ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(12月2週目その2)

2位:「007 スカイフォール」(ソニー)<2週目>
【公開前個人予想】 30億円台
【現時点での興行収入予想】 30億円台
【公開規模】 OP時584スクリーン(字幕355、吹替229)
トータルでは10.8億円半ばとなっている。
1週間の伸びは6.3億円程度だろうか。
イギリスでは史上最高のヒットとなっている。
アメリカの興行収入を見ると、過去シリーズよりも爆発しているため、日本でもヒットすることは分かる。
しかし、日本では過去にそれほど高い興行収入にはなっていないので、限度はあるだろうとは思っていた。

「007」シリーズの興行収入は以下の通り。
☆00年「ワールド・イズ・ノット・イナフ」トータル19.9億円
☆03年「ダイ・アナザー・デイ」トータル23.5億円
☆06年「カジノ・ロワイヤル」トータル22.1億円
金3.8→8.2→11.0→13.0→15.0→18.3→20.3→21.0
☆09年「慰めの報酬」トータル19.8億円
先5.9→11.3→14.3→16.6→17.9→18.7
☆12年「スカイフォール」
OP4.5→10.9億円→
とりあえずは、これらを抜くことが当面の目標となる。
「カジノ・ロワイヤル」との対比で考えると、「スカイフォール」の興行収入は29.4億円となる。
やはり、11年「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」トータル53.8億円のようなヒットにはならないだろう。

他の年末映画とも比較したい。
☆10年公開「トロン:レガシー」トータル21.2億円
金3.7→09.0→13.8→17.4→19.3→20.1→20.6→20.7
☆11年「リアル・スティール」トータル14.5億円
金2.8→06.0→08.5→10.7→12.8→13.8
☆12年「007 スカイフォール」
OP4.5→10.9億円→
これらとの対比で考えると、「007 スカイフォール」の興行収入は25.7~26.3億円となる。
これらの対比は超えるだろうから、30億円前後の興行収入となりそうだ。

「007 スカイフォール」10.9億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2011>
☆「ブラック・スワン」9.7億円(トータル23.9億円)
☆「三銃士」10.1億円(トータル19.5億円)
☆「SUPER8」9.2億円(トータル17.2億円)
これらとの対比で考えると、「007 スカイフォール」の興行収入は20.4~26.9億円となる。
今後も伸びていきそうなので、「007 スカイフォール」の興行収入は公開前の予想どおり30億円台と予想したい。
一時期は製作が危ぶまれた「007」が復活して嬉しい限りだ。


4位:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」(ティ・ジョイ、カラー)<4週目>
【公開前個人予想】 60億円台
【現時点での興行収入予想】 80億円(OP~2週目100億円)
【公開規模】 128スクリーン(先週比-95スクリーン)
1.8億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは41.4億円半ばとなっている。
1週間の伸びは4.5億円半ば程度だろうか。
週毎の伸びは以下のとおり。
OP11.3→2週目17.3→3週目8.3→4週目4.5億円となっている。
伸びがかなり緩やかとなっている。
思ったほどの勢いはないのか。
今年の「海猿」の4週目46.2億円、「踊る」の4週目43.2億円となっており、現時点では負けている。
『リピーター続出と思われるので、今後も相当伸びるだろう』と思っていたが、やはり観客層には限界があるのか。

過去のシリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」トータル20.0億円(公開時公開規模85館)
OP2.8→07.3→10.4→12.9→14.7→16.1→17.0→17.5
☆09年「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」トータル40.0億円(公開時公開規模120館)
OP5.1→13.6→19.8→24.0→27.3→29.8→31.6→33.4→34.6
☆12年「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」
OP11.3→28.6→36.9→41.4億円→
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は64.2~69.0億円となる。
年末年始があるので、この対比を超えるか。

以下がライバルとなるか。
☆08年「崖の上のポニョ」トータル155.0億円
3日15.7(OP10.3)→32.3→52.6→72.1→99.4→111.7→127.2→134.4→140.5
☆10年「借りぐらしのアリエッティ」トータル92.5億円
3日13.5(OP9.0)→26.2→39.8→50.3→64.7→073.9→080.3→084.3→086.5
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2→99.8→103.6→105.4
☆12年「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」
OP11.3→28.6→36.9→41.4億円→
これらとの対比で考えると、本作の興行収入は76.1~89.0億円となる。
マックス90億円、ミニマム65億円というところか。
オープニングから2週目まで100億円という予想にしていたが、さすがにそこまでは伸びなかった。60億円程度の伸びのように思えるが、年末年始もあり、まだ伸び代はある。
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の興行収入は先週に引き続き80億円に下方修正したい。
同じ者が複数回鑑賞すると思われる内容なので、伸びるはずだが、どうなるだろうか。


5位:「劇場版イナズマイレブンGOvsダンボール戦機W」(東宝)<2週目>
【公開前個人予想】 11億円台
【現時点での興行収入予想】 11億円台
【公開規模】 270スクリーン(先週比±0スクリーン)
9.5千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは2.9億円となっている。
1週間の伸びは1.2億円程度だろうか。
さすがに平日はほとんど稼げていない。
公開前に『例年はもう少し暮れに公開していたと思うが、早めに公開してきた。この変更はどうなるだろうか。3Dから2Dにも変更するようであり、興行収入は前作から大きく伸びることはないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
公開がちょっと早いのではないか。

シリーズ作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「劇場版イナズマイレブン」トータル17.7億円
4日5.4→10.5→祝15.2→16.0→16.6→17.0→17.2→17.2
☆11年「劇場版イナズマイレブンGO 究極の絆 グリフォン」トータル11億円台見込み
3日2.9→06.4→祝09.8→10.5→10.9
☆12年「劇場版イナズマイレブンGOvsダンボール戦機W」
OP1.7→2.9億円→
冬休みになれば稼げるだろう。
今年も去年に引き続き二桁突破というところではないか。

去年・今年公開された以下の作品がライバルとなるか。
☆12年「映画プリキュアオールスターズ」トータル10.3億円
OP2.0→5.0→7.5→9.0→9.5→9.7
☆12年「映画スマイルプリキュア」
OP1.9→4.2→5.6→6.7→7.8
☆11年「嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」トータル12.0億円
OP1.9→4.0→06.7→10.3→10.9→11.3→11.6
☆12年「映画クレヨンしんちゃん」
OP2.0→3.5→04.8→08.5→09.0→09.3→09.4
☆12年「劇場版イナズマイレブンGOvsダンボール戦機W」
OP1.7→2.9億円→
これらとの対比で考えると、「劇場版イナズマイレブンGOvsダンボール戦機W」の興行収入は6.0~8.7億円となる。
不安な伸びだが、年末年始もあるので、「劇場版イナズマイレブンGOvsダンボール戦機W」の興行収入は先週に引き続き、公開前の予想どおり11億円台と予想したい。
本シリーズも年末に定着してきはずだ。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。