ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(4月2週目その3)

4位:「プラチナデータ」(東宝)<5週目>
【公開前個人予想】 22億円台
【現時点での興行収入予想】 27億円台(2週目25億円台、OP時24億円台)
【公開規模】 310スクリーン(先週比-8スクリーン)
9.3千万円を週末に稼ぎ、トータルでは22.8億円弱となっている。
1週間の伸びは2.0億円半ば程度だろうか。
既に20億円を突破している。
公開前は『それほど盛り上がっている感じはしない』と書いたが、少々盛り上がってはいるか。

東野圭吾原作作品、二宮和也主演作。
二宮和也主演作の興行収入は以下のとおり。
☆10年「大奥」トータル23.2億円
3日4.7→祝11.7→15.1→18.1→20.0→21.6→22.3
☆11年「GANTZ」トータル34.5億円
OP05.9→14.6→21.2→25.3→28.4→30.5→31.6→32.2
☆11年「GANTZ:PERFECT ANSWER」トータル28.0億円
OP05.5→13.7→20.9→23.5→25.2→26.3→27.0
☆13年「プラチナデータ」
OP04.0→11.2→16.8→20.7→22.8億円→
これらとの対比で考えると、「プラチナデータ」の興行収入は25.3~27.7億円となる。
この上限程度は稼ぐかもしれないが、「GANTZ」ほどは稼がないだろう。

東野圭吾原作作品の興行収入は以下のとおり。
☆08年「容疑者Xの献身」トータル49.2億円
OP5.4→祝18.1→24.4→30.5→祝37.4→40.7→43.1
☆12年「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」トータル16.8億円
OP2.8→07.3→10.5→12.8→14.6→15.5
☆13年「プラチナデータ」
OP4.0→11.2→16.8→20.7→22.8億円→
「麒麟の翼」との対比で考えると、「プラチナデータ」の興行収入は26.2億円となる。
この程度となるだろうか。

以下の作品も参考となるか。
☆07年「アンフェア the movie」トータル27.2億円
3.7→11.2→17.3→21.1→23.2→24.7
☆12年「劇場版 SPEC~天~」トータル23.9億円
4.7→10.8→14.6→17.1→20.5→22.3→22.9→23.2
☆11年「アンフェア the answer」トータル23.4億円
3.1→10.6→15.6→祝19.1→20.7→21.9→22.5→22.9
☆10年「ライアーゲーム」トータル23.6億円
3.9→09.7→祝14.8→17.7→21.0→22.3→22.8
☆09年「カイジ 人生逆転ゲーム」トータル22.5億円
祝3日5.3→10.0→14.1→17.2→19.7→20.9→祝21.6→21.9
☆12年「ライアーゲーム -再生-」トータル21.0億円
3.1→08.7→12.6→16.0→18.8→20.2
☆11年「アンダルシア 女神の報復」トータル18.9億円
2.6→07.5→10.8→13.5→15.3→16.4→17.1
☆11年「カイジ2~人生奪回ゲーム~」トータル16.1億円
3.5→08.0→11.1→13.4→14.6→15.2→15.5
☆13年「プラチナデータ」
4.0→11.2→16.8→20.7→22.8億円→
主要作品との対比で考えると、「プラチナデータ」の興行収入は25.5~28.2億円となる。
マックス28億円台、ミニマム25億円台となるか。
あのデキならば、春休みがあっても、大きくは伸びないと考えたが、さすがに伸びている。
「プラチナデータ」の興行収入はオープニング24億円台、2週目に25億円台と予想したが、先週に引き続き27億円台と予想したい。
公開前個人予想は22億円台だったので、若干低かった。
やはり、嵐の人気は侮ってはいけない。


8位:「オズ はじまりの戦い」(ディズニー)<6週目>
【公開前個人予想】 25億円台
【現時点での興行収入予想】 17億円台(OP~2週目18億円台)
【公開規模】 514スクリーン(先週比-46スクリーン)
3.6千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは17.1億円弱となっている。
1週間の伸びは8.0千万円程度だろうか。
15億円は既になんとか突破している。
ディズニーのヒット確実の作品だが、思ったよりも伸びていない。

