ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(4月3週目その1)

動員4位:「DRAGON BALL Z 神と神」(東映・20世紀フォックス・フジテレビ)<4週目>
【公開前個人予想】 25億円台
【現時点での興行収入予想】 36億円台(2~3週目50億円台、OP時30億円台)
【配給会社期待値等】 最終興収30億円超えが見込まれる
【公開規模】 先週312スクリーン
トータルでは24.7億円弱となっている。
1週間の伸びは2.7億円弱程度だろうか。
週毎の動きは以下のとおり。
OP6.8→2週目10.8→3週目4.3→4週目2.7億円となっている。
やや勢いが止まってきているが、ライバルのアニメ作品の公開の影響だろう。
公開前に『それほど盛り上がっている感じはないが、ポテンシャルの高さが伊達ではないはずだ』と書いたが、懐かしさによる集客は予想以上だったようだ。

参考となる作品は以下のとおりか。
☆12年「ONE PIECE FILM Z」トータル68.5億円
OP13.7→祝31.8→42.3→54.5→祝60.6
☆12年「ドラえもん」トータル36.2億円
OP5.5→10.7→14.5→20.4→28.8→33.8
☆12年「劇場版ポケットモンスター」トータル36.1億円
祝3日7.5→10.9→16.3→21.2→25.6
☆12年「名探偵コナン」トータル32.9億円
OP6.3→12.6→17.3→28.1→29.8
☆13年「DRAGON BALL Z 神と神」
OP6.5→17.7→22.0→24.7億円→
「コナン」以外の作品との対比で考えると、「DRAGON BALL Z 神と神」の興行収入は31.0~43.8億円となる。
老若男女が楽しめるはずであり、懐かしさによる集客もあるだろう。
ブランクは厳しいとは思ったが、かなりの伸びがありそうだ。
『春休みがもうすぐ終わりなので、そこまで高い伸びはないはずだ』と考えたが、恐らくGWまで稼ぐだろう。
しかし、GWに稼げても、爆発的な勢いはなさそうだ。
「DRAGON BALL Z 神と神」の興行収入はOP時に30億円台、先週まで50億円台と予想したが、調子に乗って上方修正しすぎたようだ。
36億円台に下方修正したい。
公開前の個人予想は25億円台だったので、完全にハズれそうだ。
ヒットするとは思うが、微妙な点もあるので、予想しにくい作品だった。
ドラゴンボール世代はもちろん、その世代が親となり、子どもとみているのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。