ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(12月1週目その3)

6位:「任侠ヘルパー」(東宝・フジテレビ)<3週目>
【公開前個人予想】 10億円台
【現時点での興行収入予想】 7億円台
【公開規模】 270スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.6千万円を週末に稼ぎ、トータルでは5.0億円となっている。
1週間の伸びは1.4億円半ば程度だろうか。
平日にも稼いでいるが、全体的に低い数値となっている。
やはり望まれる映画化ではなかったようだ。
公開前に、トータルでは伸びるという想定で予想したが、期待していた伸びはないかもしれない。
09年7月クールの平均視聴率は14.9%となっている。
11年1月のSPドラマは12.5%となっている。
公開前に『視聴率は悪くはないが、映画化するほどの作品ではないので、大ヒットにはならないだろう』と書いたとおりそうだ。

草なぎ剛主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆03年「黄泉がえり」トータル30.7億円
☆06年「日本沈没」トータル53.4億円
OP6.0→19.0→26.3→31.8→37.1→44.0→47.0
☆08年「山のあなた 徳市の恋」トータル3億円見込み
OP0.5→01.6→02.2→02.5→02.7
☆09年「BALLAD 名もなき恋のうた」トータル18.1億円
OP2.3→06.3→09.3→13.6→15.5→祝16.8→17.3→17.7
☆11年「僕と妻の1778の物語」トータル12.3億円
OP1.6→05.0→07.5→09.2→10.5→11.2→11.6→11.8
☆12年「任侠ヘルパー」
OP1.2→03.6→05.0億円→
主要作品との対比で考えると、「任侠ヘルパー」の興行収入は8.2~10.2億円となる。
ここまで伸びないだろう。

「任侠ヘルパー」5.0億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「漫才ギャング」5.3億円(トータル8.4億円)
☆「DOG×POLICE 純白の絆」5.5億円(トータル7.6億円)
☆「さや侍」4.7億円(トータル6.3億円)
これらとの対比で考えると、「任侠ヘルパー」の興行収入は6.7~7.9億円となる。
ドラマの映画化なので、ある程度は伸びてくれるだろう。
「任侠ヘルパー」の興行収入は先週に引き続き7億円台と予想したい。
公開前個人予想は10億円台だったので、さすがに高すぎたか。
知名度のあるドラマなので、それほど低くも予想しにくい。


7位:「北のカナリアたち」(東映)<5週目>
【公開前個人予想】 17億円台
【現時点での興行収入予想】 14億円台(OP~2週目17億円台)
【配給会社期待値等】 興収20億円突破が確実となる好スタートを切った
【公開規模】 331スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.5千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは11.5億円となっている。
1週間の伸びは1.3億円程度だろうか。
10億円をなんとか突破している。
平日にもしっかりと稼いでいるようだ。
吉永小百合主演作なので、コケる可能性は当然低かった。
また、「告白」の湊かなえの原案であり、ストーリーはそれなりに期待できる。
共演者も森山未來、満島ひかり、宮﨑あおい、勝地涼、松田龍平、小池栄子と揃っている。

吉永小百合主演作品の興行収入は以下の通り。
☆00年「長崎ぶらぶら節」トータル11.6億円
☆01年「千年の恋 ひかる源氏物語」トータル20.8億円
☆05年「北の零年」トータル27.0億円
OP2.5→7.8→12.0→15.1→18.2→20.3→22.2
☆08年「母べえ」トータル21.2億円
OP1.6→6.4→祝10.9→13.4→15.7→17.3→18.2
☆08年「まぼろしの邪馬台国」トータル9.5億円
OP1.6→3.5→04.8→05.8→不明→07.2→07.7
☆10年「おとうと」トータル21.0億円
OP2.4→7.2→11.1→13.7→15.6→17.0→17.8
☆12年「北のカナリアたち」
OP1.8→5.6→08.3→10.2→11.5億円→
20億円は期待できる女優。
今回も実績どおりそれなりには稼ぎそうだ。
「おとうと」「母べえ」との対比で考えると、「北のカナリアたち」の興行収入は15.5~15.5億円となる。
「北の零年」との対比で考えると、「北のカナリアたち」の興行収入は17.1億円となる。
伸びることを期待していたが、期待の伸びが足りない。
本作と吉永ファンとのテイストが異なるのか。

高倉健さんにも勝てないだろうか。
☆12年「あなたへ」
OP2.4→8.7→13.7→祝17.9→19.6→20.9
☆12年「北のカナリアたち」
OP1.8→5.6→08.3→10.2→11.5億円→
この程度の伸びでいきたいところだ。

「北のカナリアたち」11.5億円と同程度の5週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「パラダイス・キス」12.2億円(トータル13.9億円)
☆「八日目の蝉」10.7億円(トータル12.4億円)
☆「探偵はBARにいる」10.8億円(トータル12.2億円)
これらとの対比で考えると、「北のカナリアたち」の興行収入は13.0~13.3億円となる。
『13億円台程度の動きだが、吉永小百合主演作品なので当然平日に伸びがあるだろう』と期待していたが、本作は厳しいか。
マックス17億円、ミニマム13億円というところか。
「北のカナリアたち」は2週目まで17億円台と予想していたが、先週に引き続き14億円台と予想したい。
公開前個人予想は17億円台だったので、それほど悪くはない予想だったようだ。
配給会社期待値の興収20億円突破は到底無理であったが、10億円を突破しており、吉永小百合の人気はまだまだ健在とは感じさせる。
「あなたへ」のヒットなどもあわせて、年配層が映画を支えていることが分かる。


