ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(5月2週目新作予想)

次週ランキング入りが期待できるのは、以下の作品。

◎「県庁おもてなし課」(東宝)
「図書館戦争」「阪急電車 片道15分の奇跡」の有川浩の原作作品。
ドラマ「フリーター、家を買う。」の原作者でもある。
監督・脚本も「阪急電車 片道15分の奇跡」と同じ組み合わせとなっている。
☆11年「阪急電車 片道15分の奇跡」トータル11.4億円
先0.6→2.7→5.6→7.0→8.2→9.1→9.6
小スクリーンながら大ヒットした作品。
本作もヒットしそうだ。
主演は、錦戸亮、堀北真希となっている。
観客層は、原作ファン及びジャニーズファンが中心だろうが、女性受けしそうだ。
ジャニーズ系では「プラチナデータ」以下、「脳男」以上か。
25億円以下、12億円以上というところか。
「ツナグ」トータル16.6億円以上、「神様のカルテ」トータル18.9億円と同程度というところか。
「県庁おもてなし課」の興行収入は19億円台と予想したい。
オープニングは2.3億円程度か。
良作っぽいので、伸びていくタイプの作品だろう。


◎「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」(東映)
前作の興行収入は以下のとおり。
☆11年「探偵はBARにいる」トータル12.2億円
OP1.7→5.2→8.2→9.9→10.8→11.5→11.8
前作の評判は良かったので、前作超えもあり得そうだ。
ただ、本作の前評判はあまり良くないので、ジャンプアップはないか。
2割ほどの上昇と考えて、「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」の興行収入は14億円台と予想したい。
オープニングは2.5億円程度か。


◎「聖☆おにいさん」(東宝)
読んだことはないが、著名な人気のある作品なのでヒットするだろう。
よく分からないが、8億円台くらいか。
オープニングは1.3億円程度か。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。