ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる映画ニュース(3月第1週目)

☆「ゴールデンラズベリー賞」の結果発表
昨年はエイプリルフールに発表されたが、今年からアカデミー賞の前日に戻ったようだ。
今年は「トワイライト・サーガ」が有終の美を飾ったようだ。
最低スクリーンカップル賞では、ロバート・パティンソン&クリステン・スチュワートを破り、マッケンジー・フォイ&テイラー・ロートナーが受賞するというハイレベルの争いをしている。
しかし、主演男優賞部門では、ロバート・パティンソンを抑えて、アダム・サンドラーが2年連続の受賞となった。
アダム・サンドラーもだいぶ嫌われたようだ。
人気のコメディ俳優は復活できるだろうか。

<最低映画賞>
「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2」

<最低監督賞>
ビル・コンドン「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2」

<最低主演男優賞>
アダム・サンドラー「That's My Boy」

<最低主演女優賞>
クリステン・スチュワート「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2」「スノーホワイト」

<最低助演男優賞>
テイラー・ロートナー 「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2」

<最低助演女優賞>
リアーナ 「バトルシップ」

<最低スクリーンカップル賞>
マッケンジー・フォイ&テイラー・ロートナー 「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2」

<最低スクリーンアンサンブル賞>
「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2」キャスト

<最低リメイク・パクリ・続編賞>
「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2」

<最低脚本賞>
「That's My Boy」


☆アカデミー賞結果発表
<作品賞>
「愛、アムール」「アルゴ」「ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~」「ジャンゴ 繋がれざる者」「レ・ミゼラブル」「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」「リンカーン」「世界にひとつのプレイブック」「ゼロ・ダーク・サーティ」    
(予想)「アルゴ」「リンカーン」が有力だろうか。
今の流れを考えると、「アルゴ」が有利のような気がする。
人が選ぶものであるため、流れに逆らうのは中々難しいところはあるが、他の賞レースの結果に従ってしまうところはあるだろう。
しかし、「アバター」「ハート・ロッカー」の時もそうだったが、流れで決まるというのはいかがなものだろうか。
(結果)順当に「アルゴ」が受賞。
「アルゴ」自体は面白い作品だが、作品賞に値するかどうかは微妙。
監督賞にノミネートされていないという同情票が受賞に繋がったと思われる。
きちんと監督賞にノミネートされていたら、結果は変わっていたかもしれない。
しかし、このようなドラマを生むのがアカデミー賞の面白味だ。


<主演男優賞>
ブラッドリー・クーパー(世界にひとつのプレイブック)、ダニエル・デイ=ルイス(リンカーン)、ヒュー・ジャックマン(レ・ミゼラブル)、ホアキン・フェニックス(ザ・マスター)、デンゼル・ワシントン(フライト)
(予想)本命視されているダニエル・デイ=ルイスしかいないだろう。
(結果)予想通り。「リンカーン」勢を代表する形で受賞となった。


<主演女優賞>
ジェシカ・チャステイン(ゼロ・ダーク・サーティ)、ジェニファー・ローレンス(世界にひとつのプレイブック)、エマニュエル・リヴァ(愛、アムール)、クヮヴェンジャネ・ウォレス(ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~)、ナオミ・ワッツ(インポッシブル)
(予想)ジェニファー・ローレンスが本命視されているようだが、あまりにも若すぎるので敬遠されそうだ。
ジェシカ・チャステインもクヮヴェンジャネ・ウォレスも若いので、敬遠されるだろう。
ナオミ・ワッツよりも、エマニュエル・リヴァが取るのではないか。
(結果)本命通りジェニファー・ローレンスが受賞。この受賞により、彼女のキャリアがどうなるかが注目となる。


<助演男優賞>
アラン・アーキン(アルゴ)、ロバート・デ・ニーロ(世界にひとつのプレイブック)、フィリップ・シーモア・ホフマン(ザ・マスター)、トミー・リー・ジョーンズ(リンカーン)、クリストフ・ヴァルツ(ジャンゴ 繋がれざる者)
(予想)例年、受賞経験のない功労者に渡すことが多いが、今回は全て受賞経験があるので予想が難しい。
最近受賞したアラン・アーキン、クリストフ・ヴァルツの受賞はないだろう。
フィリップ・シーモア・ホフマンは作品的に難しいか。
ロバート・デ・ニーロとトミー・リー・ジョーンズの争いになるのではないか。
主演女優賞をジェニファー・ローレンスが逃すようならば、ロバート・デ・ニーロが「世界にひとつのプレイブック」を代表して受賞すればバランスが良くなる。
事前の投票なので、上手くいくかどうかは分からないところだが。
(結果)まさかのクリストフ・ヴァルツの受賞となった。確かにジェニファー・ローレンスが受賞すれば、ロバート・デ・ニーロの受賞は難しいが、クリストフ・ヴァルツが受賞するとは思わなかった。
トミー・リー・ジョーンズはダニエル・デイ=ルイスが受賞したため、フィリップ・シーモア・ホフマンは作品的に無理だったか。


<助演女優賞>
エイミー・アダムス(ザ・マスター)、サリー・フィールド(リンカーン)、アン・ハサウェイ(レ・ミゼラブル)、ヘレン・ハント(The Sessions)、ジャッキー・ウィーヴァー(世界にひとつのプレイブック)
(予想)本命のアン・ハサウェイが「レ・ミゼラブル」勢を代表して受賞するのではないか。
(結果)予想通りの受賞。アン・ハサウェイが「レ・ミゼラブル」勢を代表しての受賞だろう。


<監督賞>
ミヒャエル・ハネケ(愛、アムール)、ベン・ザイトリン(ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~)、アン・リー(ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日)、スティーヴン・スピルバーグ(リンカーン)、デヴィッド・O・ラッセル(世界にひとつのプレイブック)
(予想)物議をかました監督賞。作品賞を「アルゴ」に譲る代わりにスティーヴン・スピルバーグが受賞するのではないか。
(結果)まさかのアン・リーの受賞。アン・リーは納得のいく仕事をしたが、スピルバーグが受賞するものと思い込んでいた。
相変わらず、アカデミー会員から嫌われているようだ。


<長編アニメ賞>
「メリダとおそろしの森」「フランケンウィニー」「パラノーマン ブライス・ホローの謎」「The Pirates! Band of Misfits」「シュガー・ラッシュ」    
(予想)難解な部門。「メリダ」が本命だろうが、そろそろピクサー作品は外れるだろう。
「The Pirates!」もないだろう。
残り3本のうち、「フランケンウィニー」の評価が高いが、そこまでの作品でもない気がする。
ストップモーションアニメの「パラノーマン ブライス・ホローの謎」がこの賞をさらうのではないか。
(結果)本命通り「メリダ」が受賞。作品的にはイマイチであり、納得がいかない。今回はヒネっても良かったのではないか。
スポンサーサイト

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。