ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米映画興行収入(3月第2週目)

1位となったのは新作の「オズ はじまりの戦い」。
事前には週末3日間で92.4百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想を下回る80.3百万ドルのオープニングを飾った。
予想は下回っているが、爆発の度合いの問題だろう。
公開前に『ビッグヒットとなるだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
製作費215百万ドルの回収が目標となる。
サム・ライミ監督のアドベンチャー作品。
主演は、ジェームス・フランコ。
ミラ・クニス、レイチェル・ワイズ、ミシェル・ウィリアムズが出演している。

ライバル作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「アリス・イン・ワンダーランド」トータル334百万ドル
OP116→209→265→294→310→319→324
☆12年「スノーホワイト」トータル155百万ドル
OP56→099→122→137→146→150→152
☆13年「オズ はじまりの戦い」
OP80百万ドル→
これらとの対比で考えると、「オズ はじまりの戦い」の興行収入は221~230百万ドルとなる。
評価は高いので、多少の伸びはあるだろう。
「オズ はじまりの戦い」の興行収入は2億2千万ドル台と予想したい。
当然、続編という話になるだろう。
著名原作のファンタジー作品は今後も制作されていきそうだ。


2位は2週目の「ジャックと天空の巨人」。
トータルでは44百万ドルとなっている。
しかし、製作費195百万ドルの回収は厳しいだろう。
公開前に『「ジャックと天空の巨人」は監督がイマイチだが、この手の作品は勝手にヒットする』と書いたように、全世界で稼げそうとはいえ、この製作費は理解に苦しむが、公開延期などの事情があったようだ。
ブライアン・シンガー監督の冒険モノ。
主演は「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のニコラス・ホルト。

ライバル作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「アリス・イン・ワンダーランド」トータル334百万ドル
OP116→209→265→294→310→319→324
☆12年「スノーホワイト」トータル155百万ドル
OP56→099→122→137→146→150→152
☆08年「ナルニア国物語/第2章」トータル142百万ドル
OP55→091→115→126→132→136→138
☆10年「ナルニア国物語/第3章」トータル104百万ドル
OP24→043→063→087→095→098→101
☆10年「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」トータル89百万ドル
OP31→59→71→78→82
☆06年「エラゴン」トータル75百万ドル
OP23→38→56→67→70
☆07年「ライラの冒険」トータル70百万ドル
OP26→41→49→59→66
☆13年「ジャックと天空の巨人」
OP27→44百万ドル→
主要作品との対比で考えると、「ジャックと天空の巨人」の興行収入は66~87百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、「オズ」も公開されたので、伸びないだろう。
「ジャックと天空の巨人」の興行収入は先週に引き続き7千万ドルと予想したい。
ファミリー向けファンタジー作品が当たりやすいからといって、製作費を掛けすぎだ。
個人的に、ブライアン・シンガー監督の手腕もあまり信用していない。


3位は5週目の「Identity Thief」。
トータルでは117百万ドルとなっている。
製作費35百万ドルをあっさりと回収し、1億ドルを突破している。
コメディ作品はやはり強い。
監督は、11年「モンスター上司」をヒットさせたセス・ゴードン。
主演は、「モンスター上司」に出演していたジェイソン・ベイトマン、「ブライズメイズ」のメリッサ・マッカーシー。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「Four Christmases」トータル120百万ドル
先46→69→88→100→111→118
☆10年「アラフォー女子のベイビー・プラン」トータル28百万ドル
OP08→16→21→025→027
☆11年「モンスター上司」トータル118百万ドル
OP28→60→83→096→105
☆11年「The Change-Up」トータル37百万ドル
OP14→26→32→034→036
☆13年「Identity Thief」
OP35→71→94→107→117百万ドル→
「モンスター上司」との対比で考えると、「Identity Thief」の興行収入は131百万ドルとなる。
評価は普通なので、あまり伸びないだろうと思ったが、時期的にプレジデント・デーなどの休みなどもあり、気軽なコメディ作品が伸びたか。
「Identity Thief」の興行収入はオープニング1億ドル台と予想したが、先週に引き続き1億2千万ドル台と予想したい。
「モンスター上司」トータル118百万ドルを超えることがほぼ確実となっている。
コメディ作品はやはりローリスク・ハイリターンだ。


4位となったのは新作の「Dead Man Down」。
事前には週末3日間で5.5百万ドルを稼ぐと予想されていたが、予想をやや下回る5.4百万ドルのオープニングを飾った。
公開前に『まあまあ稼ぐのではないか』と書いたが、コケてしまった。
スウェーデン版の「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のニールス・アルデン・オプレヴ監督作品。
コリン・ファレル、ノオミ・ラパス主演のサスペンス。
評価は高いが、大して伸びはないだろう。
「Dead Man Down」の興行収入は1千万ドル台となりそうだ。
地味なサスペンスは好まれないところがある。


5位は3週目の「Snitch」。
トータルでは32百万ドルとなっている。
監督は実績のないリック・ローマン・ウォー。
ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)主演のアクション作品。
スーザン・サランドン、ベンジャミン・ブラットが出演している。
公開前に『ヒットはしないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)は人気俳優だが、ファミリー向けではなさそうなので苦戦すると思った。

ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)主演映画の興行収入は以下の通り。
☆07年「ゲーム・プラン」トータル91百万ドル
OP23→43→59→69→77→82→85→87
☆09年「ウィッチマウンテン」トータル67百万ドル
OP24→44→53→58→62→64→64→65
☆10年「妖精ファイター」トータル60百万ドル
OP14→26→34→42→50→54→56→57
☆10年「Faster」トータル23百万ドル
先12→18→21→23
☆12年「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」トータル104百万ドル
OP27→53→77→85→91→95→97→98
☆13年「Snitch」
OP13→24→32百万ドル→
これらとの対比で考えると、「Snitch」の興行収入は35~56百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度なので、大きくは伸びないか。
「Snitch」の興行収入は先週に引き続き3千万ドル台と予想したい。
今年公開されたステイサム、スタローン、シュワが沈み、ブルースの「ダイ・ハード」もイマイチなので、この程度でも十分だろう。


6位は2週目の「21 and Over」。
トータルでは17百万ドルとなっている。
製作費13百万ドルは楽に回収したが、ややコケてしまった。
公開前に『「21 and Over」はヒットしそうだ』と書いたが、ダメだった。
「ハングオーバー」の脚本家のジョン・ルーカス監督のコメディ作品。
「ハングオーバー」の監督がプロデュースした「Project X」もイマイチであり、飽きられているのか。
関連作品は以下のとおり。
☆12年「Project X」トータル55百万ドル
OP21→40→48→52
☆13年「21 and Over」
OP09→17百万ドル→
これとの対比で考えると、「21 and Over」の興行収入は23百万ドルとなる。
評価は普通であり、伸びはないだろう。
「21 and Over」の興行収入は先週に引き続き2千万ドル台と予想したい。
「ジャックと天空の巨人」とは異なり、製作費は安いので、ハズれても問題はない。


7位は4週目の「Safe Haven」。
トータルでは63百万ドルとなっている。
製作費28百万ドルはあっさりと回収している。
ニコラス・スパークス原作のラブストーリー。
主演は、12年「ロック・オブ・エイジズ」(トータル39百万ドル)のジュリアン・ハフ、「トランスフォーマー」シリーズのジョシュ・デュアメル。
監督は、ラッセ・ハルストレム。
公開前に『ニコラス・スパークス原作の「Safe Haven」は他の原作作品と同程度は稼ぐだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

ニコラス・スパークス原作作品の興行収入は以下の通り。
☆99年「メッセージ・イン・ア・ボトル」トータル53百万ドル
OP17→32→41→46→49→51→51→51
☆02年「ウォーク・トゥ・リメンバー」トータル41百万ドル
OP12→23→30→35→38→39→40→40
☆04年「きみに読む物語」トータル81百万ドル
OP13→29→43→54→62→68→72→75
☆08年「最後の初恋」トータル42百万ドル
OP13→25→32→37→39→40→41→41
☆10年「ラスト・ソング」トータル63百万ドル
先25(OP16)→42→50→55→59→60→61→62
☆10年「親愛なるきみへ」トータル80百万ドル
OP30→54→66→72→77→79→79→79
☆12年「The Lucky One」トータル60百万ドル
OP23→39→48→54→57→58→59→59
☆13年「Safe Haven」
木30→48→57→63百万ドル→
「親愛なるきみへ」はラッセ・ハルストレム監督作品。
「きみに読む物語」以外の作品との対比で考えると、「Safe Haven」の興行収入は70~74百万ドルとなる。
評価はそれほど悪くはない程度であり、高い伸びはないだろう。
「Safe Haven」の興行収入は先週に引き続き7千万ドル台と予想したい。
ニコラス・スパークス原作作品としては、3番目に高い興行収入となりそうだ。
バレンタインシーズンもあったが、この手の作品は手堅く稼げる。


9位は4週目の「Escape From Planet Earth」。
トータルでは48百万ドルとなっている。
製作費4千万ドルの回収は完了している。
ヒット確実の3Dアニメ作品だが、メジャースタジオではなかったので、公開前に『やや微妙』と書いたとおりとなりそうだ。
比較的粘っていたが、「オズ」の公開により、終焉が近づいたか。

WEINSTEIN COMPANYのアニメが参考となるか。
☆05年「リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?」トータル51百万ドル
OP12→29→38→44→47
☆13年「Escape From Planet Earth」
OP16→35→43→48百万ドル→
これとの対比で考えると、「Escape From Planet Earth」の興行収入は56百万ドルとなる。
評価は普通程度であり、伸びはないとは思ったが、思ったよりは稼いだ。
「Escape From Planet Earth」の興行収入はオープニング時に4千万ドル台と予想したが、先週に引き続き5千万ドル台と予想したい。
製作費を回収できており、合格レベルではないだろう。


10位は2週目の「The Last Exorcism Part II」。
トータルでは12百万ドルとなっている。
製作費5百万ドルなので楽に回収しているが、先週5位より急降下している。
公開前に『「The Last Exorcism Part II」は普通』と書いたが、思ったよりも敬遠されたか。
イーライ・ロスプロデュースのホラー作品。
監督は実績のないEd Gass-Donnelly。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆10年「ラスト・エクソシズム」トータル41百万ドル
OP20→32→38→40
☆12年「The Last Exorcism Part II」
OP08→12百万ドル→
これとの対比で考えると、本作の興行収入は15百万ドルとなる。
評価は良くないので、伸びないだろう。
「The Last Exorcism Part II」の興行収入は先週に引き続き1千万ドルと予想したい。
これでも十分黒字となりそうだ。
「ジャックと天空の巨人」とは異なり、製作費は安いので、ハズれても問題はない。


次週のランキングには以下の作品が登場予定。
☆ジム・キャリー、スティーヴ・カレル主演のコメディ作品「The Incredible Burt Wonderstone」
☆ハル・ベリー主演のサスペンス作品「The Call」
「The Call」はコケるだろう。
「The Incredible Burt Wonderstone」はかなりヒットするのではないか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。