サム・ライミ監督、ジェームズ・フランコ主演のアドベンチャー大作。
この手のファミリー作品は監督・主演に関わらず、ヒットしやすいはずだった。
☆10年公開「アリス・イン・ワンダーランド」トータル118.0億円
OP13.2→35.4→59.0→83.8→93.4→101.0→107.1→111.5
☆11年公開「三銃士 王妃の首飾りと~」トータル19.5億円
金3.7→10.1→13.4→15.8→17.8→18.7→19.0
☆11年公開「ガリバー旅行記」トータル15.6億円
金2.8→05.9→09.3→14.1→15.0→15.4
☆12年公開「スノーホワイト」トータル17.1億円
金3.7→08.5→12.3→14.4→15.9→16.8
☆13年公開「オズ はじまりの戦い」
金3.4→08.0→11.9→14.4→16.3→17.1億円→
「スノーホワイト」と伸びが似ていたが、「スノーホワイト」よりは伸びた。
「アリス・イン・ワンダーランド」以外の作品との対比で考えると、「オズ はじまりの戦い」の興行収入は17.3~17.8億円となる。
「三銃士 王妃の首飾りと~」「スノーホワイト」並のヒットになると思ったが、微妙となりそうだ。

「オズ はじまりの戦い」17.1億円と同程度の6週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「シャーロック・ホームズ」18.7億円(トータル19.5億円)
☆「TIME」17.5億円(トータル18.2億円)
これらとの対比で考えると、「オズ はじまりの戦い」の興行収入は17.8~17.8億円となる。
春休み時期に稼ぎそうと期待したが、期待ほどではなかった。
「オズ はじまりの戦い」の興行収入は2週目まで18億円台と予想したが、先週に引き続き17億円台と予想したい。
公開前個人予想は25億円台だったので、高すぎたか。
「スノーホワイト」よりは余裕で稼ぐと思ったが、案外な結果となった。


10位:「ジャックと天空の巨人」(ワーナー)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 5億円台(OP~2週目4億円台)
【公開規模】 540スクリーン(先週比-28スクリーン)
2.4千万円を週末に稼ぎ、トータルでは5.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは5.6千万円半ば程度だろうか。
予想はできなかったが、ビッグヒットにはならないと思っていたものの、ここまで酷いとは思いもよらなかった。
しかし、「オズ はじまりの戦い」でさえ、やや苦戦しているので、当然の結果か。
関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年公開「スノーホワイト」トータル17.1億円
金3.7→08.5→12.3→14.4→15.9→16.8
☆13年公開「ジャックと天空の巨人」
金1.2→3.1→4.5→5.0億円→
これとの対比で考えると、「ジャックと天空の巨人」の興行収入は5.9億円となる。
ここまでは伸びないだろう。
「ジャックと天空の巨人」の興行収入は2週目まで4億円台と予想したが、先週に引き続き5億円台と予想したい。
巨人の造形が本格的過ぎてファミリー受けしそうもなく、キャストも地味すぎた。
同時期に上映されているファミリー向け作品の相手も強すぎたため、太刀打ちできなかった。


11位:「映画はなかっぱ 花さけ!パッカ~ん♪蝶の国の大冒険」(東宝)<1週目>
【公開前個人予想】 1億円台
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 146スクリーン
金曜日から公開されており、2.3千万円半ばのオープニングを飾った。
先週『オープニングは2千万円程度か』と書いたので、予想とおりとなっている。
幼児向けの作品だろうか。
訳の分からない作品でも、公開前に『幼児向けの作品は需要があるはずだ』と書いたとおりであろう。
トータルでは公開前の予想通り1億円台だろうか。


12位:「HK 変態仮面」(ティ・ジョイ)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 1億円台
【公開規模】 12スクリーン
先週から一部で公開されており、先行分を含めると2.2千万円のオープニングを飾った。
土日では1.6千万円となっている。
12スクリーンであり、驚異的な数字だ。
ヒットするはずないと思ったが、完全にノーマークだった。
トータルでは1億円台だろうか。
大したことはない数字ではあるが、この題材でこのスクリーンでは大ヒットといえるだろう。


14位:「ボクたちの交換日記」(松竹)<4週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 164スクリーン(先週比-16スクリーン)
1.2千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは2.4億円弱となっている。
1週間の伸びは3.0千万円弱程度だろうか。
予想はできなかったが、ヒットしないだろうと思っていた。
内村光良監督作品。
お笑い系の監督進出が目立つが、ヒットには結びつかなかった。
感動作であり評価はかなり高いが、キャスティングがやや地味すぎた。

関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆07年「大日本人」トータル11.6億円
先込2.3→6.2→8.4→9.8→10.6→11.2
☆09年「しんぼる」トータル4.7億円
OP1.0→2.5→3.9→4.5
☆11年「さや侍」トータル6.3億円
OP1.2→3.4→4.7→5.5
☆09年「ドロップ」トータル19.5億円
祝3日2.5→7.0→11.6→14.5→16.1→17.1
☆11年「漫才ギャング」トータル8.4億円
OP0.9→3.2→5.3→6.7→7.4
☆13年「ボクたちの交換日記」
OP0.5→1.3→2.1→2.4億円→
これらとの対比で考えると、「ボクたちの交換日記」の興行収入は2.5~3.2億円となる。
評価は良く、多少は伸びることを期待して、「ボクたちの交換日記」の興行収入は先週に引き続き3億円台と予想したい。
評価は良いが、興行収入的には成功とはいえない結果となりそうだ。


