ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(3月3週目その1)

動員2位:「プラチナデータ」(東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 22億円台
【現時点での興行収入予想】 24億円台
【公開規模】 310スクリーン
4.0億円(400,496,000円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは3.5億円程度か』と書いたので、予想よりは高かった。
公開前は『それほど盛り上がっている感じはしない』と書いたが、少々盛り上がってはいるか。

東野圭吾原作作品、二宮和也主演作。
二宮和也主演作の興行収入は以下のとおり。
☆10年「大奥」トータル23.2億円
3日4.7→祝11.7→15.1→18.1→20.0→21.6→22.3
☆11年「GANTZ」トータル34.5億円
OP05.9→14.6→21.2→25.3→28.4→30.5→31.6→32.2
☆11年「GANTZ:PERFECT ANSWER」トータル28.0億円
OP05.5→13.7→20.9→23.5→25.2→26.3→27.0
☆13年「プラチナデータ」
OP04.0億円→
これらとの対比で考えると、「プラチナデータ」の興行収入は20.4~23.4億円となる。
この上限は超えるかもしれないが、「GANTZ」ほどは稼がないだろう。

東野圭吾原作作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円(視聴率21.9%)
OP5.4→祝18.1→24.4→30.5→祝37.4→40.7→43.1
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」トータル16.8億円
OP2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5
☆13年「プラチナデータ」
OP4.0億円→
「麒麟の翼」との対比で考えると、「プラチナデータ」の興行収入は24.0億円となる。
この程度となるだろうか。

以下の作品も参考となるか。
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円
3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆12年「劇場版 SPEC~天~」トータル23.9億円
4.7→10.8→14.6→17.1→20.5→22.3→22.9→23.2
☆11年「アンフェア the answer」トータル23.4億円
3.1→10.6→15.6→祝19.1→20.7→21.9→22.5→22.9
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円
3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆09年「カイジ 人生逆転ゲーム」トータル22.5億円
祝3日5.3→10.0→14.1→17.2→19.7→20.9→祝21.6→21.9
☆12年「ライアーゲーム -再生-」トータル21.0億円
3.1→08.7→12.6→16.0→18.8→20.2
☆11年「アンダルシア 女神の報復」トータル18.9億円
2.6→07.5→10.8→13.5→15.3→16.4→17.1
☆11年「カイジ2~人生奪回ゲーム~」トータル16.1億円
3.5→08.0→11.1→13.4→14.6→15.2→15.5
☆13年「プラチナデータ」
4.0億円→
これらとの対比で考えると、「プラチナデータ」の興行収入は18.4~30.2億円となる。
マックス30億円台、ミニマム20億円台となるか。
あのデキならば大きくは伸びないだろう。
春休みがあっても、24~25億円というところではないか。
「プラチナデータ」の興行収入は24億円台と予想したい。
公開前個人予想は22億円台だったので、若干低かった。
やはり、嵐の人気は侮ってはいけない。


動員3位:「映画 プリキュアオールスターズ New Stage2 こころのともだち」(東映・テレビ朝日)<1週目>
【公開前個人予想】 10億円台
【現時点での興行収入予想】 10億円台
【公開規模】 174スクリーン
1.9億円半ば(196,577,300円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは2.0億円か』と書いたので、当たった。
前年の数字通りなので、ほとんどの人が予想できる結果だろう。

関連作品の興行収入は以下の通り。
☆07年「Yes!プリキュア5」トータル8.0億円
OP1.7→3.7→5.6→6.5→7.1
☆08年「Yes!プリキュア5 GoGo!」トータル7.9億円
OP1.6→3.4→4.8→6.2→6.8→7.2
☆09年「オールスターズDX」トータル10.1億円
3日2.4→5.1→7.6→8.6→9.0
☆09年「フレッシュプリキュア!」トータル8.0億円
OP1.7→3.8→5.1→5.9→6.9→7.2
☆10年「オールスターズDX2」トータル11.5億円
3日3.2→6.0→9.0→10.3→10.8→10.9
☆10年「ハートキャッチプリキュア!」トータル9.3億円
OP2.4→4.8→6.2→7.2→8.2→8.6→8.8
☆11年「オールスターズDX3」トータル10.2億円
OP1.4→4.1→6.8→8.2→8.8→9.1
☆11年「スイートプリキュア♪」トータル8.9億円
OP2.0→4.8→6.1→7.1→8.0→8.3→8.4
☆12年「オールスターズNew Stage」トータル10.3億円
OP2.0→5.0→7.5→9.0→9.5→9.7
☆12年「スマイルプリキュア」トータル9.0億円
OP1.9→4.2→5.6→6.7→7.8→8.3→8.5
☆13年「オールスターズ New Stage2」
OP2.0億円→
DXシリーズ、前年のNew Stageとの対比で考えると、今年の興行収入は10.3~14.6億円となる。
伸びる作品ではないので、何も考えずにトータル10億円台でいいのではないか。
「映画 プリキュアオールスターズ New Stage2 こころのともだち」の興行収入は10億円台と予想したい。
誰でも分かる結果だろう。

動員5位:「ひまわりと子犬の7日間」(松竹)<1週目>
【公開前個人予想】 6億円台
【現時点での興行収入予想】 6億円台
【公開規模】 232スクリーン
8.4千万円(84,338,400円)のオープニングを飾った。
先週『オープニングは8千万円程度か』と書いたので、当たった。
春休みを迎えて、今後伸びるかが注目となる。

「動物モノ」は鉄板的に稼げる題材であったが、近年は飽きられてきているのか不調となっている。
「動物モノ」の興行収入は以下の通り。
☆04年「クイール」(松竹)トータル22.2億円
OP2.4→6.8→10.9→15.6→17.9
☆06年「子ぎづねヘレン」(松竹)トータル17.8億円
OP1.7→5.6→10.5→13.9→15.4
☆07年「マリと子犬の物語」(東宝)トータル31.8億円
OP2.8→7.4→祝12.0→不明→23.1
☆08年「犬と私の10の約束」(松竹)トータル15.2億円
OP1.8→5.2→8.5→11.5→12.9
☆09年公開「HACHI 約束の犬」トータル19.7億円(※参考)
OP2.2→8.8→13.2→16.0→17.7→18.6
☆09年「ウルルの森の物語」(東宝)トータル5.6億円
OP0.6→不明→3.1→祝込4.7→5.1
☆10年「きな子~見習い警察犬の物語~」(松竹)トータル7.1億円
先1.3→3.8→5.3→6.1→6.6
☆11年「星守る犬」(東宝)トータル9.2億円
OP1.4→4.4→6.3→7.5→8.3
☆11年「ロック~わんこの島~」(東宝)トータル8.6億円
OP0.8→2.9→4.4→5.8→7.4
☆12年「LOVE まさお君が行く!」(松竹)トータル2.9億円
OP0.6→1.5→2.0→2.2
☆13年「ひまわりと子犬の7日間」
OP0.8億円→
主要作品との対比で考えると、「ひまわりと子犬の7日間」の興行収入は3.9~6.8億円となる。
4~6億円程度となりそうだ。
地味ではあるが、少々伸びそうな感動作品ではあり、「ひまわりと子犬の7日間」の興行収入は公開前の予想通り6億円台と予想したい。
伸びてくれると良いが、どうなるだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。