に引き続き1億8千万ドル台と予想したい。
ディズニーアニメは知名度の割にはあまり稼げないというイメージがあったが、その考えを改めた方がいいかもしれない。


5位は3週目の「フライト」。
トータルでは61百万ドルとなっている。
製作費31百万ドルの回収は余裕だった。
公開前に『ビッグヒットにはならないだろう。(しかし)スクリーン数が多くはないが、「Flight」はそこそこは稼ぐのではないか』と書いたが、OP時1884というスクリーン数の割には大ヒットとなりそうだ。
3週目で2612スクリーンに拡大されている。
デンゼル・ワシントン主演、ロバート・ゼメキス監督のヒューマンドラマ。
予告編では、デンゼル扮するパイロットが飛行機事故を軽度に収めてヒーローに祭りあげられたが、アルコールが検出されて窮地に追い込まれるような内容だった。

デンゼル・ワシントン主演作の興行収入は以下の通り。
☆01年「トレーニングデイ」トータル77百万ドル
OP23→43→57→65→70→73
☆02年「ジョンQ-最後の決断-」トータル72百万ドル
OP20→40→51→59→64→67
☆03年「タイムリミット」トータル41百万ドル
OP16→29→35→38→39→40
☆04年「クライシス・オブ・アメリカ」トータル66百万ドル
OP20→38→48→55→59→62
☆04年「マイ・ボディガード」トータル78百万ドル
OP23→44→56→64→69→73
☆06年「インサイド・マン」トータル89百万ドル
OP29→53→66→75→81→84
☆06年「デジャヴ」トータル64百万ドル
先29→44→53→58→60→62
☆07年「アメリカン・ギャングスター」トータル130百万ドル
OP44→80→101→116→122→126→128
☆09年「サブウェイ123 激突」トータル65百万ドル
OP23→44→53→59→61→63
☆10年「ザ・ウォーカー」トータル95百万ドル
OP33→61→75→82→88→91
☆10年「アンストッパブル」トータル82百万ドル
OP23→42→60→69→74→77
☆12年「デンジャラス・ラン」トータル126百万ドル
OP40→78→98→108→116→120→123→124
☆12年「フライト」
OP25→47→61百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「フライト」の興行収入は77~85百万ドルとなる。
評価はかなり高いので伸びはあるだろう。
「フライト」の興行収入は先週に引き続き8千万ドル台と予想したい。
相変わらず、デンゼル・ワシントンは手堅く稼ぐ。
ロバート・ゼメキスも久々の実写映画を成功に収めたようだ。


6位は6週目の「アルゴ」。
トータルでは92百万ドルとなっている。
製作費44.5百万ドルの倍以上を回収している。
公開前に『「アルゴ」はヒットしそうだ』と書いたが、期待ほどの爆発はなかったものの、評価の高さもあり、3週目で首位となっていた。
ベン・アフレック監督・主演のサスペンスドラマ。

ベン・アフレック監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「ゴーン・ベイビー・ゴーン」トータル20百万ドル
OP06→11→15→17→18
☆10年「ザ・タウン」トータル92百万ドル
OP24→49→64→74→81→85→88
☆12年「アルゴ」
OP19→43→61→76→86→92百万ドル→
「ザ・タウン」を超えそうだ。
「ザ・タウン」との対比で考えると、「アルゴ」の興行収入は100百万ドルとなる。
「ザ・タウン」よりも伸びが良いので、この対比を超えそうだ。

評価がメチャクチャ高いので、アカデミー賞候補になるといわれている。
以下がライバルとなるか。
☆10年「ソーシャル・ネットワーク」トータル97百万ドル
OP22→46→62→73→80→85
☆12年「アルゴ」
OP19→43→61→76→86→92百万ドル→
これとの対比で考えると、「アルゴ」の興行収入は105百万ドルとなる。
評価がより一層高まっており、かなりの伸びはありそうだ。
「アルゴ」の興行収入は2週目まで8千万ドル台と予想していたが、先週に引き続き1億ドル台と予想したい。
ベン・アフレックは、俳優としてのイマイチな評価だったが、監督としての評価をますます高めている。


7位は7週目の「96時間/リベンジ」。
トータルでは135百万ドルとなっている。
製作費45百万ドルの3倍近くを楽に回収する大ヒットとなった。
監督は前作とは異なりオリヴィエ・メガトン。
共同脚本、プロデューサーは前作に引き続きリュック・ベッソン。
主演は前作に引き続きリーアム・ニーソン。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆09年「96時間」トータル145百万ドル
OP25→54→078→095→108→118→127→133→137
☆12年「96時間/リベンジ」
OP50→86→106→117→126→131→135百万ドル→
前作を超えるかが注目となる。
前作は極端なロングセールスとなったが、本作はそのような伸びはないだろう。