15位:「ひまわりと子犬の7日間」(松竹)<5週目>
【公開前個人予想】 6億円台
【現時点での興行収入予想】 5億円台(OP~4週目6億円台)
【公開規模】 231スクリーン(先週比-1スクリーン)
1.1千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは5.0億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.4千万円半ば程度だろうか。
春休みを迎えて、伸びていくかが注目だったが、やはり極端な伸びではなかった。

「動物モノ」は鉄板的に稼げる題材であったが、近年は飽きられてきているのか不調となっている。
「動物モノ」の興行収入は以下の通り。
☆04年「クイール」(松竹)トータル22.2億円
OP2.4→6.8→10.9→15.6→17.9
☆06年「子ぎづねヘレン」(松竹)トータル17.8億円
OP1.7→5.6→10.5→13.9→15.4
☆07年「マリと子犬の物語」(東宝)トータル31.8億円
OP2.8→7.4→祝12.0→不明→23.1
☆08年「犬と私の10の約束」(松竹)トータル15.2億円
OP1.8→5.2→8.5→11.5→12.9
☆09年公開「HACHI 約束の犬」トータル19.7億円(※参考)
OP2.2→8.8→13.2→16.0→17.7→18.6
☆09年「ウルルの森の物語」(東宝)トータル5.6億円
OP0.6→不明→3.1→祝込4.7→5.1
☆10年「きな子~見習い警察犬の物語~」(松竹)トータル7.1億円
先1.3→3.8→5.3→6.1→6.6
☆11年「星守る犬」(東宝)トータル9.2億円
OP1.4→4.4→6.3→7.5→8.3
☆11年「ロック~わんこの島~」(東宝)トータル8.6億円
OP0.8→2.9→4.4→5.8→7.4
☆12年「LOVE まさお君が行く!」(松竹)トータル2.9億円
OP0.6→1.5→2.0→2.2
☆13年「ひまわりと子犬の7日間」
OP0.8→2.7→3.9→4.7→5.1億円→
主要作品との対比で考えると、「ひまわりと子犬の7日間」の興行収入は5.6~6.0億円となる。
地味ではあるが、少々伸びそうな感動作品ではあり、「ひまわりと子犬の7日間」の興行収入は先週に引き続き、公開前の予想通り6億円台と予想したいと書いていたが、春休みも終わり5億円台に下方修正したい。
公開前の予想は6億円だったので、悪くはなかったようだ。
動物モノらしく伸びてくれることを期待したが、やはり厳しかったか。


16位:「ジャンゴ 繋がれざる者」(ソニー)<7週目>
【公開前個人予想】 6億円台
【現時点での興行収入予想】 4億円台
【公開規模】 86スクリーン(先週比-61スクリーン)
1.0千万円を週末に稼ぎ、トータルでは4.3億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.2千万円程度か。
公開時のスクリーン数は少ないことは分かっていたものの、ファンが多い監督であり、アカデミー賞でも評価されており、それなりの成績を残すと考えたが、意外な結果となった。

クエンティン・タランティーノ監督の西部劇。
ジェイミー・フォックス主演作品。
クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオが出演している。
アカデミー賞において、作品賞、助演男優賞、脚本賞などにノミネートされ、助演男優賞、脚本賞を受賞しており、良作と思われる。
アメリカでは現在163百万ドルを稼いでおり、クエンティン・タランティーノのキャリアハイとなっている。

クエンティン・タランティーノ監督作品の興行収入は以下の通り。
☆03年「キル・ビル」トータル25.0億円
☆04年「キル・ビルvol.2」トータル11.0億円(※GW公開)
OP1.9→5.2→8.6→9.7
☆09年「イングロリアス・バスターズ」トータル6.5億円
金1.6→3.7→5.0→5.7
☆13年「ジャンゴ 繋がれざる者」
金0.9→2.1→2.9→3.4→3.7→4.0→4.3億円→
公開前に『日本で人気のあるブラッド・ピット主演作品の「イングロリアス・バスターズ」がイマイチなため、強気には予想できない。ファンが多い監督ではあるが、女性受けしないのだろう』と書いたとおりだろうか。
西部劇という題材も日本では当たりにくい。
「ジャンゴ 繋がれざる者」の興行収入は先週に引き続き4億円台と予想したい。
公開前個人予想は6億円台だったので、高すぎたか。
少なくとも「イングロリアス・バスターズ」以下という予想にすべきだったか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。