ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(6月3週目その2)

1位:「華麗なるギャツビー」(ワーナー)<1週目>
【公開前個人予想】 22億円台
【現時点での興行収入予想】 12億円台
【公開規模】 571スクリーン
金曜日からの3日間で2.1億円弱のオープニングを飾った。
土日2日間では1.6億円だったようだ。
先週『金曜日からのオープニングは4.0億円程度か』と書いたので、予想よりもかなり低い。
「リンカーン」と同程度のオープニングであり、コケているような数字だ。
女性受けしそうな作品であり、キャストも豪華であり、この低迷は予想しなかった。
2012年12月全米公開予定だったが、アメリカでは5月に延期されていた。
アメリカでは現在141百万ドルを稼いでおり、大ヒットとなっている。
レオナルド・ディカプリオ主演、バズ・ラーマン監督の3Dヒューマンドラマ。
公開前に『「レ・ミゼラブル」のようなムーブメントは起きないだろうが、女性受けしそうであり、日本でも大ヒットしそうだ』と書いたとおりになりそうもない。

レオナルド・ディカプリオ主演映画の興行収入は以下の通り。
☆03年公開「ギャング・オブ・ニューヨーク」トータル30.0億円
☆03年公開「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」トータル29.0億円
☆05年公開「アビエイター」トータル10.7億円
OP1.6→5.0→6.9→8.4
☆07年公開「ディパーテッド」トータル15.6億円
OP2.9→7.1→9.9→11.7→13.0→13.8
☆07年公開「ブラッド・ダイヤモンド」トータル9.9億円
OP1.5→4.2→6.2→07.5→08.9→09.4→09.8
☆08年公開「ワールド・オブ・ライズ」トータル8~9億円
OP1.1→不明→6.0→祝込7.6→8.2
☆09年公開「レボリューショナリー・ロード」トータル3.8億円
OP0.8→2.4→3.2→03.5→03.7→03.7
☆10年公開「シャッターアイランド」トータル17.0億円
金3.4→8.3→11.0→13.3→15.4→16.0
☆10年公開「インセプション」トータル35.0億円
先7.8→15.5→20.6→26.6→30.2→32.2→33.5
☆12年公開「J・エドガー」トータル3.6億円
OP0.8→02.0→02.7
☆13年公開「華麗なるギャツビー」
金2.1(OP1.6)億円→
これらとの対比で考えると、「華麗なるギャツビー」の興行収入は9.1~10.5億円となる。
公開前に『「ディパーテッド」「シャッターアイランド」がライバルか』と書いたが、かなり低い数字となっている。

以下の作品がライバルとなるのではないかと思ったが、なりそうもない。
☆09年公開「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」トータル24.0億円
OP3.2→10.4→15.0→18.7→20.8→22.3→22.9
☆11年公開「ブラック・スワン」トータル23.9億円
水5.0→9.7→13.9→17.3→19.6→21.1→22.2
☆11年公開「ツーリスト」トータル18.7億円
OP3.1→07.5→10.1→12.6→15.4→16.7→17.6→18.1
☆13年公開「ライフ・オブ・パイ」
金4.2→09.8→13.3→15.8→17.1→18.2
☆11年公開「ソーシャル・ネットワーク」トータル14.2億円
OP1.6→05.1→07.9→09.9→11.4→12.4→13.0
☆13年公開「華麗なるギャツビー」
金2.1(OP1.6)億円→
これらとの対比で考えると、「華麗なるギャツビー」の興行収入は10.1~14.7億円となる。
10億円程度となるオープニングだが、さすがにもうちょっと伸びるだろう。
ロングセールス見込みで「華麗なるギャツビー」の興行収入は12億円台と予想したい。
公開前個人予想は22億円台だったので、高すぎたか。
確かにやや取っつきにくいところがある作品なので、その点が嫌われたのか。


11位:「図書館戦争」(東宝)<8週目>
【公開前個人予想】 16億円台
【現時点での興行収入予想】 16億円台(5週目まで15億円台)
【公開規模】 303スクリーン(先週比-8スクリーン)
1.4千万円弱を週末に稼ぎ、トータルでは16.5億円弱となっている。
1週間の伸びは3.3千万円半ば程度だろうか。
15億円突破したが、爆発的なヒットにはならなかった。

岡田准一、榮倉奈々主演のSFアクション。
監督は「GANTZ」の佐藤信介。
☆11年「GANTZ」トータル34.5億円
OP05.9→14.6→21.2→25.3→28.4→30.5→31.6→32.2
☆11年「GANTZ:PERFECT ANSWER」トータル28.0億円
OP05.5→13.7→20.9→23.5→25.2→26.3→27.0
☆13年「図書館戦争」
OP2.2→祝9.5→11.5→13.2→14.6→15.6→16.2→16.5→
「GANTZ」との対比で考えると、「図書館戦争」の興行収入は17.7億円となる。
伸びても17億円台というところか。

