ばったすいみんぐすくーる

公開中の映画作品を中心にネタバレ全開で独断レビュー。 映画興行収入などの映画情報も紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内映画興行収入ランキング(6月4週目その2)

動員1位:「アフター・アース」(ソニー)<1週目>
【公開前個人予想】 9億円台
【現時点での興行収入予想】 9億円台
【公開規模】 571スクリーン
金曜日からの3日間で2.5億円半ば(254,731,400円)のオープニングを飾った。
先週『金曜日からのオープニングは2.2億円程度か』と書いたので、ほぼ予想通りか。
公開前に『アメリカでは酷評のレッテルを張られ、イマイチの興行収入となっている。日本でも大ヒットは望めないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。

ウィル・スミス主演作の興行収入は以下の通り。
☆97年「インディペンデンス・デイ」配給収入66.5億円(興行収入は倍程度)
☆03年「バッド・ボーイズ2バッド」トータル20.0億円
☆04年「アイ,ロボット」トータル37.5億円
先7.3→17.0→23.3→28.7→31.6→33.6→34.8
☆05年「最後の恋のはじめ方」 10億円未満
☆07年「幸せのちから」トータル27.1億円
OP3.5→10.6→15.9→20.4→23.2→25.1→26.1
☆07年「アイ・アム・レジェンド」トータル43.0億円
金7.2→16.4→不明→33.8→37.7→40.6→42.0→42.8
☆08年「ハンコック」トータル31.0億円
先8.3→17.2→祝込23.7→26.6→28.7→29.1
☆09年公開「7つの贈り物」トータル7.9億円
OP1.6→04.6→06.4→07.4→07.7
☆10年公開「ベスト・キッド」トータル15.2億円(参考)
先2.9→07.3→10.0→12.2→13.3
☆12年公開「メン・イン・ブラック3」トータル31.3億円
金7.0→16.1→22.2→26.6→28.6→30.3→30.9
☆13年公開「アフター・アース」
金2.5億円→
主要作品との対比で考えると、「アフター・アース」の興行収入は9.3~13.1億円となる。
大きく伸びることはないだろう。

「アフター・アース」金2.5億円と同程度のオープニング作品は以下のとおり。
<2012>
☆「トータル・リコール」金2.9億円(トータル10.2億円)
☆「ボーン・レガシー」金2.3億円(トータル8.2億円)
これらとの対比で考えると、「アフター・アース」の興行収入は8.8~8.9億円となる。
多少話題になっており伸びはあるだろう。
「アフター・アース」の興行収入は9億円台と予想したい。
公開前個人予想は9億円台だったので、当たりそうだ。
大ヒットはしないが、さすがにそれなりには稼ぐと読んだとおりか。


動員4位:「奇跡のリンゴ」(東宝)<3週目>
【公開前個人予想】 3億円台
【現時点での興行収入予想】 10億円台(OP時7億円台)
【公開規模】 先週305スクリーン
トータルでは6.2億円となっている。
1週間の伸びは2.1億円程度だろうか。
阿部サダヲ、菅野美穂主演のヒューマンドラマ。
『無農薬リンゴの育成に人生をかけた胸が熱くなるような感動作品ではあるとは思うが、ヒットするようなタイプの作品とは思えない』と書いたが、どうやら年配層が動いたようだ。
良作だとしても、大コケするだろうと思っていたが、それなりの結果を残しそうだ。

阿部サダヲ主演作品の興行収入は以下のとおり。
☆12年「夢売るふたり」トータル4.7億円
OP0.8→2.2→3.2
☆13年「奇跡のリンゴ」
OP1.3→4.1→6.2
これとの対比で考えると、「奇跡のリンゴ」の興行収入は9.1億円となる。
この勢いならば、この対比を超えそうだ。

「奇跡のリンゴ」6.2億円と同程度の3週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「エイトレンジャー」6.6億円(トータル12.0億円)
☆「天地明察」6.1億円(トータル9.1億円)
☆「ガール」5.7億円(トータル8.4億円)
「エイトレンジャー」以外の作品との対比で考えると、「奇跡のリンゴ」の興行収入は9.1~9.2億円となる。
「エイトレンジャー」との対比で考えると、「奇跡のリンゴ」の興行収入は11.3億円となる。
年配層が動いているのならば、平日もそれなりに稼ぐだろう。
9億円は突破するとは思うが、11億円まで届くかは微妙。
「奇跡のリンゴ」の興行収入はOP時に7億円台と予想したが、先週に引き続き10億円台と予想したい。
地味そうな作品だと思ったが、これが当たるとは意外だった。
公開前個人予想は3億円台だったので、完全にハズれた。
良作だと分かっていても高くは予想しにくい。


動員7位:「俺はまだ本気出してないだけ」(松竹)<2週目>
【公開前個人予想】 5億円台
【現時点での興行収入予想】 3億円台
【公開規模】 先週147スクリーン
トータルでは1.7億円半ばとなっている。
1週間の伸びは1.1億円弱程度だろうか。
堤真一主演のコミック原作のコメディ作品。
公開前に『ハマればヒットしそうだが、意外とヒットしにくいタイプと思われる。スクリーン数も少なく、配給サイドも大ヒットは期待していないだろう』と書いたとおりとなりそうだ。
「中学生円山」も当たっておらず、クセの強いコメディ作品は一般層には向かない。

「俺はまだ本気出してないだけ」1.8億円と同程度の2週目興行収入作品は以下のとおり。
<2012>
☆「綱引いちゃった!」2.0億円(トータル3.1億円)
☆「カラスの親指」1.9億円(トータル2.8億円)
これらとの対比で考えると、「俺はまだ本気出してないだけ」の興行収入は2.7~2.8億円となる。
学生も鑑賞しそうであり、平日にも伸びそうと思ったが、大して伸びなかった。
「俺はまだ本気出してないだけ」の興行収入は先週4億円台と予想したが、3億円台に下方修正したい。
公開前個人予想は5億円台だったので、ちょっと高かったか。
いくら漫画原作といっても、コメディを一般向けに仕上げるのは難しいところもあるようだ。


動員8位:「攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain」(東宝映像)<1週目>
【公開前個人予想】 なし
【現時点での興行収入予想】 2億円台
【公開規模】 20スクリーン
3.6千万円(36,076,200円)のオープニングを飾った。
相変わらず人気が高いようだ。
関連作品の興行収入は以下のとおり。
☆11年「攻殻機動隊S.A.C」トータル1億円台か
OP0.2→0.7→0.9
☆13年「攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain」
OP0.4億円台→
この倍程度だろうか。
「攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain」の興行収入は2億円台と予想したい。
4部作らしく、続編は11月に公開される。
スポンサーサイト

テーマ:興行収入ランキング - ジャンル:映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。