ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(4月1週目その1)

1位:「DRAGON BALL Z 神と神」(東映・20世紀フォックス・フジテレビ)<2週目>
【公開前個人予想】 25億円台
【現時点での興行収入予想】 50億円台(OP時30億円台)
【配給会社期待値等】 最終興収30億円超えが見込まれる
【公開規模】 312スクリーン(先週比±0スクリーン)
4.2億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは17.7億円となっている。
1週間の伸びは10.9億円弱程度だろうか。
公開前に『それほど盛り上がっている感じはないが、ポテンシャルの高さが伊達ではないはずだ』と書いたが、懐かしさによる集客は予想以上だったようだ。

参考となる作品は以下のとおりか。
☆12年「ONE PIECE FILM Z」トータル68.5億円
OP13.7→祝31.8→42.3→54.5→祝60.6
☆12年「ドラえもん」トータル36.2億円
OP5.5→10.7→14.5→20.4→28.8→33.8
☆12年「劇場版ポケットモンスター」トータル36.1億円
祝3日7.5→10.9→16.3→21.2→25.6
☆12年「名探偵コナン」トータル32.9億円
OP6.3→12.6→17.3→28.1→29.8
☆13年「DRAGON BALL Z 神と神」
OP6.5→17.7億円→
主要作品との対比で考えると、「DRAGON BALL Z 神と神」の興行収入は38.1~59.9億円となる。
老若男女が楽しめるはずであり、懐かしさによる集客もあるだろう。
ブランクは厳しいとは思ったが、かなりの伸びがありそうだ。
『春休みがもうすぐ終わりなので、そこまで高い伸びはないはずだ』と考えたが、恐らくGWまで稼ぐだろう。
「DRAGON BALL Z 神と神」の興行収入は先週なんとか30億円を突破すると考えて、30億円台と予想したいと書いたが、大幅に50億円台に上方修正したい。
公開前の個人予想は25億円台だったので、完全にハズれそうだ。
ヒットするとは思うが、微妙な点もあるので、予想しにくい作品だった。
ドラゴンボール世代はもちろん、その世代が親となり、子どもとみているのだろうか。


2位:「シュガー・ラッシュ」(ディズニー)<3週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 36億円台(2週目30億円台、OP時23億円台)
【配給会社期待値等】 30億円突破が見込まれる
【公開規模】 421スクリーン(先週比±0スクリーン)
2.8億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは21.7億円半ばとなっている。
1週間の伸びは8.8億円半ば程度だろうか。
あっさりと20億円を超えた。
多忙のため予想はできなかったが、ここまで高いとは思わなかった。
恐らく高くても10億円台前半辺りの予想だったと思う。
アメリカでは評価が高く、ディズニーアニメとしてはかなり高いトータル189百万ドルを稼いだ。
しかし、あまり日本で当たりそうなタイプではないと思ったが、なぜヒットしたのだろうか。

10億円以上30億円以下の近年のハリウッドアニメ(ファミリー系)の興行収入は以下のとおり。
☆09年「カールじいさんの空飛ぶ家」トータル50.0億円
OP6.3→15.5→22.3→31.1→37.0→42.9→46.0
☆10年「トイ・ストーリー3」トータル108.0億円
OP9.8→23.7→38.8→54.1→66.6→82.8→93.2
☆11年公開「カーズ2」トータル30.1億円
OP4.6→11.7→18.2→24.3→27.1→28.8→29.3
☆11年公開「塔の上のラプンツェル」トータル25.6億円
OP1.4→4.5→9.3→15.7→19.6→21.2
☆12年公開「マダガスカル3」トータル20.5億円
水3.8→8.5→14.4→17.5→19.7→20.1
☆13年公開「シュガー・ラッシュ」
OP3.4→12.9→21.8億円→
主要作品との対比で考えると、「シュガー・ラッシュ」の興行収入は31.0~48.9億円となる。
この勢いならば、30億円は突破しそうだ。
GWまで勢いを持続できれば、この対比の上限まで伸びても不思議ではない。
「シュガー・ラッシュ」の興行収入はOP時23億円台、2週目に30億円台と予想したが、36億円台に上方修正したい。
勢いはもって3週間程度と思っていたので、まさか13億円も上方修正するとは思わなかった。
「ドラゴンボール」「ドラえもん」といい、今年のアニメ映画は好調すぎる。
去年公開の「メリダとおそろしの森」(トータル9.5億円)の低調を考えると、ファミリー受けしやすいアニメらしい作品及びかわいいキャラクターは当たりやすいようだ。


3位:「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」(東宝・テレビ朝日)<5週目>
【公開前個人予想】 34億円台
【現時点での興行収入予想】 45億円台(3週目40億円台、OP~2週目38億円台)
【公開規模】 353スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.9億円弱を週末に稼ぎ、トータルでは35.9億円弱となっている。
1週間の伸びは6.9億円弱程度だろうか。
30億円を楽に突破した。
OP6.7→2週目5.6→3週目7.7→4週目9.0→5週目6.9億円となっている。
春休みに突入し、加速している。
今年のヒットの理由がよく分からない。
未来への冒険、ひみつ道具の謎というストーリーがそれほど受けたのか。