岡田准一主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆10年「SP 野望篇」トータル36.3億円
5.3→15.3→21.1→25.3→29.3→31.3→32.6
☆11年「SP革命篇」トータル33.3億円
2.9→08.7→15.1→20.6→24.3→26.7→28.5
☆12年「天地明察」トータル9.1億円
祝3日2.1→4.4→6.1→7.3
☆13年「図書館戦争」
OP2.2→祝9.5→11.5→13.2→14.6→15.6→16.2→16.5→
「天地明察」はイマイチだったが、それなりの成績を残している。
まだ粘っているが、そろそろ打ち切られるだろう。
「図書館戦争」の興行収入は5週目まで15億円台と予想していたが、先々週に引き続き16億円台と予想したい。
公開前個人予想は16億円台だったので、かなり良かったようだ。
今回それなりの結果を残したが、岡田准一の大河ドラマ「軍師官兵衛」はどうなるだろうか。


13位:「県庁おもてなし課」(東宝)<6週目>
【公開前個人予想】 19億円台
【現時点での興行収入予想】 6億円台(OP時8億円台)
【公開規模】 293スクリーン(先週比±0スクリーン)
1.2千万円半ばを週末に稼ぎ、トータルでは6.3億円半ばとなっている。
1週間の伸びは2.9千万円半ば程度だろうか。
良作と判断し高めに評価したが、キャストが受けなかったか。
「舟を編む」同様に原作の評価・知名度が高くても、そのまま評価すべきではないのかもしれない。

「図書館戦争」「阪急電車 片道15分の奇跡」の有川浩の原作作品。
ドラマ「フリーター、家を買う。」の原作者でもある。
監督・脚本も「阪急電車 片道15分の奇跡」と同じ組み合わせとなっている。
☆11年「阪急電車 片道15分の奇跡」トータル11.4億円
先0.6→2.7→5.6→7.0→8.2→9.1→9.6
これを超えることはできそうもない。

主演は、錦戸亮、堀北真希となっている。
ジャニーズ系作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「神様のカルテ」トータル18.9億円
OP3.0→8.4→11.8→14.4→16.5→17.5
☆11年「僕と妻の1778の物語」トータル12.3億円
OP1.6→05.0→07.5→09.2→10.5→11.2→11.6→11.8
☆12年「天地明察」トータル9.1億円
祝3日2.1→4.4→6.1→7.3
☆12年「任侠ヘルパー」トータル7.0億円
OP1.2→3.6→5.0→5.8→6.3
☆13年「県庁おもてなし課」
OP1.2→3.2→4.5→5.5→6.1→6.3億円→
これらとの対比で考えると、「県庁おもてなし課」の興行収入は6.8~6.9億円となる。
この程度だろうか。
まさか「任侠ヘルパー」と同程度になるとは思わなかった。
「県庁おもてなし課」の興行収入はOP時に8億円台と予想したが、先週に引き続き6億円台と予想したい。
公開前個人予想は19億円台だったので、完全に高すぎた。
『女性受けしそうであり、レディースデイなどに稼ぐだろう』と思ったが、コケているといってもいいレベルになってしまった。
ヒューマン系はやはりヒットしにくいのか。
コミック原作ではなくて、小説原作という点も考えなくてはいけない。


14位:「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」(東映)<6週目>
【公開前個人予想】 14億円台
【現時点での興行収入予想】 9億円台(OP時10億円台)
【公開規模】 210スクリーン(先週比-95スクリーン)
1.2千万円を週末に稼ぎ、トータルでは8.5億円半ばとなっている。
1週間の伸びは3.7千万円半ば程度だろうか。
前作により知名度は上がったと思ったが、前作を大きく下回るとは意外だ。

前作の興行収入は以下のとおり。
☆11年「探偵はBARにいる」トータル12.2億円
OP1.7→5.2→8.2→9.9→10.8→11.5→11.8
☆13年「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」
OP1.5→4.2→6.1→7.4→08.2→08.6億円→
前作との対比で考えると、本作の興行収入は9.1億円となる。
公開前に『前作の評判は良かったので、前作超えもあり得そうだ』と書いたが、厳しそうだ。
評価はあまり良くないので伸びはないだろうが、知名度があるのでちょっとは伸びるだろう。
「探偵はBARにいる2」の興行収入はOP時に10億円台と予想したが、先週に引き続き9億円台と予想したい。
公開前個人予想は14億円台だったので高かったか。
評判が良かったので、前作を超えると思ったが、甘かったか。
第三弾も決定しているようだが、この結果を踏まえて、どうなるだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。