8位:「綱引いちゃった!」(東宝)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 253スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.2千万円を週末に稼ぎ、トータルでは2.0億円弱となっている。
1週間の伸びは9.9千万円半ば程度だろうか。
予想できなかったが、もっと大きくコケると思っていた。
スポーツ感動作品なので、内容は悪くはないと思うが、この時代にこのような映画を作るセンスを疑う。
ましてやビジネス上手の東宝が作ると思えなかった。
東宝はヒット作品も多いが、「終の信託」「任侠ヘルパー」とやや精彩を欠いている。

「綱引いちゃった!」2.0億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「セカンドバージン」2.3億円(トータル4.3億円)
☆「白夜行」2.3億円(トータル4.2億円)
☆「高校デビュー」1.9億円(トータル3.2億円)
これらとの対比で考えると、「綱引いちゃった!」の興行収入は3.4~3.7億円となる。
「綱引いちゃった!」の興行収入は先週に引き続き3億円台と予想したい。
舞台となった大分辺りではヒットするとは思うが、拡大公開すべき作品ではないだろう。
この半分程度のスクリーンで十分ではないか。


9位:「人生の特等席」(ワーナー)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 251スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.2千万円を週末に稼ぎ、トータルでは2.3億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.3億円程度だろうか。
予想はできなかったが、ヒットするはずはなく、イーストウッド監督作品以下になるだろうと思っていた。

本作はクリント・イーストウッド監督作品ではないが、クリント・イーストウッド監督作品の興行収入は以下のとおり。
☆04年「ミスティック・リバー」10.0億円
OP1.4→3.8→5.2→6.8→7.9
☆05年「ミリオンダラー・ベイビー」13.4億円
OP1.8→5.4→8.0→10.0→不明→12.2
☆09年「チェンジリング」トータル12.8億円
金2.3→06.5→09.1→11.0→12.1→12.4
☆09年「グラン・トリノ」トータル11.0億円
OP1.3→04.6→07.7→09.0→09.8
☆10年「インビクタス/負けざる者たち」トータル8.6億円
金1.6→04.3→05.8→06.9→07.7
☆11年「ヒアアフター」トータル7.0億円
OP1.7→04.6→06.2→06.9→
☆12年「J・エドガー」
OP0.8→02.0→02.7
☆12年「人生の特等席」
祝金1.1→2.4億円→
スポーツモノの「インビクタス」との対比で考えると、「人生の特等席」の興行収入は4.8億円となる。
この対比を下回るだろう。

野球モノの興行収入は以下のとおり。
☆11年公開「マネーボール」トータル8.9億円
金1.8→4.4→6.5→7.8→8.4→8.6
☆12年「人生の特等席」
祝金1.1→2.4億円→
これとの対比で考えると、「人生の特等席」の興行収入は4.9億円となる。
この対比を下回るだろう。

「人生の特等席」2.4億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「パラノーマル2」2.5億円(トータル4.3億円)
☆「パラノーマル3」2.3億円(トータル3.7億円)
☆「キャプテン・アメリカ」2.2億円(トータル3.1億円)
これらとの対比で考えると、「人生の特等席」の興行収入は3.4~4.1億円となる。
年配層を中心に平日にもそれなりに稼ぐだろうから、「人生の特等席」の興行収入は先週に引き続き4億円台と予想したい。
本作のような古いタイプの映画は現在には合わない。


10位:「カラスの親指」(20世紀フォックス)<2週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 272スクリーン(先週比-7スクリーン)
3.5千万円を週末に稼ぎ、トータルでは1.9億円弱となっている。
1週間の伸びは9.5千万円弱程度だろうか。
予想できなかったが、もうちょっと稼ぐだろうとは思っていた。
大コケレベルではないか。
『少なくとも「綱引いちゃった!」よりはマシな企画だと思うが、どういうことだろうか。原作は道尾秀介であり、キャストも一応揃っている』と思ったが、160分も上映時間のある駄作ようであり、仕方のない結果のようだ。

「カラスの親指」1.9億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「セカンドバージン」2.3億円(トータル4.3億円)
☆「白夜行」2.3億円(トータル4.2億円)
☆「高校デビュー」1.9億円(トータル3.2億円)
これらとの対比で考えると、「カラスの親指」の興行収入は3.2~3.6億円となる。
伸びるとは思えず、この程度となるだろう。
「カラスの親指」の興行収入は先週に引き続き3億円台と予想したい。
ワーナーも苦戦しているが、フォックスの邦画参入も苦戦しているようだ。
日本人が全て製作しているとは思うが、微妙にテイストを読み間違えている。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。