「映画ドラえもん」シリーズの興行収入は以下のとおり。
☆00年「のび太の太陽王伝説」 トータル30.5億円
☆01年「のび太と翼の勇者たち」トータル30.0億円
☆02年「のび太とロボット王国」トータル23.1億円
☆03年「のび太とふしぎ風使い」トータル25.4億円
☆04年「のび太のワンニャン時空伝」トータル30.5億円
☆05年 なし
☆06年「のび太の恐竜2006」トータル32.8億円
4.3→09.0→12.7→18.0→25.9→30.3→31.5
☆07年「のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」トータル35.4億円
5.6→10.5→17.3→26.1→32.1→33.3→33.8
☆08年「のび太と緑の巨人伝」トータル33.7億円
5.2→09.5→15.3→22.8→30.1→31.7→32.2→32.3
☆09年「新・のび太の宇宙開拓史」トータル24.5億円
3.7→07.0→11.1→15.9→21.7→23.0→23.3→23.5
☆10年「のび太の人魚大海戦」トータル31.6億円
5.5→09.7→13.7→20.2→27.7→29.9→30.3→30.5
☆11年「新・のび太と鉄人兵団」トータル24.6億円
4.5→06.9→09.3→13.6→19.6→22.3→22.8→23.1
☆12年「のび太と奇跡の島」トータル36.2億円
5.5→10.7→14.5→20.4→28.8→33.8→34.6→34.8
☆13年「のび太のひみつ道具博物館」
6.7→12.3→20.0→29.0→35.9億円→
驚くことに2年前の倍近い動きとなっている。
09年、11年のリメイク版の成績は悪いが、オリジナルの成績は良い。
昨年は過去最高の興行収入を記録したが、昨年を大きく超える動きだ。
公開前に『今回はオリジナルのようであり、前年並みを期待できるのではないか』と書いたが、ここまで高い動きとは思わなかった。
主要作品との対比で考えると、今年の興行収入は39.6~45.5億円となる。
公開前は前作の5%減と予想したが、前作を上回るのは確実であり、40億円突破も夢ではない。
2週目まで38億円台、先週まで40億円台と予想していたが、そのレベルでは済まなかった。
今年の興行収入は先週に引き続き45億円台と予想したい。
公開前個人予想は34億円台だったので低すぎた。
ベテラン選手が突然ここまで人気が上がるとは予想だにしなかった。
今年も「コナン」(昨年32.9億円)、「ポケモン」(昨年36.1億円)に勝てるかどうかが注目となるが、この分ならば楽勝ではないか。
去年の「おおかみこどもの雨と雪」トータル42.2億円を超えるだろうか。


4位:「プラチナデータ」(東宝)<4週目>
【公開前個人予想】 22億円台
【現時点での興行収入予想】 27億円台(2週目25億円台、OP時24億円台)
【公開規模】 318スクリーン(先週比+8スクリーン)
1.3億円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは20.7億円となっている。
1週間の伸びは3.9億円半ば程度だろうか。
ついに20億円を突破した。
公開前は『それほど盛り上がっている感じはしない』と書いたが、少々盛り上がってはいるか。

東野圭吾原作作品、二宮和也主演作。
二宮和也主演作の興行収入は以下のとおり。
☆10年「大奥」トータル23.2億円
3日4.7→祝11.7→15.1→18.1→20.0→21.6→22.3
☆11年「GANTZ」トータル34.5億円
OP05.9→14.6→21.2→25.3→28.4→30.5→31.6→32.2
☆11年「GANTZ:PERFECT ANSWER」トータル28.0億円
OP05.5→13.7→20.9→23.5→25.2→26.3→27.0
☆13年「プラチナデータ」
OP04.0→11.2→16.8→20.7億円→
これらとの対比で考えると、「プラチナデータ」の興行収入は24.7~28.2億円となる。
この上限程度は稼ぐかもしれないが、「GANTZ」ほどは稼がないだろう。

東野圭吾原作作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円
OP5.4→祝18.1→24.4→30.5→祝37.4→40.7→43.1
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」トータル16.8億円
OP2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5
☆13年「プラチナデータ」
OP4.0→11.2→16.8→20.7億円→
「麒麟の翼」との対比で考えると、「プラチナデータ」の興行収入は27.2億円となる。
この程度となるだろうか。

以下の作品も参考となるか。
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円
3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆12年「劇場版 SPEC~天~」トータル23.9億円
4.7→10.8→14.6→17.1→20.5→22.3→22.9→23.2
☆11年「アンフェア the answer」トータル23.4億円
3.1→10.6→15.6→祝19.1→20.7→21.9→22.5→22.9
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円
3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆09年「カイジ 人生逆転ゲーム」トータル22.5億円
祝3日5.3→10.0→14.1→17.2→19.7→20.9→祝21.6→21.9
☆12年「ライアーゲーム -再生-」トータル21.0億円
3.1→08.7→12.6→16.0→18.8→20.2
☆11年「アンダルシア 女神の報復」トータル18.9億円
2.6→07.5→10.8→13.5→15.3→16.4→17.1
☆11年「カイジ2~人生奪回ゲーム~」トータル16.1億円
3.5→08.0→11.1→13.4→14.6→15.2→15.5
☆13年「プラチナデータ」
4.0→11.2→16.8→20.7億円→
主要作品との対比で考えると、「プラチナデータ」の興行収入は25.4~29.0億円となる。
マックス29億円台、ミニマム25億円台となるか。
あのデキならば、春休みがあっても、大きくは伸びないと考えたが、さすがに伸びている。
「プラチナデータ」の興行収入はオープニング24億円台、2週目に25億円台と予想したが、先週に引き続き27億円台と予想したい。
公開前個人予想は22億円台だったので、若干低かった。
やはり、嵐の人気は侮ってはいけない。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。