ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(2月3週目その2)

4位:「ストロベリーナイト」(東宝)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 19億円台
【公開規模】 311スクリーン(先週比±0スクリーン)
9.6千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは16.9億円弱となっている。
祝日を除いた6日間の伸びは2.2億円半ば程度だろうか。
平均視聴率は15.3%と意外と高いドラマの映画化。

以下の作品が参考となるか。
☆10年「SP 野望篇」トータル36.3億円(視聴率15.4%)
5.3→15.3→21.1→25.3→29.3→31.3→32.6
☆11年「SP革命篇」トータル33.3億円
2.9→08.7→15.1→20.6→24.3→26.7→28.5→30.1→31.8
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円(視聴率15.4%)
3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆11年「アンフェア the answer」トータル23.4億円
3.1→10.6→15.6→祝19.1→20.7→21.9→22.5→22.9
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円(視聴率11.4%・11.0%)
3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」トータル16.8億円(視聴率14.9%)
2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5→16.0
☆12年「劇場版 SPEC~天~」トータル23.9億円
4.7→10.8→14.6→17.1→20.5→22.3→22.9→23.2
☆13年「ストロベリーナイト」
3.2→9.5→祝14.6→16.9億円→
3週目まで「ライアーゲーム」「劇場版 SPEC~天~」とペースが似ていたが、本作はややペースが落ちたか。
主要作品との対比で考えると、「ストロベリーナイト」の興行収入は20.7~23.6億円となる。
23億円程度がマックスだろうか。
少々地味なイメージもあり、ドラマ鑑賞者以外は見ないと思われるので、「ストロベリーナイト」の興行収入は先週に引き続き19億円台と予想したい。
20億円台に乗るかどうかが注目となる。
予想はできなかったが、もうちょっと低い着地点と予想しただろう。


6位:「ゼロ・ダーク・サーティ」(GAGA)<1週目>
【公開前個人予想】 8億円台
【現時点での興行収入予想】 6億円台
【公開規模】 164スクリーン
金曜日から公開されており、3日間で9.9千万円弱のオープニングを飾った。
土日2日間では7.6千万円半ばだったようだ。
公開前に『金曜日からのオープニング3日は1.0億円程度か。スクリーン数が多くないので、オープニングはそれほど高くはないはずだ』と書いたとおりとなっている。

アメリカでは現在89百万ドルと比較的高い興行収入となっている。
キャサリン・ビグロー監督作品。
実在の人物を扱った興味深い作品であり、アカデミー賞作品賞・主演女優賞にノミネートされた評価の高い作品であり、日本でもそれなりに高い興行収入となりそうだ。
「アルゴ」は低い結果に終わったが、本作は大丈夫だろう。
当然「ハート・ロッカー」が参考となる。
☆10年公開「ハート・ロッカー」トータル9.0億円
OP0.4→2.2→3.7→5.1→6.2→06.9→07.3
☆13年公開「ゼロ・ダーク・サーティ」
金1.0億円→
これがライバルとなりそうだ。

アカデミー賞受賞またはノミネートされた作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル24.0億円
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3→22.9
☆09年公開「スラムドッグ$ミリオネア」トータル13.0億円
OP1.2→03.5→6.1→8.6→9.7
☆11年公開「英国王のスピーチ」トータル18.2億円
OP1.0→04.4→6.2→7.4→8.9
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」トータル14.2億円
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0
☆12年公開「ドラゴン・タトゥーの女」トータル12.5億円
金2.9→06.5→09.0→11.1→12.0→12.5
☆12年公開「ヒューゴの不思議な発明」トータル10.2億円
木2.8→05.5→7.2→8.5→9.5
☆13年公開「ゼロ・ダーク・サーティ」
金1.0(OP0.8)億円→
主要作品との対比で考えると、「ゼロ・ダーク・サーティ」の興行収入は6.0~8.7億円となる。
もうちょっと話題になるかと思ったが、思ったほどでもないか。
予想通りのオープニングだが、予想通り8億円を稼ぐほど伸びないか。
「ゼロ・ダーク・サーティ」の興行収入は6億円台と予想して様子を見たい。
ヒューマンドラマ系ではなく、やはりやや重いか。


7位:「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」(20世紀フォックス)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 20億円台
【配給会社期待値等】 興収20億円を超える勢い
【公開規模】 696スクリーン(先週比-16スクリーン)
7.3千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは15.8億円弱となっている。
1週間の伸びは2.5億円程度だろうか。
アカデミー賞候補であり、伸びがありそうだ。

