ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(4月2週目その1)

動員3位:「舟を編む」(松竹・テレビ東京)<1週目>
【公開前個人予想】 18億円
【現時点での興行収入予想】 8~9億円台
【公開規模】 237スクリーン
1.1億円のオープニングを飾った。
先週『ロングセールスと考えて、オープニングは1.8億円程度か』と書いたが、おとなしいものとなった。
ひょっとするとハマるのではないかと思ったが、微妙となりそうだ。
今後の伸びに注目したい。

本屋大賞を受賞した原作作品。
松田龍平、宮崎あおい主演作品。
公開前に『微妙な気もするが、かなりの良作の雰囲気もあり、ロングセールスになる予感がある。老若男女が見られる作品であり、ハマればサプライズヒットになりそうだ』と書いたとおりとなるだろうか。

本屋大賞の映画化の興行収入は以下のとおり。
☆06年「博士の愛した数式」トータル12.0億円
OP1.2→3.7→5.9→7.6→8.7→9.7
☆07年「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」トータル18.8億円
OP1.9→6.2→9.4→13.3→15.0
☆10年「ゴールデンスランバー」トータル11.5億円
OP2.0→05.0→07.6→09.0→10.0→10.6
☆10年「告白」トータル38.5億円
OP2.7→8.9→15.5→21.6→27.1→30.8→祝込33.7→35.1
☆12年「天地明察」トータル9.1億円
祝3日2.1→4.4→6.1→7.3
☆13年「舟を編む」
OP1.1億円→
ハマらなければ、9~12億円辺りとなるようだ。
主要作品との対比で考えると、「舟を編む」の興行収入は6.3~11.0億円となる。
やはり、その程度だろうか。

宮崎あおいが出演した主な作品の興行収入は以下の通り。
☆08年「陰日向に咲く」トータル19.5億円
OP2.4→7.2→祝11.8→14.2→16.3→17.8
☆09年「少年メリケンサック」トータル10.2億円
OP2.0→5.0→7.3→8.6
☆09年「劔岳 点の記」トータル25.8億円
先2.9→9.0→14.0→17.6→祝込20.3→21.6
☆11年「神様のカルテ」トータル18.9億円
OP3.0→8.4→11.8→14.4→16.5→17.5
☆12年「天地明察」トータル9.1億円
祝3日2.1→4.4→6.1→7.3
☆12年「わが母の記」トータル13.3億円
OP1.2→5.8→8.1→9.8→10.9
☆12年「北のカナリアたち」トータル14.0億円
OP1.8→5.6→8.3→10.2→11.5→12.3
☆13年「舟を編む」
OP1.1億円→
主要作品との対比で考えると、「舟を編む」の興行収入は6.9~12.2億円となる。
これらを下回るか。

「舟を編む」1.1億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2012>
☆「ガール」1.2億円(トータル8.4億円)
☆「任侠ヘルパー」1.2億円(トータル7.0億円)
☆「逆転裁判」1.2億円(トータル5.4億円)
「逆転裁判」以外との対比で考えると、「舟を編む」の興行収入は6.4~7.7億円となる。
現状では「舟を編む」の興行収入は8~9億円というところになりそうだ。
公開前個人予想は18億円だったので、現時点ではハズれとなるが、伸びる可能性はあきらめていない。
ゴールデンウィークに伸びればよいがどうなるだろうか。


動員4位:「ライジング・ドラゴン」(角川)<1週目>
【公開前個人予想】 1億円前後
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 154スクリーン
9.0千万円弱のオープニングを飾った。
先週『オープニングは3千万円程度か』と書いたので、大きくズレた。
ジャッキー・チェン主演作品。
彼に人気があるのは、本作がなぜヒットするのか分からない。

ジャッキー・チェンが出演した作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年公開「ラッシュアワー3」トータル9.5億円
金2.2→5.4→7.2→8.2→9.0
☆08年公開「ドラゴン・キングダム」トータル7.1億円
OP1.5→3.8→5.1→6.4→6.8
☆10年公開「ベスト・キッド」トータル15.2億円
先2.9→7.3→10.0→12.2→13.3
☆13年公開「ライジング・ドラゴン」
OP0.9億円→
これらのハリウッド作品はヒットして当然だが、本作は香港映画である。
「ドラゴン・キングダム」との対比で考えると、「ライジング・ドラゴン」の興行収入は4.3億円となる。
この程度がマックス値か。

「ライジング・ドラゴン」0.9億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2012>
☆「ものすごくうるさくと、ありえないほど近い」0.9億円(トータル5.9億円)
☆「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン」0.8億円(トータル3.6億円)
☆「J・エドガー」0.8億円(トータル3.6億円)
これらとの対比で考えると、「ライジング・ドラゴン」の興行収入は4.1~5.9億円となる。
マックス4億円、ミニマム3億円か。
伸びるとは思えず、「ライジング・ドラゴン」の興行収入は3億円台と予想したい。
公開前個人予想は1億円前後だったのでハズれとなりそうだ。
3億円台でもヒットと言えるだろう。
ヒットするという発想がなかった。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。