オリヴィエ・メガトン監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「トランスポーター3」トータル32百万ドル
先18(OP12)→26→29→31→32
☆11年「コロンビアーナ」トータル37百万ドル
OP10→22→30→33→35
☆12年「96時間/リベンジ」
OP50→86→106→117→126→131→135百万ドル→
良い実績を作れたのではないか。

リーアム・ニーソン主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「特攻野郎Aチーム THE MOVIE 」トータル77百万ドル
OP26→50→63→69→74→75
☆11年「アンノウン」トータル64百万ドル
OP22→43→53→58→61
☆12年「The Grey」トータル52百万ドル
OP20→35→43→48→50
☆12年「96時間/リベンジ」
OP50→86→106→117→126→131→135百万ドル→
評価はそれほど悪くはない程度なので、思った以上の伸びはなさそうだ。
「96時間/リベンジ」の興行収入はオープニング時に1億5千万ドル台と予想したが、先週に引き続き1億3千万ドル台と予想したい。
それでも大ヒットといえるだろう。
リーアム・ニーソンの渋さが人気の秘密か。
リーアム・ニーソンの評価はさらに高まったのではないか。
ここまでヒットすれば、さらなる続編も濃厚だろう。


8位は8週目の「Pitch Perfect」。
トータルでは62百万ドルとなっている。
製作費17百万ドルの4倍近くを回収している。
監督はあまり実績のないJason Moore。
アナ・ケンドリック主演のアカペラコーラス部を舞台とした学園モノのコメディ。
OP時335スクリーンから2週目に2770スクリーンに拡大公開された。
5~6週目は11位だったが、7週目でトップ10以内に返り咲くという根強い人気を誇っている。

以下のコメディ作品が参考となるか。
☆11年「ブライズメイズ」トータル169百万ドル
OP26→59→85→107→124→136→147→153
☆03年「スクール・オブ・ロック」トータル81百万ドル
OP20→40→55→63→69→73→76→78
☆12年「Pitch Perfect」
OP05→22→36→46→51→56→59→62百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Pitch Perfect」の興行収入は64~68百万ドルとなる。
評価はかなり高いので、伸びはありそうだが、もはや極端には伸びないだろう。
「Pitch Perfect」の興行収入は先週に引き続き6千万ドル台と予想したい。
サプライズヒットとなりそうだ。


9位は6週目の「Here Comes the Boom」。
トータルでは41百万ドルとなっている。
制作費は不明。
公開前に『それなりには稼ぐのではないか』と書いたとおりとなりそうだが、もうちょっと稼ぐとは思っていた。
ケヴィン・ジェームスが演じる高校教師が格闘技大会に出場するコメディ作品。
サルマ・ハエックが共演している。
監督はフランク・コラチ。

フランク・コラチ監督の興行収入は以下のとおり。
☆06年「もしも昨日が選べたら」トータル137百万ドル
OP40→78→106→120→128→132
☆11年「Mr.ズーキーパーの婚活動物園」トータル80百万ドル
OP20→42→059→069→074→076
☆12年「Here Comes the Boom」
OP12→23→030→036→039→041百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Here Comes the Boom」の興行収入は43~43百万ドルとなる。

ケヴィン・ジェームスが出演したコメディ作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年「モール★コップ」トータル146百万ドル
OP32→65→083→097→110→121→128
☆10年「アダルトボーイズ青春白書」トータル162百万ドル
OP41→78→111→129→142→151
☆11年「Mr.ズーキーパーの婚活動物園」トータル80百万ドル
OP20→42→059→069→074→076
☆12年「Here Comes the Boom」
OP12→23→030→036→039→041百万ドル→
単独主演の「Mr.ズーキーパーの婚活動物園」との対比で考えると、「Here Comes the Boom」の興行収入は43百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度なので、伸びはないだろう。
「Here Comes the Boom」の興行収入は先週に引き続き4千万ドル台と予想したい。
「モール★コップ」は大ヒットしたが、ケヴィン・ジェームスは単独主演のコメディではそれほど稼げないだろう。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆アン・リー監督の3Dアドベンチャー「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」
☆ジョシュ・ハッチャーソン、クリス・ヘムズワース主演のリメイクアクション「Red Dawn」
☆ドリームワークスのアニメ作品「Rise of the Guardians」
「Rise of the Guardians」は当然稼ぐだろう。
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」はそれなりには稼ぐだろう。
「Red Dawn」はヒットにはならないだろう。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。