アカデミー賞受賞またはノミネートされた作品の興行収入は以下のとおり。
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル24.0億円
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3→22.9
☆09年公開「スラムドッグ$ミリオネア」トータル13.0億円
OP1.2→03.5→6.1→8.6→9.7
☆11年公開「英国王のスピーチ」トータル18.2億円
OP1.0→04.4→6.2→7.4→8.9
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」トータル14.2億円
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0
☆12年公開「ドラゴン・タトゥーの女」トータル12.5億円
金2.9→06.5→09.0→11.1→12.0→12.5
☆12年公開「ヒューゴの不思議な発明」トータル10.2億円
木2.8→05.5→7.2→8.5→9.5
☆13年公開「ライフ・オブ・パイ」
金4.2→09.8→13.3→15.8億円→
主要作品との対比で考えると、「ライフ・オブ・パイ」の興行収入は17.8~23.9億円となる。
通常では20億円前後の興行収入となりそうだが、万一アカデミー賞を受賞するともっと上がるだろう。
伸びがやや微妙だが、アカデミー賞時期であり、主要部門の受賞はないだろうが、ノミネートによる宣伝効果に期待したいところ。
「ライフ・オブ・パイ」の興行収入は先週に引き続き20億円台と予想したい。
この手の珍しいタイプの作品はヒットしやすいようだ。


8位:「アウトロー」(パラマウント)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 12億円台
【公開規模】 321スクリーン(先週比±0スクリーン)
5.8千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは9.2億円となっている。
1週間の伸びは2.2億円程度だろうか。
予想はできなかったが、「コラテラル」「ナイト&デイ」以下になるだろうというイメージはもっていた。
トム・クルーズブランドは健在であり、この程度稼げば問題ないだろうが、日本での興行収入が鍵を握っている続編制作可能ラインまで稼げるかは微妙だ。

トム・クルーズ主演作の興行収入は以下のとおり。
☆02年公開「バニラ・スカイ」トータル33.2億円
☆02年公開「マイノリティ・リポート」トータル52.4億円
☆03年公開「ラストサムライ」トータル137.0億円
☆04年公開「コラテラル」トータル22.0億円
OP4.1→10.3→14.1→16.7→18.9→20.1→20.6
☆05年公開「宇宙戦争」トータル60.0億円
5日16.4→29.3→39.5→43.8→47.7→50.4→53.4→56.4
☆06年公開「M:I:Ⅲ」トータル51.5億円
先々含む14.1→25.1→34.5→39.3→42.3→46.0→49.0
☆08年公開「大いなる陰謀」トータル6.2億円
金3日1.5→3.3→04.9→05.7→6.0
☆09年公開「ワルキューレ」トータル12.5億円
祝3日3.8→7.7→10.1→11.3→11.9
☆10年公開「ナイト&デイ」トータル23.1億円
先3日6.8→11.9→16.0→18.8→20.9→22.0→22.5→22.8
☆11年「ミッション:インポッシブル」トータル53.8億円
金7.3→18.8→28.0→祝40.6→44.4→47.7→50.0→51.6
☆13年「アウトロー」
金3.2→7.0→9.2億円→
主要作品との対比で考えると、「アウトロー」の興行収入は11.4~13.7億円となる。
さすがに二桁は超えてきそうだ。
「ワルキューレ」が当面のライバルか。

「アウトロー」9.2億円と同程度の3週目興行収入作品は以下の通り。
<2012>
☆「バトルシップ」9.9億円(トータル14.7億円)
☆「ドラゴン・タトゥーの女」9.0億円(トータル12.5億円)
☆「トータル・リコール」8.7億円(トータル10.2億円)
これらとの対比で考えると、「アウトロー」の興行収入は10.8~13.7億円となる。
暗めの作風であり、女性受けはしないだろう。
マックス13億円台、ミニマム11億円台というところではないか。
「アウトロー」の興行収入は先週に引き続き12億円台と予想したい。
続編制作は微妙なところとなりそうだ。


11位:「きいろいゾウ」(ショウゲート)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 236スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.9千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは3.4億円となっている。
1週間の伸びは1.0億円半ば程度だろうか。
人気小説の映画化のようだが、大ヒットするタイプの作品ではなく、この程度でも十分ではないか。
週刊誌に大コケと書かれたようだが、実態を知らない者が書いた記事であろう。
本当の大コケとは今年公開された「つやのよる」のような作品だ。

宮崎あおいが主演した主な作品の興行収入は以下の通り。
☆06年「ただ、君を愛してる」トータル8.0億円
OP1.2→2.4→5.1→6.3
☆09年「少年メリケンサック」トータル10.2億円
OP2.0→5.0→7.3→8.6
☆10年「ソラニン」トータル5.8億円
OP0.9→2.6→3.5→4.1→4.5
☆11年「神様のカルテ」トータル18.9億円
OP3.0→8.4→11.8→14.4→16.5→17.5
☆11年「ツレがうつになりまして。」トータル8億円台見込み
祝3日1.9→4.0→5.9→7.1→7.9
☆12年「天地明察」トータル9.1億円
祝3日2.1→4.4→6.1→7.3
☆13年「きいろいゾウ」
OP0.9→2.4→3.4億円→
これらとの対比で考えると、「きいろいゾウ」の興行収入は4.8~5.6億円となる。
マックス5億円台、ミニマム4億円台とか。
コケたという記事以外にあまり話題になっている感がないので、「きいろいゾウ」の興行収入は先週に引き続き4億円台と予想したい。
やや、スクリーン数が多いが、ショウゲートの配給作品であり、この程度でもヒットと言えなくもない。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。